就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

電車運転士の志望動機の書き方と例文~東京メトロの選考通過ESを公開~

電車運転士と聞くと、毎日同じ路線を運転するルーティーンワークのイメージがあります。しかし実際には、正確で安全な電車運転をするために、日々技術を磨き、知識を蓄えるなど業務は多岐にわたり、退屈を感じるような暇もない刺激のある職業です。

電車運転士はインフラに携わる職業のため、しっかり技術を身につければ仕事は安定しています。ただし、非常時でも止めることができず、 乗客の安全を守る業務を担っているため社会的責任が大きいです。 その分、多くの人々に感謝されるやりがいのある仕事といえるでしょう。

多くの学生から人気がある電車運転士になるためには他の学生と差をつける必要があります。本記事の情報は”最低限”把握した上でご自身のESの質を高めてください。

目次

電車運転士の最新情報

バス運転手には大きく3つのトレンドがあります。

明治5年から始まった鉄道の歴史とともに電車運転士の仕事内容は大きく変化してきました。電車技術の発展とともに変化する電車運転士をとりまく最新情報を見てみましょう。

最新運転訓練シミュレーター

電車運転士の技術を養うため、最新の「運転シミュレーター」「車掌シミュレーター」「電車運転関係の連携訓練」を行います。さらに、シミュレーターで非常事態や重大なトラブルへの訓練も可能です。

シミュレーター訓練することにより、現実のトラブルや非常事態においても冷静な判断を養うことができるようになりました。

自動列車運転装置で運転をサポート

自動列車運転装置(ATO装置)とは、走行・停止・駅とドア制御連携をトータルで制御して自動運転をする装置のことを指します。東京メトロや都営地下鉄で一部使用されており、将来的にはJR路線でも随時採用されていく予定です。

運転士の負担軽減だけでなく、運転士と車掌の2人体制から運転士のみが乗務する1人体制の運行を目指しています。

電車運転士で得られるスキル

電車運転士を勤めることによって得られるスキルを以下にまとめました。

電車の運転技術

電車運転士はシビアな運行時間と安全を守るため、時間計算や加減速のタイミング、ブレーキ操作など様々な技術が必要です。運転技術は机上の理論だけでは身につかず、様々な経験の積み重ねで自分の運転を見つけていきます。

技術自体は現場で身につけていきますが、事故を起こさない運転理論や規定などの知識は必須であり、異常事態における対応などはシミュレーションを行いながら学んでいきます。

車両に対する知識

電車運転士は電車の運転技術だけでなく車両知識も身につけなくてはなりません。乗車前に車両の機器類に異常がないか確認する作業等も担っています。

この知識は車両故障などの異常事態が発生した際、応急処置を行うためにも重要です。検査方法や応急処置方法を間違えると、さらに重大な事故へと発展してしまう恐れもあります。電車運転士は机上の知識だけでなく、実物を使った現地訓練を行い現場で使える知識も養っていくのです。

接客スキル

電車運転士になるためには、見習い期間中に車掌や駅員などの仕事も経験しなくてはなりません。電車は老若男女の様々な人が利用します。「街の道案内」「駅構内の案内」「精算関係」「車内放送」などお客様と交わる仕事が多いため、接客スキルが磨かれます。

電車運転士の仕事内容

バス運転手といっても具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。以下で詳しく説明します。

電車の運転がメインの電車運転士ですが、運転以外の業務も重要です。以下に電車運転士の業務を紹介します。

電車の運転

電車を運転する際には、定時運転を実現するために秒単位の精度を求められます。電車の性能や乗客の人数によって「ブレーキのタイミング」「加速の具合」が異なるため、状況によって時間と安全を両立させながら運転するのが電車運転士の役目です。

ATO装置が導入されている電車でも、週2回程度は運転士の技術が衰えないよう手動運転に切り替えて運転をしています。

車両点検

乗車前に車両を点検するのも電車運転士の仕事です。保安装置確認や信号確認をするのも車両点検に含まれます。保安装置とは電車の保安を守る自動列車システムのことで、点検作業は列車の間隔を保つために不可欠です。

信号確認も、車両に付けられている信号を確認し、機械だけでなく人の目でも安全を確認する仕組みになっています。このように、車両点検も電車運転士の重要な業務の1つといえます。

非常時対応

非常事態が発生した際に対応するのも電車運転士の仕事です。車掌と協力して乗客を安全に避難させる必要があります。非常事態に陥った際、乗客がパニックを起こし、車内から出ないようアナウンスしたり、車内から降りる際にスロープを設置したりするのも電車運転士が行っています。

迅速かつ適切に車掌と連携を取りながらの対応が迫られます。

車掌業務

電車運転士のみで運行するワンマン電車の場合、電車運転士が車掌業務を兼任します。「ドアの開閉」「車内アナウンス」「精算業務」などを1人でしなくてはなりません。ATO装置が広がることで、今後はワンマン電車が増えてくる見込みです。

電車運転士の志望動機を書く際の3つのポイント

電車運転士の志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、その職種の中でもなぜその企業なのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。

なぜ電車運転士の仕事に就きたいのか

数多くある職種から電車運転士を選択した理由を書きましょう。電車運転に対する熱意だけでなく、電車運転士になりたいと思った過去のエピソードを交えて、乗客の命を預かるという責任を持つ覚悟をアピールするのもいいでしょう。

憧れだけでなく電車運転士へ至るまでのキャリアパスを理解しているのも重要です。電車運転士に至るまでの「駅員」「車掌」の経験を運転士になったとき、生かすことを強調するのも必要になります。

電車運転士でのアピールすべき強み

電車運転士は時間を正確に守り安全に運転しなくてはなりません。そのため、慎重で几帳面など、まじめな性格はアピールポイントとすることができます。

また、車掌や駅員の業務をこなすケースもあるため、過去の実績を踏まえて接客能力に長けていることを強みとするといいでしょう。

なぜその企業を志望するのか

どうしてその企業でなくてはならないかは志望動機を作成するうえで重要なポイントになります。

例えば「地元の鉄道会社なので地域活動に貢献したい」「安全への取り組みに感銘を受けた」など自分の考えと鉄道会社をマッチさせることが重要です。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

電車運転士の志望動機のNG例

以下ではバス運転手の志望動機NG例を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。

志望動機のNG例
私は幼い時より鉄道が好きで電車を運転したいと思っていました。なかでも新幹線や特急電車など最新の電車運転を目指しており、電車シミュレーションゲームなどを使用して運転の練習を重ねてきました。

入社後は多くの乗客の命を扱う仕事のため、電車の運転に専念し技術を磨きたいと思っています。

→電車運転への憧れと要求が強く、現実が見えていない印象があります。電車運転士になるまでは別業務の見習い期間が必要であり、ワンマン運転へと切り替わった場合、車掌の仕事も兼任しなくてはなりません。

志望動機のNG例
貴社は安全を軽視した結果、大きな電車事故を起こしましたが、その後は社内改革に取り組み、電車運転士にとって風通しの良い会社になったと聞いています。

電車運転士の仕事は時間に不規則といわれていますが、貴社の「定時帰宅」「土日祝日の休み確保」を目指す取り組みは安全へ直結しているはずです。ぜひ、貴社に入社して電車運転士を目指したいと思っています。

→企業批判にあたることは、志望動機としては印象が良くありません。鉄道会社は不規則な仕事なので、安定した休日を求めている志望動機ではミスマッチだという印象を持ちます。

電車運転士の志望動機の例文

志望動機の参考例を下記に記載しています。良い点もあわせて紹介しているので、志望動機を書く際の参考にしてみてください。

東京地下鉄(東京メトロ)の選考通過ESの志望動機

志望動機の良い例
幼い頃、迷子になったときに駅員さんに優しく対応されてから、鉄道に強い興味を持つようになりました。電車に興味を持ってから観察してみると、電車が安全かつ正確に走っていることがすごいことだと気づきました。

私は貴社の「もっと」というスローガンに感銘を受けております。日本でもトップクラスの鉄道会社なのに「もっと」上を目指す姿勢は乗客の命を扱う責任ある仕事として必要なことです。

「駅員」「車掌」「電車運転士」という現場から「もっと」を合言葉に、安全を最優先にすることを徹底しながら、お客様に対するさらなるサービスを貴社で実践したいと存じます。

→会社を志望する理由として、会社の強みと自分のビジョンが合っているという部分を具体的にアピールできているので、志望動機として厚みが増しています。

電車運転士以外の見習い期間である車掌や駅員なども意欲的に取り組めると印象よく思ってもらえます。

まとめ

電車運転士は乗客の命を預かる責任が重大な仕事です。また、勤務時間も一定していないため体力も必要となります。しかし、地元に深く根付き社会貢献度の高いやりがいのある仕事です。

経験と深い知識が必要になりますが、努力が自分に返ってくる魅力的な仕事でもあります。電車運転士の業務内容は鉄道会社によって異なることもあります。比較しながら企業研究を行い、志望動機を作成するようにしましょう。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ