就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

就活留年って不利?留年期間の過ごし方やアピール方法を紹介

「就活留年って不利になる?」「留年しちゃったらどうすればいい?」「留年は選ばない方が良い?」

このように就活留年に対して様々な不安があると思います。

本記事では既に就活留年が決まってしまっている人に向けて、留年期間中にすべきこと、面接で留年を伝える時のポイントや注意点、回答例文などを紹介しています。

また、記事の後半では就活留年するかどうか悩んでいる人に向けては就活留年のメリット・デメリット、今からやるべき対策方法について紹介しているので、どちらの人もぜひ参考にしてみてください。

目次

就活留年とは

まず始めに就活留年とは何なのでしょうか?

就活留年とは「就活はしたが就職はせず、再度来年度の就職に向けてもう1年学校に通うこと」を指します。

よく耳にする就職浪人は「大学を卒業し、既卒として就活を継続すること」であるため、2つの違いは大学を卒業しているかいないかということになります。

就活をしてみたけど、うまくいかずもう1年就活を続ける人は、就活留年か就職浪人のどちらかを選ぶことになりますが、どちらの方が良いのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

就活留年のメリット

就活留年のメリットは以下3つです。

・新卒として再度就活に臨める
・先に入社した同期から情報をもらえる
・前年度の経験を活かせる

なぜこれらがメリットなのか、それぞれ紹介していきます。

❏新卒として再度就活に臨める

就活留年の1番のメリットは新卒として、もう一度就活ができるということです。

企業によっては採用を新卒のみに絞っているところもあるため、既卒扱いになってしまうと選考を受けることができない場合があります。

つまり新卒と既卒では企業数が大幅に異なる可能性があるということです。

❏先に入社した同期から情報をもらえる

就活留年の場合、同級生の大半が既に就職しているため、企業のリアルな情報を教えてもらえるというメリットがあります。

実際に働いている人からの情報は基本的には信憑性も高くネットなどでは得られない情報であったりするため、企業研究の一環にもなるでしょう。

また近年では社員が人材紹介をする「リファラル採用」を導入している企業もあるため、友人に企業を紹介してもらえることもあるかもしれません。

❏前年度の経験を活かせる

就活留年の人は一度就活を経験しているため、就活を一から始める人と比べたら比較的余裕を持って就活を進めることができます。

前年度の経験を通して「こうしたらうまくいった」「ここがダメだったな」など自分の中で様々な経験値を貯めることができていると思うので、少し優位な状態で就活をスタートさせることができるでしょう。

就活留年のデメリット

就活留年のデメリットが以下の2つです。

・お金がかかる
・留年理由によってはネガティブな印象を持たれることもある

デメリットも把握した上で決断するようにしましょう。

❏お金がかかる

就活留年の1番大きなデメリットはお金がかかるということです。

留年ということは1年多く大学に通うことになるため、1年分の学費が増えることになります。

大学によっても異なりますが、1年間の学費の平均は157万円と多額であるため、その金額をさらにもう1年支払うとなるとかなり負担は大きいと言えるでしょう。

※参照元:令和2年度「教育費負担の実態調査結果」/日本政策金融公庫

❏留年理由によってはネガティブな印象を持たれることもある

留年の理由にもよりますが、留年と聞くと「単位が取れなかったのかな?」「どこからも内定がもらえなかったのかな?」とマイナスな印象を持ってしまう企業も存在します。

留年した理由は面接で聞かれる可能性が高いため、留年した理由や留年期間の過ごし方を明確に伝えられないと良い印象を持ってもらうのは難しくなってしまいます。

就職浪人のメリット

就職浪人のメリットは以下3つが挙げられます。

・自分の将来像について改めて考えることができる
・就活を一からやり直すことができる
・精神的に余裕がある

一つずつ見ていきましょう。

❏自分の将来像について改めて考えることができる

初めて就活を行う場合は時間も余裕もないため、自分が本当にやりたいことがいまいちわからずに就活を進めてしまうこともあります。

しかし、就職浪人の場合は約1年、就活期間が延びるため、自己分析や自分の将来について考える時間を十分に取ることができます。

よって面接やESで説得力のある志望動機や自己PRを作成することができるようになります。

❏就活を一からやり直すことができる

ESの書き方やグループディスカッション、WEBテスト、面接などの対策を一から行えるため、自分の悪かった点を改善することができます。

また、自己分析や業界研究も再度やり直すことができるため、自分自身に関することや、業界・企業について、より深く知ることができます。

❏精神的に余裕がある

一度就活を経験しており、就活はどのように行われるのか、面接ではどのような質問をされるのかについての知識があるため、初めての就活生よりも有利に就活を行うことができます。

また、1回目の就活生の場合頼れる人は限られてしまいますが、就職浪人であれば就活を終えている友人がほとんどであるため、頼れる人が多いというのも有利な点です。

就職浪人のデメリット

就職浪人のデメリットは以下3つです。

・新卒としてエントリーできない企業がある
・より高いスキルが必要とされる
・面接官にマイナスの印象を持たれやすい

それぞれ解説していきます。

❏新卒としてエントリーできない企業がある

企業によって異なりますが、就職浪人の場合既卒扱いとなり、中途採用枠での応募になることがあります。

中途採用枠になってしまうと新卒採用のようなポテンシャル採用ではなく、スキルを求められる場合もあるため、選考を通過するのが難しくなってしまいます。

既卒でも卒業後1~2年以内は新卒扱いをしてくれる企業もあります。

しかし企業からすれば新卒時から若干のブランクがある既卒よりも、新卒の方が不安材料が少ないとされているため、新卒の方が有利といえます。

❏より高いスキルが必要とされる

就職浪人をした場合、面接の際に「就職浪人中に何をしていたのか」を聞かれることが予想されます。

つまり、就職浪人中の自己研鑽の質について評価される可能性があるということです。

ただ普通に生活しているだけではアピールにならないため、何か社会人になってから活かせるスキルや知識を身につけておく必要があります。

❏面接官にマイナスの印象を持たれやすい

一般的に学生の大半が就活で内定を獲得し大学卒業後社会人になります。

そのため就職浪人の学生に対し、企業は「この人はちゃんと就活をしていたのか」「何か問題があるのではないか」といったマイナスの印象を持ってしまうことがあります。

「就職浪人すれば全て最初からやり直すことができる」という単純なものではありません。

留年期間にすべきこと

留年期間は貴重な時間です。その期間の過ごし方は就活の結果に大きく影響を与えてしまう可能性があります。

そのため、ただなんとなくで過ごすのは避け、有意義な時間を過ごすようにしましょう。

以下で留年期間にすべきことを紹介していきます。

❏志望業界で役に立つ勉強

面接では企業から留年について聞かれることが多いです。

留年に対してマイナスな印象を持たれてしまうこともありますが、留年期間の過ごし方によっては好印象を与えることもできます。

どんな勉強をすべきかは志望業界によります。

例えば、英語を使うことが多い業界であれば、英語の勉強をしておく、不動産業界であれば宅地建物取引士(宅建)の資格を取得するなど、自分に必要なものを学んでおきましょう。

そうすることによって、志望度の高さをアピールすることができるでしょう。

❏インターンに参加

第一志望企業のインターンに参加することで、社員と仲良くなれる可能性があります。

またインターンの内容にもよりますが、実務を体験できるインターンなどもあるため、自分に合った企業なのかどうかを判断する材料になる場合もあります。

さらに企業によってはインターンに参加した人限定でESや一次面接の免除など、優遇されることもあるので参加してみることをオススメします。

❏早めの就活対策(留年理由も)

せっかく時間があるのに、ダラダラと過ごしてしまうのは非常にもったいないです。

再度自己分析や業界・企業研究をするなど、自分についてもう一度見つめ直してみてください。

また、留年した場合は高確率で留年した理由について面接などで聞かれるため、留年理由を聞かれた時の回答も早めに準備しておきましょう。

就活留年した場合はその期間を有効活用して早めに就活対策を行いましょう。

❏本を読む

本を読むのも効果的です。

就活留年期間は時間的にも余裕があり、自分の将来についてもう一度考える機会もあると思います。

本を読むことで考え方が変わったり、視野が広がったりなど、新たな自分を見つけるチャンスでもあるため、積極的に読んでみると良いでしょう。

面接で留年を伝える際のポイント

面接で留年を伝える際の以下のポイントを意識してみてください。

・具体的に伝える
・失敗に対してとった行動を伝える
・留年から学んだことを伝える

伝え方にも気をつけなければマイナスな印象を持たれてしまう可能性があるため、面接官に好印象を与えられる伝え方を紹介します。

以下のポイントを押さえていきましょう。

具体的に伝える

留年という失敗に対してとった行動について話す際は具体的に話します。

抽象的に伝えてしまうと、「この人は何をどう頑張ったんだろう…」とせっかくの努力が面接官に伝わらない可能性があります。

そのため、面接官がイメージしやすいよう具体的に伝えてみてください。

その際は以下のフレームワークに沿って、伝えてみましょう。

失敗に対してとった行動を伝える

失敗は誰にでもあります。

就活では失敗したことをしっかりと受け止めて、その失敗から何を学び、どういった行動をとったかを伝えることが最も大切になります。

そのためなぜ就活留年してしまったのかを振り返り、それに対し留年期間中にどんな行動をしたかを伝えるようにしましょう。

ここをしっかりと伝えることができれば、就活留年というマイナスな事実でもプラスの印象を与えることができます。

留年から学んだことを伝える

失敗をただ失敗として終わらせるのではなく、何を学んだのかについて伝えるようにしましょう。

そうすることで「この学生はマイナスなことからもプラスな面を探すことができる、ポジティブな人だな」という印象を持ってもらえるかもしれません。

失敗をいつまでもくよくよせず、その失敗を次に活かすことができるというのは社会人にとっても必要な素養であるため、存分にアピールしてください。

留年を伝える時の例文

ここでは留年を伝える際の例文をエピソード別に紹介していきます。自分の留年理由に近いものを参考にしてみてください。

また、例文に加え、想定質問についても紹介しているので、深堀り対策も行っていきましょう。

部活動

❏例文

私が留年した理由は、部活動に割く時間を多くとりすぎたからです。

私は3年生の時に部活動の部長を任され、土日は朝から晩まで練習し、平日も朝練を行っていました。練習の甲斐あって、全国大会に出場することもできたのですが、私は3年生での単位が足らず、留年することになってしまいました。 留年した原因は、私が野球のことばかりを考えてしまい、全体を俯瞰して見えなくなってしまったからであると思っています。

そのため、私は視野を広げ物事の優先順位を意識して行動するようなりました。今年の就活ではまずは気になる10業界と業界を代表する企業5社の研究を細かく行い、その上で〇〇業界を第一志望、○○業界を第二志望と位置づけ、より重点的に知識を身につけております。

入社した後も、これらの失敗経験を活かし、俯瞰した視野と優先順位付けを意識して仕事に取り組みたいと考えています。

【想定追加質問】
⇨大学1年生や2年生の時の単位を取れていましたか?
⇨どのような基準で優先順位をつけましたか?

留学

❏例文

私が留年した理由は、大学2年生の時に留学した際、講義のスケジュールをうまく調整できなかったからです。

私は大学でどうしても留学経験をしたいと思っていたため、少し無理なスケジュールであることは承知の上で留学しました。留学をして素晴らしい体験や学びをたくさん得ることができたのですが、結果的に留年することになってしまいました。今後は他のスケジュールを調整する前にやるべきことのリストを作成し、優先順位を決めるなどして、やるべきことをおろそかにしないように気をつけていきたいと思っています。

社会で仕事をしていく際も、スケジューリングはとても大切なことだと思っています。そのため、先輩方からスケジュールのやり方を学ぶなどして、同じ失敗をしないようにしていきたいです。

【想定追加質問】
⇨留学をして得られたことは何ですか?
⇨今後スケジュール調整をする際に気をつけたいことは何ですか?

就活のやり直し

❏例文

私が留年をしたのは、就活をやり直したかったからです。

会社選びは、これからの人生においてとても大事な選択だと思っています。去年は自分にとって納得できる選択ができなかったため、一度留年をして就職活動をやり直しました。留年をしてからは社会で役立つスキルや業界について学び、今年こそ自分にとって納得できる選択ができるようにと、懸命に取り組んできました。そのため、今年の就職活動にはとても自信があります。

入社した後は留年で失った1年間を取り戻すために、全力で働きたいと思っています。誰よりも結果を残し、先に社会人になった同期を越えて行くと決めています。

【想定追加質問】
⇨あなたが会社選びで大切にしていることは何ですか?
⇨去年はどうして納得のできる選択ができなかったのだと思いますか?

もっと多くの例文が見たいという方は以下の記事をご覧ください。

▶参考:面接で「留年した理由は何ですか?」と質問されたときの正しい答え方~回答例10個紹介~

留年を伝える時のNGポイント

留年を伝える時は以下のNGポイントを意識しながら伝えるようにしましょう。

伝え方によってはマイナス印象を与えてしまう可能性もあるため、注意してください。

留年したことを他責にする

他責で伝えてしまうと、「この人は失敗を人のせいにするから、これからの成長はあまり望めないだろうな」と面接官に思われてしまいます。

そのため、留年理由を伝える際は、どのような内容であっても、あくまで自分の行動が招いた結果であることを述べるようにしましょう。

留年理由で嘘をつく

留年理由でウソをつくのも NG です。面接官は今まで何人もの就活生を見てきているので求職者のウソも簡単に見破ってしまいます。

万が一ウソが通ったとしても、入社後、自分にとって居づらい環境を作ってしまうことになるかもしれません。

そのため、たとえ留年理由がネガティブなものであったとしても、潔くよく本当の理由を伝えるようにしましょう。

ここまでは留年がもうすでに決まってしまってる人の対策方法やアピール方法について紹介してきましたが、ここからは就職先がまだ決まらず就活留年しようかなと考えている人に向けて、これからやるべきことを紹介していきます。

まだ諦めずに最後まで頑張りましょう。

内定がまだない人がやるべきこと

内定がまだないという人は諦めずに以下で紹介する方法を試してみてください。

人によってやるべきことは異なるため、自分は今何が足りないかをしっかりと考えた上で対策方法を選びましょう。

就活エージェントを利用する

自分ではどうしたらいいかわからないという人は就活エージェントを利用してみるのもオススメです。

エージェントでは、就活に関する悩みや相談に乗ってくれる個人面談や、最初に行った面談の内容を踏まえた上での企業紹介、企業目線での履歴書・ESアドバイス、各企業の評価基準をもとに面接のアドバイスなどをしてくれます。

時期によっては即日内定や2週間で内定が出る企業などの選考ルートを教えてもらえる場合もあるため、一人で就活を進めていくことに不安がある人はぜひ利用してみてください。

少しでも就活エージェントに興味がある人は以下のサイトをチェックしてみてください。

参考:就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

自己分析、業界・企業研究をやり直す

まだ内定がなくて焦っている人は、再度自己分析や業界・企業研究をやり直してみましょう。

やり直すことで、志望動機や自己PRに深みが出たり、全く違う業界に興味を持つきっかけになるかもしれません。

就活スキルを上げるためにも、視野を広げるためにももう一度やり直すことをオススメします。

自己分析、業界・企業研究のやり方がわからない方は以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

参考:【就活失敗】まだ間に合う!内定獲得するための対策方法を紹介 たった4ステップで業界研究を完璧に!誰でも簡単にできるやり方を紹介

エントリーする企業を増やす

シンプルですが、全オチしてしまった人、持ち駒が少なくなってきた人はもう一度エントリーし直しましょう。

業界は違えど、仕事内容が類似している業界はたくさんあります。

先程業界研究をし直そうとお伝えしましたが、その際に違う業界も積極的に見てみてください。

面接対策を行う

面接に臨む前には、必ず面接対策を行いましょう。

ボソボソと下を見ながら話している人や身だしなみに全く気を使えていない人を採用したいという企業なんてありません。

話の内容も重要ですが、実は 態度やマナーの方も面接官はしっかり見ています。

具体的には以下のポイントをチェックしているため、特に注意して面接に臨みましょう。

■表情:口角を挙げ、目を開き、明るい表情で話す
■言葉遣い:語尾は伸ばさず、丁寧に話す
■目線:面接官の目をしっかりと見て話す
■声のトーン・大きさ:ハキハキと明瞭に話す
■棒読み:暗記するのではなく、自分の言葉で話す
■身だしなみ:スーツの着こなし、清潔感を大事にする

以下で面接対策系の記事を紹介しているので、自分に合ったものを読んでみてください。

参考:面接対策

まとめ

本記事では就活留年について解説してきました。

就活留年が決まった人はこの期間を有効活用し、優位な状態で就活のスタートを切れるようにしましょう。

留年を考えている段階の人は、まだ諦めずにもう一度自己分析や業界・企業研究などを行い
自分に合う企業を探してみてください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ