就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

IT業界の志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~

IT業界は日々進化しており、我々のライフスタイルを大幅に変え続けています。今後も成長が見込まれるため、多くの就活生が志望している注目の産業です。

ライバルが多いからこそ、志望動機の質を上げなければ面接に進むことはできません。

業界の特徴や業務内容を把握した上で、志望動機の例文を参考に書き方のコツを掴みましょう。未経験で不安な人も参考にしてください。

★\2月9日開催!「志望動機を通過させるコツ」を学べるES対策セミナー/★

✓ES通過するためのポイントってなんだろう
✓私(僕)のESで合っているか不安
✓何か就活に役立つ情報はないだろうか
上記の様な悩みを抱えている人は、当セミナーにぜひ参加してみましょう。

《セミナーのポイント》
「私服OK」「参加費0円」「オンライン開催」
↓詳細は下記より確認してみて下さい。↓

セミナー_志望動機
目次

IT業界の特徴

IT業界は、最も注目を浴びている業界のひとつです。

注目を浴びる背景にはDX(デジタルトランスフォーメーション)といわれるITを活用してビジネスモデルやシステムに変革をおこしていこう、という世界的潮流があります。

人事や人材業界の課題をテクノロジーで解決するHRtechと呼ばれるジャンルや、金融の課題をテクノロジーで解決するFintechなどが具体的な事例として挙げられます。

IT業界は革新的な技術が登場する変化の激しい業界だからこそ、注目の業界と言えるでしょう。

■数字で見るIT業界の現状

IT業界現状
参照元:業界動向サーチ/2020-21年の業界レポート。(2021年10月27日時点)

IT業界の業種

様々な業種の中でどの業種を選ぶべきか、特徴と差別化ポイントを勉強しておきましょう。

❏IT

2018年のIT業界の業界規模(主要対象企業176社の売上高の合計)は15兆6,309億円となっています。

通信速度の向上を機に、クラウドとビッグデータの活用が市場をけん引、IoTやAIの導入によるDXの中心的な役割をはたしている業界です。

世界的な企業としてはMicrosoftやIBMなどが挙げられ、日本ではNTTデータや富士通、NECが代表的な企業として挙げられます。

❏ソフトウェア

ソフトウェア業界の売り上げ規模は6007憶円で、ITと同様にクラウドサービスが市場を牽引しています。

また、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるソフトウェアを利用者側に導入するのではなく、提供者側で稼働しているソフトウェアを、インターネット等のネットワーク経由で、利用者がサービスとして利用する販売形態がトレンドとなっています。

今後はIoTなどへの対応も注目すべき点です。

❏インターネット

売り上げ規模が5兆5,748億円(2018年度)という巨大な市場を形成するインターネット業界は主にネットサービス系と通販系に分かれますが、いずれも拡大傾向にあります。

サービス系にはサイバーエージェントやヤフーなど、通販系にはZOZOや楽天、Amazonなど皆さんにとっても身近な企業が多く挙げられます。

こうした企業は、1990年代から2000年代初期の起きたITバブル期に登場しました。近年では、スマートフォンの普及に伴って爆発的な市場の伸長を見せた業界です。

❏通信

売り上げ規模が33兆3,137億円(2018年度)というIT業界でも特に大きな市場を形成する通信業界は、ユーザーと企業の橋渡しである通信回線を扱う業界です。

現状としてNTTドコモ・ソフトバンク・KDDIの大手三社を、新規参入した楽天が追いかける形となっています。

また、MVNOと呼ばれる通信回線を借り受けて格安スマホを提供する事業者も存在します。2020年には通信速度を飛躍的に向上させた5Gが登場し、今後の動向が注目されます。

一方で市場規模は2014年から横ばいの状態で、新しい事業による成長が期待される業界ともいえます。

IT業界の職種

IT業界は上流と下流に業務を分類することができます。上流はクライアントが抱える課題を設定し、どのように解決するか決定します。

下流では上流で決まったコンセプトや手段を具体的な仕様に落としこみ、製品を完成させます。

では、それぞれどのような業務をおこなっているのでしょうか。仕事内容からIT企業の全体を理解しましょう。

❏エンジニア職

実際に製品を作る下流工程に分類される職種です。PythonやJavaといったプログラミング言語を使って実際の製品を作ります。

エンジニアはシステムエンジニア(SE)とプログラマーに分類され、SEがクライアントからの注文を実際のプログラミングに落とし込む計画書を作成し、計画書に従ってプログラマーが製品を作り上げるといった関係にあります。

IT業界でも特に人材が不足しているエンジニア職では、プログラマーはもちろん、SEでも文系の採用を広く行っています。

SEは計画書を書くための論理性とコミュニケーション力が求めれられています。

また、エンジニアにはシステムエンジニア・サーバーエンジニア・webエンジニア・そして営業的な側面を持つセールスエンジニアなど多くの種類があることも特徴です。

❏プロダクトマネージャー(PM)

上流工程に分類され、プロジェクトの管理から人材の選定まで幅広いマネージメントを行い、プロジェクトの全行程に関わります。

プロジェクトの初期には、クライアントを交えてどのようなプロジェクトにするのか具体的な要件定義を行い、納期の決定をします。

プロジェクトの進行中は、問題解決や進捗を確認する役割を担い、プロジェクトの完了後はレポートを提出して総括します。

プロジェクトの中心として活動するPMには、リーダーとしての社内調整力やリーダーシップが求められる職種といえます。

❏ITコンサル

上流に位置し、顧客が抱える課題の原因を明らかにし、システムの導入によって課題解決を提案する職種です。

ITコンサルもPMと同様に要件定義を行いますが、ITコンサルはクライアントが抱える課題の設定と、ITのどのような方法で解決するべきか、という方法の設定を定義するため、PMの具体的な定義とはやや異なるといえます。

❏総合職

IT企業であっても、営業やマーケティングなど他の業界にもある職種は存在します。例えば、顧客の獲得をおこなう営業職では顧客の課題を自社の製品を通じて解決します。

IT企業の営業は自社の持つ人材やノウハウ、製品がいかにクライアントの売り上げや効率の向上につながるのか、自社の魅力を新規の顧客にアピールします。

またマーケティング部門は、カスタマーのニーズをくみ取り魅力的なプロモーションを考え、消費者の購買を刺激します。

B_新CTA02_何から始めたら

志望動機の作り方のポイント

IT業界はライバルが多いため採用担当者に強い印象を与えなければ書類選考を通過できません。

なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに書きましょう。

IT業界の志望動機に必要な3つの要素

なぜIT業界か、なぜその業種か、なぜその企業か。この3点の深堀りが必要不可欠です。

まず、業界について。ITの視点から人々の生活を支えたり、信用される人間になりたいといったIT業界ならではの理由を入れましょう。

次に業種について。例えばソフトウェア会社であれば、日進月歩の速さで更新される新しい技術を用いて、人々の生活を大きく変える重要な役割をもっているなど、業種ごとの社会的価値を必ず把握しましょう。

最後に企業について。その商品のターゲット、規模、新規事業、取引相手などの会社の特徴を調べ上げましょう。

それが終わったら競合と比較してください。そうすれば自ずと各社ごとの特徴が明確になります。

IT業界で求められる人物像

IT業界は「変化への対応力」がキーワードです。新陳代謝の激しいIT業界では、時代に対応できるよう変化し続けることができなければ、競争に破れてしまいます。

ですから、未経験からIT業界に挑戦するうえで、ITへの興味関心があること、技術やスキルをインプットし続ける知的好奇心をもっていることが重要な素質となります。

志望動機の書き方

情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。

シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。

文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)具体的に言うと
(3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性)
(4)入社後にどうなりたいか

志望動機の書き方、考え方を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

関連記事:
・「志望動機の書き方~選考通過率をUPさせる方法~」
・「志望動機の正しい考え方やコツ~「志望動機がない…」と悩んでいる人必見~」

志望動機の例文

実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、クオリティと書き方を学び、自身の書類に活かしてください。

IT企業の志望動機の例文

○○を志望する理由をおしえてください。
私は貴社の「明日を変えるITの可能性に挑み、夢のある豊かな社会の実現に貢献する」という企業理念に大変共感しました。また、自分の作成したシステムを身近に感じることが出来るという点を魅力的に感じました。私はIT技術を活用して日本を活性化させたいというビジョンがあります。

貴社は様々な業界や業種に対して高い技術力でサービスを提供し、5Gインフラ構築等の企業や世の中の中枢となるシステムを多数構成していると存じております。このことから貴社の成長は様々な分野の企業の成長、更には日本全体の成長に繋げるのではないかと考えています。また、マルチベンダーとして多数の先進IT企業と提携し、お客様の課題に対してより柔軟なソリューションを提案出来るという点に魅力を感じております。

御社で業務を遂行する上で、「積極性」や「学び続ける姿勢」が必要であると感じております。私は学生時代に”○○○○○”という経験の中で、主体的に展示会に足を運び専攻の応用技術について学んだり、実験報告書作成時に必ず5冊以上の文献を参考にしたりする等して積極的に学び続けてきました。この力を活かして貴社に貢献したいと考えております。

→学生時代に積極的に学び続けた体験から、IT企業の変化の激しい環境に対応できる人材であることをわかりやすくアピールできています。

ソフトウェア企業の志望動機の例文

○○を志望する理由は何ですか。
私が貴社を志望する理由は2つあります。1つ目は、入職後、会社内の他事業部と連携することで、幅広く貴社の事業を行いたいと考えたからです。私は、「IT技術を用いて、より便利な世界にしたい」という思いからIT業界を志望しています。大学でパソコンに携わるアルバイトをしていることからITに興味を持ち、勉強するうちに、より一層ITに携わりたいと考えるようになりました。そのため、貴社が会社内の各事業部と協力して、他の事業での課題を解決する業務を行っている点に惹かれました。貴社が行っている他社にはない事業をIT技術でサポートすることで、円滑に事業を行うことができるよう貢献したいと考えています。

2つ目は、貴社は若手でも活躍できる場であると考えたからです。貴社の会社説明会で、上を目指せる環境があることを伺い、その点に魅力を感じました。様々なことに挑戦して経験を積み、貴社の発展に尽力したいと考えています。

→ITへの興味関心を示し学び続ける姿勢が伝わってきます。本ESには記載されていませんが、資格なども積極的に取得しており、ITへの適性を伺うことができるESです。

興味を持った背景や経験をもう少し具体的に書けるとなお良いESになったと考えます。

通信企業の志望動機の例文

あなたが○○で挑戦したいことを記入してください。(300文字以内)
貴社で【変革を担う側】に立ちたいです。私は、大学時代に●●先で課題解決に取り組み、組織がより良く変化した際に大きな達成感や喜びを感じました。この経験から社会をより良く変革していくことを仕事にしたいと考えています。 中でも日本の企業の変革をICT技術によって支えたいです。 理由として、私の叔父は製造業の会社を経営をしており、日本の企業が人手不足や働き方改革など様々な課題を抱えていることを実感するようになったためです。 日本では人口減が進み生産性の向上や人材育成の強化など、企業にとって変革していくことが欠かせない時代にあると考えています。 今後よりいっそう強くなっていく大きな効率改善の波の中で、貴社の製品を通して変革を支援し日本企業の競争力強化に繋げていきたいです。

その中で貴社である理由としては、○○のサービスビジネスの日本シェアが1位、世界シェアが4位ということから、多くの顧客のニーズに応える技術力やノウハウがあると考えたためです。このように、様々なノウハウや世界トップレベルの技術力を保有している貴社で仕事をさせて頂くことにより、自分自身を成長させながら、ICTを駆使した提案で日本の企業の変革を推進していきたいです。

→自らの経験をもとに、「変化」を起こしたいという渇望を示すことでIT業界への適性を示しています。

その上でこの会社でなくてはならない理由を明示しているため、思わず会ってみたくなる内容となっています。

インターネット企業の志望動機の例文

弊社を志望する理由を教えてください。(200文字以上)
イノベーションを通じて、人々や社会をエンパワメントするという理念に共感しました。その中で、御社を志望する理由は二つあります。一つ目は、スピード感を意識して仕事を行っていることです。御社のインターンシップに参加した際、どの社員さんもかなりのスピード感を意識して働いていると実感しました。自分の考えを早いスピード感で事業に取り入れることができ、その姿勢が急速な自己成長に繋がると感じました。

二つ目は、展開するサービスが幅広いことです。これは、幅広くやりたいことに挑戦できるという利点と、楽天経済圏という大きなマーケット内のやり取りに関するビックデータが存在するという利点があります。この経済圏の規模の大きさは御社独自であります。そこで、事業拡大を目指す御社にとって欠かせない経済圏のデータの活用に携わりたいです。そして、事業の底上げや人々をエンパワメントするような新規ビジネスの創出に貢献したいです。

→スピード感を志望動機の冒頭に挙げて、変化が激しい環境を望んでいることが全面に押し出しています。

さらに、変化の中で成長のために学び続けたいという知的好奇心も効果的にアピールできています。

レベルの高い例文集を見たい方は下記記事をご覧ください。

関連記事:
「志望動機のおすすめ例文10選!」

まとめ-IT業界の志望動機の例文・書き方-

IT業界は人気が高いため志望動機のレベルの高いものが要求されます。志望理由をなぜなぜと掘り下げて具体的でロジカルな構成でESを作成しましょう。

また具体的かつ説得力のある志望動機を作成するために、各企業がどのような施策や事業を展開しているのかを把握する必要があるでしょう。

志望動機の基礎から応用まで網羅的にノウハウを知りたい方は下記をご覧ください。

関連記事:
「志望動機の書き方・例文」

「就活に出遅れた」「今からでも受けられる企業を知りたい」「とにかく内定がほしい」と感じている就活生は就活エージェントneoを利用してみてください。

B_新CTA03_非公開求人

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス
(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。
メリット
  • サポートが無料で受けられる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性の良いコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」のキッカケになるでしょう。

本記事を読んで「就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

B_新CTA04_実績数字入り
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ