就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

夏採用を実施する優良企業は多い?夏から内定獲得する必勝法を徹底解説!!

今内定がない方・これから就活を始める方は、夏採用は「採用枠がほとんどないのでは!?」と心配しているかもしれません。

しかし、マイナビの調査(※1)によれば、上場企業の57%以上(2019年)が6月以降も採用を続けると回答しています。

企業から見ると、学生から内定承諾してもらえず採用を続けているケースが多いということです。「自分は内定を取れないかもしれない…」と諦めずに、本記事で夏に内定を獲得するための必勝法を知り、内定を勝ち取りましょう。

※参照元:マイナビ企業採用活動調査

目次

夏採用とは

ここでは、夏採用について具体的に説明していきます。

夏採用の定義

夏採用とは、6月末~8月末の夏の期間に行われる選考のことを指します。一般的に夏採用をする企業の意図は「春までの採用の補充」にあると言われています。

春採用と夏採用の違い

一番大きな違いは「難易度の差」です。夏採用は春採用と比較して求人が少ない場合があるので、人気企業は厳しい戦いになります。

以下で詳しく説明しますが、BtoBなどの知名度の低い企業は求人が多くある場合もあります。ゆえに、あまり悲観しすぎないようにしましょう。

夏採用を実施する企業の特徴

以下では夏採用を行う企業の特徴を徹底的に解説していきます。

夏採用を実施する企業の特徴その1:知名度の低い企業(BtoB)

まず学生からの知名度が低い企業です。学生からの知名度が低いと応募数が少なく、春までに予定の採用人数を集めることができないためです。

特にBtoB企業が多いとされており、BtoB企業は私たちの普段の生活にあまり馴染みがないため学生にあまり認知されていないです。

しかし、実際には市場では業界トップの企業であったりし、優良企業であることも多々あります。

このように世間一般に知られていないだけで、業界内では認知度が高い企業の可能性もありますので、是非チェックしてみてください。

夏採用を実施する企業の特徴その2:大手企業のグループ会社

次に大手企業のグループ会社が挙げられます。理由は上記の知名度の低い企業(BtoB)と同様に学生からの認知度が低いためです。

知名度は低くとも、大企業のグループ会社ということで同企業に負けない待遇や条件を持ち合わせている企業が多く、実は優良企業であったりします。

例えば、「NTT グループ会社」と検索してみてください。NTTだけでも非常に多くのグループ会社を存在することがわかると思います。

世間一般に知られていないだけで、業界内では認知度が高い企業の可能性もありますので、是非チェックしてみてください。

夏採用を実施する企業の特徴その3:通年採用をしている会社

通年採用をしている会社は、言わずもがな通年で採用を実施しています。

しかし、通年採用をしている企業でも採用計画を立てるため採用時期は一定決まっていると言われています。

ですので基本的には狭き門であることを知っておきましょう。

夏採用を受ける前にやるべきこと STEP3

まずは春までに内定を獲得できなかった理由を分析しましょう。可能であれば、第三者に意見をもらえると良いです。

今回は夏採用の前に一番やるべき「面接準備」について3つのSTEPに分けて解説をしていきます。

夏採用やるべきこと STEP1:ガクチカ、自己PR、志望動機の深堀対策をする

STEP1は「ガクチカ、自己PR、志望動機の深堀対策をすること」です。深堀対策方法についてガクチカから志望動機まで順に説明をしていきます。

ガクチカ

ガクチカに関しては5W2Hで準備をしましょう。

ちなみに5W2Hとは、下記のフレームワークです。

フレームワーク

①Who 誰が、誰に対して
②When 大学何年の何月に開始して
③Where どの組織のどの場所で
④What どんなことを
⑤Why それをした理由
⑥How どのような方法・手段で
⑦How much 何人・何時間・何万など

例えば、塾講師のガクチカを例にすると、

フレームワーク例
①Who 自分が、担当生徒に対して
②When 大学1年の5月に開始して
③Where ○○塾の個別指導課で
④What 学習計画の策定を
⑤Why 生徒の目標を叶えてあげたいと感じたから
⑥How 上司と相談しながら
⑦How much 半年間

以上のように準備することで面接官が具体的な行動を映像化できるレベルにまで仕上げることが可能となります。

自己PR

自己PRに関しては、再度自身の強みを再確認しましょう。

自身の強みを認識する方法は2点あります。

1点目は「自分史を作成する」ことです。自分史を作成し、自己分析する方法です。

まずは自分の印象に残っている出来事を洗い出します。幼少期・小学校時代・中学校時代などのように時系列に書き出していくと自己分析を円滑に進めることができます。

次にそれぞれの出来事に関してなぜそれを行ったのか、またはそれぞれの出来事に共通する価値観はないかを探してみましょう。

自分史だけでは自己分析が不足していると感じた場合は、前田裕司さん著書の「メモの魔力」などを活用するのもよいでしょう。

2点目は「他己分析」です。他己分析とは、他者に自分のことを分析してもらう手法を指します。

自分のことをよく知る友人や両親に分析してもらうことで客観的な意見が得られます。他人からの意見により新たな自分の発見につながると思います。

以上いずれかの方法を用いて、自身の強みを振り返ってみるとよいでしょう。

自己PRの作り方をしっかり知りたいという方は以下の動画で確認してください。

志望動機

志望動機に関しては、様々な形で聞かれてもいいように対策しましょう。

例えば、ストレートに「弊社を志望する理由は何ですか?」と聞かれるケースもあれば、「弊社で成し遂げたいことについて教えてください。」というように将来のことから志望動機が聞かれる場合があります。

このように志望動機は色んな方法で聞かれる為、準備が必要になってきます。

以下の記事で志望動機の様々な聞かれ方について書かれているので是非参考にしてみてください。

▶参考:面接で評価される志望動機の答え方!あるある質問例も紹介

夏採用やるべきこと STEP2:自己紹介の型を作る

STEP2は「自己紹介の型を作ること」です。

自己紹介をその場で考えて、適当に答えたりしていませんか?

または、名前と大学名だけ紹介して終わりにしていませんか?

もし上記のやり方で面接の自己紹介をしているのであれば、面接の通過率をグッと高める可能性が残っています。

自己紹介の型を作るメリットは「面接の内容をある程度想定できるようになる」ことです。

面接で聞かれる内容が分かったら少し気持ちが楽になりませんか?

なぜなら後はSTEP1で準備した内容を面接官に伝えればいいだけだからです。

大学の試験でも過去問を持っている授業の試験は非常に安心感がありますよね。

もちろん面接の内容を全て想定内に収めることは難しいかもしれませんが、これまですべて予想外であった面接の流れをある程度で予想できるのは非常に大きな進歩であるはずです。

逆に、自己紹介の型を持たずに面接に臨んだ場合、自分の予想だにしていない内容について質問されるかもしれません。

例えば、ガクチカのストックとしてないゼミがないにもかかわらず「ゼミは何してるの?どんなこと勉強しているの?」などと聞かれる可能性もあります。

このように面接官に全ての質問の仕方を委ねると具体例のような事態が発生してしまいます。

また、面接官が面接に慣れていない場合自分の魅力を十分に伝えきれない可能性もあります。

サークルの話であれば、自分をアピールができるのにアルバイトやゼミの話に比重が置かれてしまい、魅力をアピールができないなんてことも発生する可能性があるのです。

以上の理由からも、自己紹介の型を作ることをオススメします。

とは言え、「自己紹介の型を作るといっても、何を言えばいいのか分からないから困っている」と考えられたと思います。

そこで以下では、面接で有効な自己紹介のテンプレートについて紹介をしていきます。

テンプレート

○○(名前)と申します!

○○大学△△学部より参りました!

私はこれまで人生において「~~~」という考え方を大切に過ごしてきました。

この価値観をもとに学生時代は○○と○○(ガクチカ)に取り組んできました。

これらの取組では、私の強みである「△△」が発揮されました。

面接を通して、私という人間を存分にお伝えしたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します!

まずは、元気よく自分の名前を伝えましょう

同時に大学名を伝えてもいいのですが、名前だけを伝えた方がインパクトがあるので、名前だけを先に伝えることをオススメします。

次に大学名と所属学部を伝えます。ここまで全就活生が話している内容です。

ここからが非常に重要な内容となります。

次に、これまでの自分の活動の根底にある大切にしている価値観や考え方を伝えましょう

内容は基本的にはなんでも問題ありません。

例えば、学生時代に色んなバイトを経験をしている人であれば、

「好奇心を抱いたことにはどんどん挑戦をしていくことを大切にしてきました」などです。

色んなコミュニティでリーダーを務めているのであれば、

「何事もジブンゴトに捉え、組織を引っ張ることを大切にしてきました」などと話すと良いでしょう。

自分を価値観を述べたあとは、学生時代に取り組んできた内容いわゆるガクチカを簡潔に伝えましょう

例えば、カフェのアルバイト経験や野球サークルなどとです。

そして、ガクチカを述べた後は自分の強みを一つ伝えます

最後は、面接への意気込みを話し締めましょう

以上のような自己紹介をすることで、自分の価値観・ガクチカ・自己PRの3つの質問のいずれかに誘導できる可能性が高まります。

夏採用やるべきこと STEP3:面接官の思考を知る

STEP3は「面接官の思考を知る」です。

面接官を思考を理解することで、面接攻略のための糸口を掴むことができるようになります。

孫子の兵法に出てくる有名な一節に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 

多くの就活生は自己分析に時間を費やす一方で、面接を行なう面接官の思考を理解しようとしないのが現状です。

面接官の思考を理解しておくだけでも他の就活生よりも一歩リードをすることができるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

面接官に関わらず、人間は「感情(直感)で動き、論理(内容)で納得する」と言われています。

これは面接を攻略するうえで非常に大事な考え方です。

この原則を面接に当てはめると、面接官は以下のような思考の流れをします。

面接官が「この人材は非常に優秀そうだ」と直感的に感じる

なぜ優秀そうに感じるのかを様々な質問を通して論理で「やはり優秀である」と納得する
(アルバイトの経験を通してリーダーシップがあると分かるなど)

面接通過

逆もまた然りです。

面接官が「この人材はあまり活躍してくれなさそう」と直感で感じる

なぜ活躍しないと思うかの根拠を集める

不合格

このようにいかに直感的に「優秀そう」と思わせるのかがカギになってきます。

もちろん直感的に活躍してくれそうな人材だと思わせることが出来たとしても、

内容が伴っていないと意味はないので、内容もしっかりと対策をするようにしましょう。

ではどのように直感的に「優秀である」と感じてもらえるのか、どのように論理的に「優秀である」と思ってもらえるのかについては以下の記事で詳細に説明してるので確認してみてください。

▶参考:就活で落ちるのはなぜ?‐通過率を向上させる裏ワザ4選 を紹介!!‐

夏採用に特有の質問

まず大前提として、面接官の方もあなたの春採用が不調に終わった、もしくは、何らかの理由で春採用の就活に集中できずに夏・秋採用に臨んでいることを知って質問しています。

質問に対して嘘偽りなく正直に答えることで、失敗を認め、物事に真摯に向き合う「素直さ」と失敗を糧に自分を高める「向上心」をアピールするとよいでしょう。

というのも、日本の就活は能力よりもポテンシャル・人間性を重視するからと言われています。ゆえに自分に正直にシンプルに答えることが求められています。

夏採用に特有の質問は以下の通りです。

・「なぜ最初から志望をしなかったの?」
質問の意図:企業は第一志望でなかった理由を把握したいため

・「今までの就活で内定はないのか?」
質問の意図:他社があなたをどう評価したのかを知るため。

・「これまでどんな就活をしていたのか?」
質問の意図:春までにどんな企業を見ていて、自分の企業との一貫性あるか

・「就活で成長したことは何ですか?」
質問の意図:失敗を生かすことができるのかを知るため。つまり「学習力」を見ていると想定されます。

前述4つの質問の中から2つの質問に関する回答例を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

質問:「今までの就活で内定はないのか?」の回答例

回答例:これまで内定を頂いたことはありません。業界・業種関わらず幅広く見ていたため自分の詰めが甘く、内定を頂くことができませんでした。ですので、再度自分の人生を振り返ることにより、自分が大切にしたい軸を明確にしました。そのうえで、御社の○○な点に魅力を感じて、志望をさせていただきました。

回答のポイント:なぜこれまで内定が出なかったのかという反省点とどのように修正をしたのかの改善点を述べる

質問:「就活で成長したことは何ですか?」の回答例

回答例:就活で成長をしたことは、自分の未熟さを知ることができたことです。就活を経験したことで自分に何が足りないのかを客観的に知ることができ、改善点を見出すことができるようになりました。具体的には、責任を持って一つ一つの発言をすることを心掛けるようになりました。この心掛けは今後御社の一社員として働く際にも活かせることであると考えます。

回答のポイント:自分の未熟さを認め、自分と真摯に向き合う「素直さ」と失敗を糧に自分を高める「向上心」をアピール

夏採用を受ける際の注意点

以下では夏採用を受ける際の注意点について解説をしていきます。

夏の就活は服装に注意

暑いなか就活を行うのは大変ですが、服装に関して清潔感や相手に失礼のないマナーが必要とされるため、以下の点に注意しましょう。

・基本的にはスーツの上着を着用

企業側から特段指示がない限りはスーツの上着を着用しましょう。例外として、企業からクールビズの指示がある場合があります。

その場合には、素直に従うと良いでしょう。ただしシャツにしわがないか等の最低限の身だしなみには気を払いましょう。

少しでも快適に暑さ対策するためにはどうすればいいのでしょうか。一般的には以下の方法があると言われています。

①企業に到着してから上着を着る

移動中は上着を着る必要はありませんので、人によっては応募企業の最寄り駅に到着した際に着る方が多いようです。

②冷感タイプの肌着を着用

冷感タイプの肌着を着れば、体感温度を下げることができ、快適に過ごせるのではないでしょうか。

③夏用スーツを着用

薄手で通気性が良いため、暑さを気にせずに面接に臨めます。

夏採用を実施する企業の探し方4選

以下では夏採用を実施する企業の探し方について説明をしていきます。

夏採用を行なう企業の探し方その1:就活サイト(ナビサイト)

企業の探し方1つ目は「就活サイト(ナビサイト)」です。

皆さんが想像をしやすいのがマイナビやリクナビなどのナビサイトなのではないでしょうか。

ナビサイトでは春採用ほどの求人数は期待できませんが、多くの企業を見つけることができるでしょう。


夏採用を行なう企業の探し方その2:企業の採用ホームページ

企業の探し方2つ目は「企業の採用ホームページ」です。

非常にオーソドックスなやり方ではありますが、行きたい企業の採用ページを確認してみましょう。

もしかしたら追加採用や二次募集などが行なわれている可能性があります。

夏採用を行なう企業の探し方その3:キャリアセンター

企業の探し方3つ目は「キャリアセンター」です。

キャリアセンターでも大学に来た求人を紹介をしてくれます。

また、キャリアセンターは過去の採用実績から自分の大学が強い業界などを教えてくれるでしょう。

ですが、大学によっては紹介してくれる求人数が少ない可能性もあります。

夏採用を行なう企業の探し方その4「就職エージェント」

企業の探し方4つ目は「就職エージェント」です。

就職エージェントとは専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスです。

残された時間が少なく公開求人の数も減ってきている夏採用では、就職エージェントは非常に有効な手段と言えます。

また、何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

興味のある学生は、ぜひ就職エージェントを利用してみてください。

夏採用を実施する企業【20卒】

いくつかピックアップしてご紹介します。情報の精度には最大限注意しておりますが、必ず当該企業の採用HP/マイページなどでご確認いただき、そこで発表されている”最新の一次情報”を優先しましょう。以下は2020年卒対象の情報です。ちなみに2021卒の採用は選考時期や方法がイレギュラーだったため20卒を例にしております。

(6月にエントリー締切がある企業)  

  • みずほフィナンシャルグループ…6/27
  • 関西テレビ…6/28
  • キューピー…6/30
  • NTTコミュニケーションズ…6/30
  • 大林組…6/30

(7月にエントリー締切がある企業)

  • ヤマハモーター…7/1
  • 三菱マテリアル…7/2
  • 三菱電機…7/5
  • 名古屋鉄道…7/5
  • 損保ジャパン…7/23
  • JAL…7/29

(8月にエントリー締切がある企業)

  • WOWOW…8/3
  • 国際協力銀行…8/14
  • 三井住友海上保険…8/20
  • かんぽ生命…8/24
  • 日立建機…8/29

夏採用を実施する優良企業は多い⁉夏から内定獲得の必勝法について徹底解説!!‐まとめ‐

今回は夏に納得内定を獲得するための方法を紹介してきました。本記事をもとに夏採用に向けて第一歩を踏み出しましょう。

では最後に本記事のまとめとして、重要事項をリスト化したいと思います。

  • 夏採用を実施する企業は多い
  • 夏採用の前にやるべき3つのSTEPがある
    STEP1:ガクチカ、自己PR、志望動機の深堀対策をする→STEP2:自己紹介の型を作る→STEP3:面接官の思考を知る
  • 夏採用には特有の質問がある
  • 夏採用を実施する企業の見つけ方は4つある

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントとは専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスです。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「夏採用」を攻略するキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

\就活の不安・悩みを解決したい方はこちら!/

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ