就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

「面接が怖い」は当たりまえ!5つの克服方法を知ればもう安心!

「面接が怖い…行きたくない」このように面接に対して恐怖を感じている人はたくさんいると思います。

面接が怖いというのは全然おかしいことではありません。むしろ初めは誰でも怖く感じるものです。

ですが大丈夫です。面接への恐怖心は克服することができます。

しかし克服するためには自分が面接の何を怖いと感じているのかを知る必要があるため、自分はなぜ面接に恐怖心を持っているのかを考えてみましょう。

本記事では就活生が面接を怖いと感じてしまう原因や克服方法を紹介していきます。

目次

面接が怖いと感じてしまう原因

面接が怖いと感じる原因は人それぞれですが、ここではよくある面接が怖いと感じる理由を紹介していきます。

自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

自信がないから

自分に自信がないため面接に恐怖を感じてしまうケースはよくあります。

絶対に合格できるとわかっていたら誰も怖いとは感じないでしょう。受かるかどうかわからない状況で不安を抱えているからこそ人は恐怖を感じます。

特に自分に自信がない人は最初から自分にはできないと決めつけてしまう人が多い傾向にあるため、余計面接に対して恐怖心を持ってしまいます。

「自信をつけるにはどうしたらいいの…?」「自信を持てるようになりたい!」という人は以下の記事を参考にしてみてください。

▶参考:ここにリンクを貼りたいテキストを入れる ※就活 自信ない

また、数々の面接を経験して自信をなくしてしまったパターンもあります。

そういった人の特徴としては「前回の面接で〇〇のミスをしちゃった…」「質問に答えられなくて固まってしまった…」など、過去の失敗がトラウマとなって自分の足を引っ張ってきます。

ミスは誰もがするものです。何十社受けても1~2社しか内定が出ないという人も少なくありません。

そのためこのような場合は過去は過去!と割り切って、前向きな気持ちで面接に臨むことが大切です。

相手からどう思われているか不安

相手からどう思われているかわからないから怖いという人もいます。

面接はどうしても企業に評価されているというイメージが強いため、面接官のちょっとした表情や発言がとても気になってしまいますよね。

「今の発言はまずかったかな…?」「他の就活生の方が優秀だと思われているんじゃないか…」など、様々な不安が押し寄せてくると思います。

しかし面接官の顔色を気にしてばかりいると、次第と面接で発言すること自体が怖くなってしまいます。

自分の話をしているはずなのに「これでいいのかな…?」「今の間違ってたかな?」などと、自分の回答にどんどん自信が持てなくなってしまい悪循環に陥ってしまいます。

そのため企業に面接に臨む際は、一方的に評価されてると思うのではなく、自分も企業を見定めてるんだぞ!くらいの気持ちで臨むようにしましょう。

対策が不十分だから

一応対策はやったけど、十分に行ったと言えるほどではないため、うまくできるかわからず不安というケースもあります。

本当に対策が不十分な場合はこのような不安を持つことで良い危機感を感じることができますが、心配性な人がこのような不安を感じてしまうケースも多いです。

就活対策とはゴールがないため、ここまでやったらOKという明確な終わりがありません。

そのため心配性な人はしっかり対策を行っていても「ここまでやったけど、これでいいのかな…?」「まだまだ足りなかったかな…?」など、どこまでやっても自分の行動量に自信が持てないという人もいます。

そうなってしまうといつまでたっても自信を持つことができず、せっかく頑張っていても良い結果に繋がらなくなってしまうこともあるため、対策をする際は自分の中である程度のゴールを決めてみてはどうでしょうか。

例えば「志望動機の深堀り対策を行い、深堀りされてもその企業が良いと伝えられるようになったら企業研究と自己分析は一旦終わりにする」などのようにゴールを設定してみてください。

面接特有の雰囲気が苦手

そもそも面接という雰囲気が苦手という人も多いですよね。

就活生にとって面接とは面接官に評価されている場であるため、誰しも居心地が良い場所ではないですよね。

実際にはそこまで威圧感がなくても就活生自身が「ここで落ちたらもう終わりだ…」「もう次がない…」など自らプレッシャーをかけすぎてしまうことで、威圧されているかのように感じてしまうということもあります。

そのため面接中に雰囲気が怖いと感じたら、「これは自分でわざと怖く感じるようにしてるだけだ!全部自分の思い込みだ!面接官もニコニコしてるじゃん!」と心を落ち着かせ、緊張をほぐしてあげましょう。

中には実際に圧迫面接を行ってくる企業もあります。しかしそれは本当に怒っているわけではなく、就活生のストレス耐性をチェックしているだけであるため、落ち着いて話すようにしてください。

面接が怖い!克服するには?

ここでは面接が怖いと感じる人が、面接への恐怖心を克服するためにすべきことを紹介していきます。

今の自分に必要なものを選び、実践してみてください。

対策を十分に行う

対策を十分に行うことで面接に臨む前に自分に自信を持てるようにしましょう。

面接対策ができていない人の特徴として「質問に対する回答が準備できていない」「逆質問を考えられていない」が挙げられます。

そのため面接でよく聞かれる頻出質問と逆質問ではどのようなことを聞けば良いのかについては事前に把握しておきましょう。

その際は以下の記事を参考にしてみてください。

▶頻出質問

【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介

▶逆質問

面接での逆質問例50選!質問する際のポイントやNG例も紹介

また「深堀り対策のために再度自己分析をしたい!」という人は、以下の記事で自己分析のやり方を5つ紹介しているので、自分に合ったやり方を選んで行ってみてください。

参考:【まとめ】自己分析のやり方5選紹介!図付きでわかりやすく解説

練習のつもりで臨む

面接を怖いと感じてしまうのは「落ちたらどうしよう…」と考えてしまうからです。

そのため面接を受ける際は練習だと思って受けるようにしてみてください。

「次の面接に向けた練習会だ!」と思い込むことで、少し気持ちが楽になり、落ち着いて面接を受けることができるでしょう。

不安や恐怖心などは気持ちの持ちようでいくらでも減らすことができるため、どのような心の状態が一番自分らしくいられるか考えてみてください。

考え方を変える

面接が怖いと感じる人は面接に対する考え方を変えてみてください。

怖いと感じている人の多くが「失敗できない…」「答えられなかったらどうしよう…」と全ての質問に対してスラスラ答えられないといけないと思ってしまっています。

たしかに回答に詰まらずスラスラ答えられたら良いですが、そんな完璧な人はなかなかいません。

面接に恐怖を感じている就活生はあなただけではありません。多くの就活生があなたと同じように面接に対して恐怖心を抱いています。

うまく答えられなくても大丈夫です。プレッシャーをかけ自分を追い込むのではなく「つまっても大丈夫だ」と言い聞かせ、自分の言葉でしっかりと面接官に気持ちを伝えることを大事にしましょう。

面接の経験を積む

面接に慣れる一番の方法は経験をたくさん積むことです。

怖いから逃げたいという気持ちはわかりますが、逃げていたらいつまでも怖いままになってしまいます。

経験を積み慣れれば怖いという気持ちもなくなるはずです。

いきなり実際の企業の面接だとハードルが高いという人は、まずは大学のキャリアセンターなどで模擬面接を行ってもらうのも効果的です。

就職エージェントに相談する

就職エージェントを利用してみるのもオススメです。

就職エージェントでは各企業の評価基準をもとに担当のキャリアカウンセラーが面接のアドバイスを行ってくれます。

また面接後仮に不採用になってしまった場合は、なぜ不採用だったのかを教えてもらえる場合があります。

そうすることで自分の面接での欠点を知ることができ、次に活かすことができます。

就職エージェントneoでは、紹介した企業の細かい情報提供や合否理由を知ることができるため、面接に少しでも不安がある方はぜひご利用ください。

就職エージェントneo就活相談

怖がっているのは伝わってしまう!

面接に対して恐怖心を持っていると自分が思っている以上に相手に伝わってしまいます。

恐怖心を感じている人は「オドオドしている」「声が小さい」「目線が下になっている」など、自分では案外気づきにくいですが、無意識のうちに態度に出てしまっていることが多いです。

企業は採用活動を通して自社で活躍してくれる人材を探しているため、「ハキハキしていて自信を持っている就活生」と「オドオドしていて頼りなさそうな就活生」では圧倒的に前者の「ハキハキしていて自信を持っている就活生」を選びますよね。

怖いという気持ちがあるのは仕方のないことですが、できるだけ早く恐怖心を克服し、自分に自信を持って面接に臨めるようにしましょう。

まとめ

本記事では面接が怖いと感じてしまう原因やその対策方法について紹介してきました。

まだ面接に慣れていない就活生が面接に対して怖いと感じるのは当然であるため、あまり気にしなくて大丈夫です。

しかし怖い怖いと思ったまま就活を続けるのは結果にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

できるだけ面接に対する恐怖心をなくせるよう本記事で紹介した対策方法を試してみてください。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス
(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。
メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」のキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ