就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

就活の定番「ガクチカ」とは?|テーマ例やつまずきやすいポイントを解説

ESや面接では、志望動機や自己PRと同様に「ガクチカ」を聞かれることが多いです。

「ガクチカ」と聞いても、「そもそもなぜ質問されるのか?」「どんなことを伝えれば良いのか?」「注意点はあるのか?」と疑問が沢山あるかと思います。

本記事では、「面接官がガクチカを聞く理由」「テーマとして使える題材」「作成する際のつまずきポイント」等の基本的な情報を紹介しています。「ガクチカとは?」という疑問を解消しましょう。

目次

ガクチカとはなにか?

就活を始めて「ガクチカ」という言葉をよく耳にするかと思います。「ガクチカ」とは「学生時代に頑張ったこと・力を入れたこと」の略称です。

実際の選考では「学生時代に最も打ち込んだことを教えて下さい」「学生時代、どのようなことに取り組みましたか?」と質問の仕方は企業によって変わりますが、志望動機や自己PRと同じ様にESや面接でよく聞かれる問題となっています。

頻出問題の1つに該当するので、ガクチカについて理解をしておきましょう。

面接官がガクチカを聞く理由

ガクチカが「学生時代に頑張ったこと」だと理解できた人は、面接官がガクチカを質問する理由を知っておきましょう。なぜ質問をするのか?という背景を知ることで、書く際にどのようなことを押し出せばは良いのかが理解出来ます。面接官がガクチカを聴く理由は、下記になります。

✓困難への向き合い方を知るため
✓意欲や人柄を知るため

困難への向き合い方を知るため

企業側は長く一緒に働きたいと考えています。社会に出ると学生の頃には経験しなかった壁に直面することがたくさんあり、挫折を経験する人も出てきます。そのためガクチカを通して「困難を乗り越えた経験や乗り越え方」を知ることで、入社後に生じる困難に対して「どの様に行動するのか?」「仕事への向き合い方はどうか?」を面接官はチェックしています。

意欲や人柄を知るため

面接官は、エピソードの中身から「その人はどんな役回りに徹するのか?」「どのような人間性や価値観を持っているのか?」を見極めようとしています。そこから「社員と良い関係性を築けるのか?」「当社とマッチする人材か?」を知ろうとしています。

そのため例えアルバイトを4年間続けていたり、部活の全国大会で優勝していたりしても、「能動的な行動」「何も得るものがなかった」「困難を乗り越えようと努力しなかった」のであれば、ESが通過することは難しいです。

大きな出来事を行っていなくても、あなたなりに頑張ったことがあれば、それをアピールすれば良いです。

ガクチカのテーマとして使える題材

「面接官が質問する理由は理解できたけど、結局何を書けば良いの?」と悩んでいる人は、下記を参考にテーマを探してみましょう。

ガクチカで使われやすいテーマ

まずは、ガクチカで使われやすいテーマを紹介します。他の学生もよく使うことから、文章の流れが整っていなかったり、具体性がなかったりすると他の人よりもマイナスの評価になりやすくなる可能性があるので、注意しましょう。

✓サークル・部活
✓ゼミ・学業
✓インターン
✓アルバイト

どんなに素晴らしい取り組みをしていても面接官に伝わらなくては意味がないので、「なぜそれをやろうと思ったのか?」「どれぐらいの成果が出たのか?」等を詳しく記載することを意識してください。

日常生活に隠れているガクチカ

次に日常生活にあるテーマを紹介します。人によっては「書けるエピソードがない」「サークル等に所属していない」と悩んでしまう人がいます。しかし、「部活で優勝した」等のような出来事でなくてもガクチカに書いて構いません。例えばどのようなテーマがあるのか下記を確認してみましょう。

✓ダイエットを4年間続けた
✓筋トレを毎朝行っている
✓日記を毎日続けている
✓毎朝5時に起きている
✓犬のしつけで、〇〇の技を取得した
✓勉強を毎日○時間行っている
✓資格の勉強
✓趣味(映画ノートをつけている、ハンドメイド商品を販売等)
✓友人の悩み相談にのる際は、〇〇を意識した
✓流行を誰よりも早くキャッチアップして、SNSで発信する
✓スキマ時間の有効活用法を考えた
✓本を年間○冊読んだ  等

例えば、「ハンドメイト商品を販売して始めは1日3個しか売れなかったが、〇〇をしながら販売をしたら1日10個も売れるようになった」のように事実を記載します。

どれぐらい変化が起きたのかという実績を記載するだけでなく「なぜ行おうと思ったのか」「具体的に何をしたのか」「その出来事から何を学んだのか」というあなたの考えや価値観をより詳しく記載しましょう。

更に詳しく知りたいという人は下記を確認してみてください。

▶参考:「ガクチカがない」と悩んでいる学生必見!~書き方・テーマ・題材の見つけ方を紹介~

ガクチカの書き方

どんなテーマがあるのかが理解できた人は、ガクチカをどのような流れで書いたら良いのかを紹介するので、書き方を見ながら実際に作成してみましょう。

ガクチカの書き順

【結果→動機→目標と課題→取り組みや対策→結果→学び】の順番で記載することで、面接官に分かりやすく、かつ論理的にガクチカを説明することが出来ます。

更に詳しく書き方を知りたい人は下記を確認してみましょう。

▶参考:評価される「ガクチカ」の書き方を解説|見直しに役立つ”チェック表”つき

ガクチカは企業によって文字数が異なる

ガクチカを作成していく中で、苦戦するポイントの1つとして文字数制限が挙げられます。理由としては、企業によって200文字以下の短文から600文字以上の長文まで幅広く出題されるため、文字数に合わせた文章を作り変えなくてはいけないからです。

それぞれの文字数によって、まとめるポイントやフレームワークごとで使用する文字数が異なるため、下記より確認して短文や長文の両方でガクチカを作成できるように準備しておきましょう。

更に詳しい情報は下記にてまとめています。気になる人は確認してみてください。

▶参照:文字数毎にガクチカの書き方を解説|600文字から200文字に収めるポイントも紹介

ガクチカを作成する際のつまずきポイント

ここではガクチカを作成する際に、”あるある”なつまずきポイントと改善ポイントを紹介します。自分の作成したガクチカが当てはまっているか確かめてみましょう。

✓抽象的すぎる
✓説明書きが長すぎる
✓何を言いたいか分からない
✓単調な文章

抽象的すぎる

ガクチカを書いている皆さんは、エピソードを詳細に理解しているため抽象度が高くても内容を理解出来ますが、面接官は初めて見るエピソードのため、具体的に説明をする必要があります。例えば「サークル運営を頑張りました」という文章では抽象的すぎます。

【改善ポイント】
✓具体的な内容を記載する
例えば「運営係として交流会を開き、〇〇を行ったことで、△△という変化が起こった」のように具体的に行ったことを記載します。

✓数字を使用する
例えば「サークルの参加率を20%から80%に引き上げた」のように数字を使うことで、あなたの行ったことがどれぐらいのインパクトを生み出したのか?がひと目で理解してもらえます。

説明書きが長すぎる

ESは文字数が決まっているため、指定された字数に収める必要があります。その中で、冒頭に記載する「結果」が文字数の半分を占めていたり、「出来事」についてダラダラと書いていては、何が言いたいのかが分からず面接官に理解してもらえなくなってしまいます。

【改善ポイント】
✓話を1つに絞る

複数の話を盛り込もうとすると、説明書きが長くなったり、何を言っているのかがわからなくなってしまうことがあります。伝えたいこと1つに絞ることで、相手に何が言いたいのかが理解してもらえやすいです。

✓1文を60文字前後に収める
1文が長すぎると、読み手は言いたいことが何かわからなくなってしまうことがあります。そのため、長くても1文を60文字前後に収める様に意識してみてください。フレームワーク毎に何文字で書けばよいか気になる人は、【ガクチカは企業によって文字数が異なる】で紹介したURLで説明しているので、見てみましょう。

何を言いたいか分からない

面接官は何十人もの学生のESを確認しているため、何度も読み直したり細かく見ることは難しいです。そのため、読みにくいESや伝えたいことが分からないと感じられたら、先を読んでもらえなくなることも大いにあります。

【改善ポイント】
✓結論を記載してから動機を説明する

最後まで読んでもらうためにも、先に結論を伝え「これから〇〇について説明するんだな」とエピソードの全体像を理解してもらうことが大切です。

✓専門用語や略語を使わない
先述したように面接官はあなたの書いたESで、初めてエピソード内容を知ります。そのため、専門用語や略語を使ってしまうと、何について話しているのか伝わらないです。普段何気なく使用している若者言葉も伝わらないことがあるので、初見の人でも意味が通じる言葉を使いましょう。

✓論理的構成を意識して伝える
ESを書く際と面接でガクチカを話す時は、論理的に伝えることを意識してください。ESを書く際は上述した【ガクチカの書き方】を参考に作成すると論理的に書くことが出来ます。面接で話す時は書き方とは多少異なるところがあるので、詳しく知りたい人は下記URLを確認してみましょう。

▶参考:面接官に好まれる”ガクチカ”の話し方|深堀り質問6選

単調な文章

単調な文章とは箇条書きのように行った内容だけを羅列していたり、文章全体に変化がなかったりすることを指します。例えば「部活の部長をした。対話が大事だと感じていた。そのため、〇〇を行った。この経験でのコミュニケーション能力は仕事でも活かせると思う」等のような文章です。

【改善ポイント】
✓文末を同じにしない
文末が「ました」「である」で続いてしまっている文章は、読んでいてぶつ切り感を感じさせます。3連続以上すると文章に流れがなくなるため、読みにくくなるだけでなく内容が薄く感じてしまいます。そのため「です」「だ」等の他の文末を間に挟みながら文章を作成してみましょう。

✓自分事で記載する
例えば「~だと思う」「~であろう」などの言葉を使うと他人事のように受け取られてしまいます。自分が頑張って行った出来事なので、「~していきたい」「~だと考えた」のように自分の思いや考えを自分事で記載することを心がけてください。

作成をしている自分では気づきにくいところでもあるので、友人や大人に見てもらいながら修正をするのもオススメします。

まとめ

本記事では「ガクチカとはなにか?」を紹介してきました。面接官が質問をする背景やガクチカに書けそうなテーマ等も同時に紹介してきたため、どのような内容をどんな流れで作成したら良いか理解出来たかと思います。

作成をしていく中で、書き方やエピソード等に対して「どうしたら良いんだろう」「エピソードが見つからない」と悩んでいる人は1人で悩まずに大人に相談してみましょう。もし周りに相談できる人がいないという人は、就活エージェントを利用してみるのもオススメです。

面接対策や企業理解へのアドバイス等、あなたの悩みに応じたアドバイスをキャリアアドバイザーが行います。自分を客観視することができ、不安を解消することできるかもしれません。就活エージェントについて詳しく知りたい方は、以下を読んでみてください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ