就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

専門学校の就職率や就活でのメリット・デメリットを詳しく解説

「専門学生って就活で不利になる?」「専門学校から就活するデメリットって何だろう」

上記のような疑問を持っている人に向けて、今回は専門学生と大学生の就職率やスケジュールの違い、専門学生が就活をする際のメリット・デメリットについて紹介していきます。

専門学生の方で、まだ就活についてよくわかっていないという人はぜひ参考にしてみてください。

目次

専門学生って就活に不利なの?

専門学生は大学生と比較すると就活に不利なのでしょうか。まずは大学生と専門学生の就職率を見て見ましょう。

大学生と専門学生の就職率

以下の画像は大学生と専門学生の就職率を表にまとめたものです。
※専修学校=専門学校

■令和元年度大学・専修学校卒業者の就職状況調査

参考:厚生労働省「令和2年3月大学等卒業者の就職状況を公表します」

データを見ると令和元年度の大学生の就職率は98%で、専門学生の就職率は96.8%であり、両者とも前年度より就職率がアップしています。

このように、大学生と専門学生の就職率に大きな差は見られませんでした。つまり専門学生だから就活に不利になるということはなさそうです。

しかし企業や職種によって採用条件なども異なってくるため、自分の学歴や素養に合う企業を選ぶようにしましょう。

続いては専門学生と大学生の就活のスケジュールの違いについて見てみましょう。

専門学生の就活のスケジュール

大学生は3年生の3月にエントリーをし始めますが、専門学生は1年生の3月にエントリーし始めるため、専門学生の方が約2年取り掛かるのが早くなります。

エントリー後の流れに関しては大学生も専門学生も大きな違いはなく、春先に説明会などが本格的に開催され、大体の学生は2年生の秋頃に内定を獲得しているという流れになっています。

しかし志望企業の採用計画によっては、2年生の2月頃に内定を得るというケースもあります。

就活対策については、大学生は早い人では3年生の夏頃から就活の対策を始めていますが、専門学生は大体が2年制であり、あっという間に就活の時期になってしまうため、入学した年の夏頃から就活準備を始めておくと、余裕を持った就活対策ができるでしょう。

とくに専門学生は早め早めの行動を心がけておく必要があります。

専門学生が就活する際のメリット、デメリット

ここまで専門学生の就職状況やスケジュールなどについて紹介してきました。

続いては専門学生が就活する際のメリット・デメリットについて紹介いきます。メリット・デメリットを踏まえた上で就活対策をしていきましょう。

メリット

専門性を活かした仕事に就ける

専門学校では授業の中で資格を取得できたりと特定分野に特化した教育を受けることができます。

業界によっては資格を持っていないと働けない職種もあるため、既に資格を持っているとなると有利となる可能性があります。

また、企業によっては全く専門知識がない人を教育するには時間も費用も膨大にかかってしまうことから、既に専門知識を持っている専門学生を高く評価している企業もあります。

業界とのコネクションがある

専門学校の教師や講師は、特定の業界の企業とコネクションがある場合が多いです。例えば、自分自身が元々働いていたり、友人が店舗を経営しているなど様々な形でのコネクションが存在します。

そういったコネクションの中で得られる情報は就活サイトなどには載っていない場合が多いです。また、ナビサイトなどには公開されていない求人情報が専門学校の教師のコネクションを通じて得られることも専門学生のメリットだと言えます。

即戦力として評価されやすい

専門学校ではより実践的な内容を授業の一環として学ぶことができます。新卒採用はポテンシャル採用であり、就活生が即戦力になるとは思っていません。

しかし、既に実践的な授業を経験している専門学生なら、実際の現場での経験やスキルをアピールすることができるため、他の就活生よりも一歩リードすることができると言えます。

学校からのサポートが手厚い

専門学校は4年生大学とは異なり、クラス担任制をとっている学校が多くなっています。

大学生は自分で企業を探し、自分で就活対策を行わなければなりませんが、専門学生の場合は、学校での基礎的な就活指導プラス、個人ごとにクラス単位での就活指導を行ってくれるため、就活に対する知識をより深く得れることが強みであると言えます。

デメリット

就職先が限定されがち

専門学校では特定の分野に特化しているため、その分野の職業に就く際には有利になる可能性があります。

しかしその分、全く異なる業種に就きたいとなると、企業によっては「なぜ全く関係のないこの業種なの?」という疑問を持たれてしまう可能性があります。

もちろん、必ずしも専門学校で学んだ分野の職業に就かなければならないわけではありませんが、異なる業種を受ける際はそのような質問にしっかりと回答できるように準備をしておく必要があります。

学歴重視や、採用条件がある場合採用されにくい

就活では企業ごとに募集要項があります。企業によっては選考を受ける条件として「大学卒業」という条件を提示しているところもあります。

そういった採用条件がある場合は、どうしても専門学生では選考を受けることができなくなってしまいます。

また、大学卒業という条件がなくても、有名企業や大企業の中には、学歴を重視している企業も正直少なくありません。

学歴によって選択肢が狭まってしまう可能性もありますが、専門知識を持っている学生を求めているという企業ももちろんあるため自分に合った企業を探してみるようにしょう。

就活までの時間が少ない

大体の専門学校は2年制となっているため、就活の準備期間が一般の4年生大学と比較すると、就活の準備期間が短いと言えます。

大学生は約3年の準備期間がありますが、専門学生は約1年程しか準備期間がないため、人によっては時間が足りないと感じてしまうかもしれません。

短い時間の中で自分で効率的に就活を進めていかなければならないため、少し難しいかもしれませんが、もし自分で進めるのが難しいと思う方は就活のサポートをしてくれる就活エージェントなどもあるため、活用してみるのも1つの手だと思います。

専攻外の就職に就くなら

上述しましたが専門学生は特定の分野に特化して学んできているため、その分野での就活は有利になりやすいと言えますが、全く異なる業界を受けざるを得ない場合もあります。

特に音楽系や芸能系などのような採用枠が少ない業界はその道に進めない人の方が多くなってしまう可能性もあるため、専門学校で学んでいた分野とは異なる職に就くことも考えなければならなくなってしまいます。

そうなった場合、企業は「この学生はなぜこの業界を志望しているのかな?」という疑問を必ずと言っていいほど、面接で質問してきます。

そういった際にしっかりと自分の考えを答えることができなければ「この学生は飽きっぽいのかな?」「ほんとに志望しているの?」といったマイナスイメージを持たれてしまいます。

しかし「~~といった理由があって自分はこの業種を志望している」といったことが具体的に話すことができれば問題はありません。

具体的に話すためには、そう思うようになったきっかけの経験などを交えて話すと具体的且つ信憑性を持たせることができるため、必ずエピソードも一緒に伝えるようにしましょう。

なぜ違う業種を志望したのかわからないという人は再度自己分析を行ってみることをおすすめします。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ