就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【就活ストレスを解消するための教科書】3大原因を解説!!

「就活のストレスの原因は?」「ストレスをどのように解消すればいいの?」などと悩んでいませんか?

ストレスの原因を特定せずに放置すると、自分にストレスが蓄積されていき、最終的には肉体的にも精神的にも追い込まれてしまう可能性があります。

そこで本記事では、上記の可能性を無くすために、就活における”ストレス”への理解を深める内容を紹介していきます。

本記事の内容
  • 就活のストレスの3大原因
  • ストレスの対処法4選
  • 最大のストレス解消となる内定獲得をするための具体的なTODO

当サイトを運用している就職エージェントneoは内定支援実績が約40,000件にのぼり、就活における様々な悩みを日々解決しております。

「就活でモヤモヤしている」という方は就職エージェントneoにご相談ください。

目次

就活のストレスの3大原因

大きく分けて3つのストレスの原因が考えられます。ご自身のストレスの原因がどれに該当するのかを確認してみましょう。

原因その1:内定が出ず、就活の終わりが見えないから

なかなか内定が出ず、就活の終わりが見えない時にストレスを感じます。

内定が取れていなければ、今後の就活に対して漠然とした不安に駆られると思います。

なぜなら誰しもが将来への展望が開けない時には、大きな不安やストレスを感じるものだからです。

ですが、ストレスや不安は悪いものではありません。ストレスや不安があるからこそ行動することができます。

不安は何かアクションを起こすための原動力となります。

例えば、受験が不安だから受験勉強を頑張れるし、告白が成功するか不安だから自分を磨くことができるのです。

したがって、ストレスや不安が自分を一回りも二回りも大きくしてくれる原動力であることを知っておくいいでしょう。

原因その2:自分が他人より劣っていると感じるから

就活に限った話ではありませんが、自分と他人を比較したときに劣等感を感じるとストレスになります。

就活というシステム自体が企業の人事などに対していかに自分を他人より優秀な人材であるかを示す戦いであるため、ついつい自分と他人を比較してしまうと思います。

ですが、他人と比較したところで良いことはありません。周囲を見渡せば、自分より学歴が高い人、起業経験があるなど経歴がずば抜けている人はざらにいます。

他人と比較するのではなく、過去の自分と比較をしましょう。昔の自分と比べて、どの程度成長できたかなどを考える方が生産的であると言えます。

原因その3:落選続きで自分を否定されていると感じるから

何度も選考に落ちることで自分が否定されていると思い、ストレスを感じることがあると思います。

しかし、冷静に考えると、これまでに選考を受けた企業からは「この会社に適任ではない」と判断されただけで、世の中の全ての企業から否定をされたわけではありません。

ある会社の人事からは「採用見送り」になったとしても、別の企業の人事からは「採用」と判断をされることは十分にあります。

普段生活をしていて、自分に合わない人がいるように、自分に合わない企業も存在します。

したがって、落選が続いたからといって自分を卑下せず、自分を欲してくれる企業を探していきましょう。

自分を否定されていることにストレスを感じるのではなく、新しい選択肢や今までに気づけなかった自分に遭遇する良い機会と解釈することが非常に大切です。

就活ストレスの対処法4選 

就活におけるストレスを解消する4つの方法を紹介していきます。以下で紹介する対処法は就活に限らず、社会に出てからも永遠に使える内容となっています。

就活デトックス

肉体的にも精神的にも限界を迎えたのであれば、一時的に就活を中断するといいでしょう。自分を追い詰めすぎて、身体を壊しては本末転倒です。

もちろんご自身の就活の時期などにも左右されますが、2~5日程度は就活以外のことに取り組むことをオススメします。

具体的には以下のことをやってみてはいかがでしょうか。

  • 時間を気にせず睡眠
  • お気に入りの音楽を聴きながらウォーキング
  • 半身浴やサウナ
  • 人と話す
  • 1泊2日で旅行

就活でストレスを感じない人はいません。息抜きをしながら、自分のペースで納得内定を目指していきましょう。

もし就活について誰かに吐き出したいと感じたのであれば、ぜひ就職エージェントneoを活用してみてください。専任のアドバイザーがあなたに合ったアドバイスをしてくれます。

人と比べない

就活ストレスを感じないために、自分と他人を比較しないようするといいでしょう。

他人と比較して自分に劣等感を感じたところで、ストレスが緩和することはありません。むしろストレスの増大を助長するだけです。

マイクロソフトの創設者であるビルゲイツ氏も以下のような言葉を残しています。

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

Don’t compare yourself with anyone in this world… if you do so, you are insulting yourself.Bill Gates(ビル・ゲイツ)



このように、ビル・ゲイツ氏も人と比較しないことが大切であると述べています。そもそも自分と他人では価値観や能力、人柄が異なるため、比較するだけ無意味なのです。

認知の仕方を変える

続いての対処法は「認知の仕方を変えること」です。

まず前提として、「認知」とは「人のものの捉え方や解釈の過程」を指します。

例えば、面接に落ちた際に「また面接に落ちた…」とひたすら落ち込む人もいれば、「どうすれば次は面接官に良い印象を与えることができるだろう?」とポジティブに考えられる人もいます。

つまりある出来事に対する感じ方や考え方は人それぞれ異なるわけです。

何事もマイナスに物事を捉える癖を修正するための訓練として「認知療法」というものがあります。

以下では認知の仕方を変えるための具体的なやり方について解説します。

認知療法の代表的なやり方

認知療法の代表的なやり方は上記の通りです。上記の方法で具体的に書き出した例が下の表になります。

重要なのは、ポジティブな考えを導き出すことです。他人が自分と同様の思考をしていたら、どうアドバイスするかなどと自分に問いかけてみるといいでしょう。

成功体験をする(志望度が低くても内定を取る)

ストレスを解消するために、たとえ志望度が低い企業でも内定を取ることは一つ有効な方法です。

どこかの企業には「認められた」と感じることができ、自信を得ることができるでしょう。

内定を獲得するために比較的求人倍率の高い業界を受けるなどすると良いです。

その他にも、就職エージェントが紹介する企業の選考を受けることも選択肢としてあります。

ちなみに、本サイトを運営している就職エージェントneoでも、あなたに適した様々な企業を紹介することが可能です。気になる方は、ぜひご利用ください。

就活のストレスを解消するために内定を取るコツを知ろう

就活では「書類→テスト→面接」という選考フローが一般的です。内定を獲得するために各フローにおける通過する秘訣を紹介していきたいと思います。

ES(エントリーシート)を通過するコツは「型を知る」

ES(エントリーシート)を通過するコツは「型を知る」です。

ESにおいて頻繁に聞かれるのが「ガクチカ・自己PR・志望動機」の3つです。

もちろんそれぞれの書き方に正解はありませんが、以下では本サイトで推奨している上記3つの設問のフレームについて解説します。

ガクチカ

ガクチカを書く際は以下の観点に気をつけましょう。

  1. 何に取り組んだのかを簡潔に述べる(結論)
  2. なぜその事柄に取り組んだのかに述べる
  3. その中で困難だったこと、それに対して取った行動を述べる
  4. 取り組みを通して学んだことを述べる
  5. 学んだことを企業でどのように活かすかを述べる

まずは5W1Hで自分の取り組んだ内容について述べましょう。

その後、その取組になぜ力を注いだのかいわゆるモチベーションの源泉を説明します。

ここまで書いたら、ご自身の取組について詳細に説明しましょう。どんな困難があり、それに対して何を考え、何に取り組んだのか記載します。

最後は、ご自身が活動を通して学んだこと、そこで得た学びを今後どのように活かすのかを記載して締めます。

自己PR

自己PRを書く際は以下の観点に気をつけましょう。

  1. 最初に強みを簡潔述べる
  2. 強みを表すエピソードを述べる
  3. 強みをどのように活かしたのかを述べる
  4. 経験を通して学んだことを述べる
  5. 入社後にこの強みをどう活かしていくかを述べる

自己PRに関しては、まず結論では簡潔に自分の強みを述べます。

その後にエピソードの部分は、自分にその強みがあるという根拠として過去の経験を記述します。

エピソードを記述する際は、まず”どんな問題が起こったのか”という出来事を伝え、その出来事に対して”どのような行動を取ったのか”そして”その結果どうなったのか”を具体的に書くようにしましょう。

そこまで伝えることができたら最後にまとめとして、その強みを入社後どのように活かしていくかを伝えます。

▶参考:企業から評価される自己PRの書き方とは?ポイントや注意点をわかりやすく解説

志望動機

志望動機を作成する基本的なフレームは以下の通りです。

  1. 志望動機を一言で伝える
  2. 背景・動機を伝える
  3. その会社を選んだ理由
  4. 入社後どのような活躍をしたいか

まずは、志望動機を一言で簡潔に記載しましょう。

例えば「◎◎を成し遂げたいと思い、志望しています。」と書くと良いでしょう。

次に、「成し遂げたい」と思った背景や動機を書きます。ここで、きっかけとなる過去の経験や動機を書くことで、ただ「理想だけで書いているのではない」ということを伝えることができます。

自分の将来の目標、背景・動機を伝えられたところで、自身の目標がその会社でしかできない理由について述べましょう。

ちなみに、その会社でしかできない理由を探す際は以下の観点で書くことをオススメします。

  • 企業の社風から
  • 企業で働く社員から
  • 企業の強みから  
    ∟業務内容  
    ∟サービス/商品(コンセプト)  
    ∟社会貢献活動

志望動機の書き方の詳細・例文については以下の記事を参考にしてみてください。

▶参考:志望動機の書き方~選考通過率をUPさせる方法~

▶参考:志望動機のおすすめ例文10選!

テストを通過するコツは「繰り返し」

テストを通過する秘訣は「繰り返し問題を解くこと」です。

テストに関しては大手企業の選考では課せられる可能性は高いですが、そもそも実施しない企業もあるため、まずは選考フローにテスト選考があるのかを確認しましょう。

テストが必須となる方は以下3つの段階を踏み、筆記試験の対策をすることをオススメします。

<解説がわかりやすい参考書を一通り解く>
まずは難しいものではなく、解説が自分にとってわかりやすい参考書を1冊選びましょう。そして、腕試しに解いてみてください。勉強の必要なく解ける問題やそうでない問題の傾向がつかめます。また解説を読んで効率的な解法を知り、さらにスピードアップできるようにしましょう。 

<間違えた問題の解説を読んで理解し、何度も解く>
間違えた問題は、ただのミスなのか、それとも理解できていないのかを区別しておきましょう。単なるミスの場合は、他の問題でも同じような間違いをしてしまわないよう、注意すると正答率を上げられます。また、理解できていない問題は理解できるまで集中的に行い、理解できたら別の問題を解き、考え方の理解が進んでいるか確認しましょう。 

<できなかった問題を繰り返し解く>
上記で出てきた問題点がクリアできるよう、繰り返し行なってください。参考書を2〜3周すると、7~8割の問題を解くことができるようになっているはずです

面接を通過するコツは「面接官の思考を知る」

面接を通過するコツは「面接官の思考を知ること」です。

面接官を思考を理解することで、面接攻略のための糸口を掴むことができるようになります。

孫子の兵法に出てくる有名な一節に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 

多くの就活生は自己分析に時間を費やす一方で、面接を行なう面接官の思考を理解しようとしないのが現状です。

面接官の思考を理解しておくだけでも他の就活生よりも一歩リードをすることができるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

面接官に関わらず、人間は「感情(直感)で動き、論理(内容)で納得する」と言われています。

これは面接を攻略するうえで非常に大事な考え方です。この原則を面接に当てはめると、面接官は以下のような思考の流れをします。

面接官が「この人材は非常に優秀そうだ」と直感的に感じる

なぜ優秀そうに感じるのかを様々な質問を通して論理で「やはり優秀である」と納得する
(アルバイトの経験を通してリーダーシップがあると分かるなど)

面接通過

逆もまた然りです。

面接官が「この人材はあまり活躍してくれなさそう」と直感で感じる

なぜ活躍しないと思うかの根拠を集める

不合格

このようにいかに直感的に「優秀そう」と思ってもらえるかは大切です。

もちろん直感的に活躍してくれそうな人材だと思わせることが出来たとしても、内容が伴っていないと意味はないので、内容もしっかりと対策をするようにしましょう。

ではどのように直感的に「優秀である」と感じてもらえるのか、どのように論理的に「優秀である」と思ってもらえるのかについては以下の記事で詳細に説明してるので確認してみてください。

▶参考:就活で落ちるのはなぜ?‐通過率を向上させる裏ワザ4選 を紹介!!‐

【就活ストレスを解消するための教科書】3大原因を解説!!‐まとめ‐

今回は、就活におけるストレスの原因とその対処法について説明しました。

本記事のまとめとして、以下に要点をまとめます。

就活のストレスの原因
 Ⅼ原因その1:内定が出ず、就活の終わりが見えないから
 Ⅼ原因その2:自分が他人より劣っていると感じるから
 Ⅼ原因その3:落選続きで自分を否定されていると感じるから

就活ストレスの対処法4選 
 Ⅼ就活デトックス
 Ⅼ人と比べない
 Ⅼ認知の仕方を変える
 Ⅼ成功体験をする(志望度が低くても内定を取る)

就活のストレスを解消するために内定を取るコツを知ろう
 ⅬES(エントリーシート)を通過するコツは「型を知る」
 Ⅼテストを通過するコツは「繰り返し」
 Ⅼ面接を通過するコツは「面接官の思考を知る」

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントとは専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスです。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ