就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

「就活に疲れた…」休んでもいいの?リフレッシュ方法を知りうまく付き合おう

「もう就活に疲れた…休みたい」就活を長く続けているとこのような気持ちになってしまう人もいるでしょう。

就活では選考を受ける前の準備段階からやるべきことがたくさんあり、選考を受けるまでに疲れてしまう人も多くいます。

選考が始まったら1日に複数社の説明会に参加したり、選考を受けたりなど、就活生の1日はとてもハードです。

そこで本記事では就活に疲れてしまう理由や就活疲れの対処法を紹介していきます。

就活に疲れて悩んでいる人はぜひ本記事を参考にして疲れをとってください。

就職エージェントneoの就活支援サービス
目次

就活に疲れてしまう理由

就活に疲れてしまう理由は人によって異なりますが、ここではよくある理由を紹介していきます。

自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

選考が続いている

就活に疲れる理由として多いのがシンプルに選考が続いて疲れたというものが挙げられます。

人によって差はありますが、多い人だと1日に2社以上の選考を受けることもあります。

1日に何社も選考を受けるのは体力的にも精神的にもとてもきついですよね。

また就活は選考を受けている時だけでなく、選考結果を待っている時間も緊張するため、就活期間は常に緊張感が抜けず疲れやすいと言えます。

就活に対する不安や焦り

周りと比較しても良いことなどないとわかっていてもどうしても周りの友達と自分を比べてしまうというのは就活生あるあるだと思います。

頑張っているのに全然内定がもらえず「このままどこからももえらないんじゃないか」「就職できないんじゃないか」という不安や焦りが出てきて、精神的に疲れてしまいます。

このような場合は自分が志望している企業から内定を獲得すれば次第と解決していきますが、それまではとても大きいストレス要因だと言えます。

やることが多い

就活期間中はESや履歴書を書くために自己分析や業界・企業研究を行ったり、選考を通過するためにWEBテストの勉強や面接練習など、やることがたくさんあります。

これらの全てはゴールがなくどこまでやればOKという明確な決まりがあるわけではありません。

そのため就活生は終わりの見えないことを頑張り続けなければいけないということに疲れてしまうケースが多いです。

また応募した企業が多ければ多いほどやることも多くなるため、闇雲にエントリーしまくるのは疲れてしまう原因になりやすいでしょう。

就活疲れの対処法

就活に疲れてしまうのは仕方のないことですが、就活を長く頑張るためにもできるだけ解消していきましょう。

ここでは就活疲れの対処法を3つ紹介していきます。自分に合った対処法を選び実践してみてください。

優先順位を付け力を入れるものと入れないものに分ける

上述したように、応募企業が多ければ多いほどやるべきことは多くなります。

そのため「やることが多くて就活に疲れてしまった」という人は、応募した企業に優先順位をつけ力を入れるものと入れないものに分けてみてください。

力を入れないものに分類した企業の中から受ける企業を減らし、負担を軽くするというのも一つの手としてあります。

もし企業数を減らす場合は後で後悔しないよう、しっかりと考えた上で判断するようにしましょう。

気分転換する

「もう就活疲れた…休みたい」という人は気分転換をしましょう。

ただズルズルと休んでしまうのは時間がもったいないため、以下の効果的なリフレッシュ方法を試してみてください。

●音楽を聞く
●体を動かす(ランニングなど)
●読書をする
●友達や家族と話す
●就活を一時忘れる

人間はストレスを抱えた状態が続いてしまうと、ストレスに対する抵抗力が減ってしまいます。

ストレスは免疫力にも大きな影響を与えてしまうと言われているため、できるだけためないようにしたいですよね。

ストレスのような精神機能を安定させるためには、身体的機能の正常化が非常に重要となってくるため、就活生の皆さんは身体的機能を正常化させるためにも以下を意識した生活を送ってみてください。

❏ストレス解消

運動:1日15分、体を動かす
睡眠:できるだけ毎日十分な睡眠を取る
休息:気持ちを切り替え、心にゆとりを持たせる
栄養:栄養のバランスを考えた食事をとる
入浴:入浴は新陳代謝を促進する

またリフレッシュ方法のところで紹介した「就活を一時忘れる」については以下の動画で就活を一旦止めるべきタイミングについてお話しているので、気になる方は御覧ください。

第三者に相談する

就活に疲れてもう自分だけで続けていくのはきついという方は誰かに相談してみましょう。

就活は一人でやらなければいけないものではありません。つらい時や困った時は誰かに相談しても良いんです。

全て一人でやろうと自分を追い込み過ぎないでください。

相談する相手は信頼できる家族や友達でも良いですし、就活のプロである就職エージェントに相談するのも一つの手です。

励ましてもらいたいのか、ただ話を聞いてほしいのか、具体的なアドバイスがほしいのか、今自分に1番必要なものは何なのかを考えてから、相談する相手を決めるようにしましょう。

就職エージェントneo就活相談

就活を一旦辞めたらどうなる?

少し休憩するくらいであれば問題ありませんが、長期的に休んでしまうとその年に内定を獲得できる確率は減ってしまうため休む際はこれから先のことを考えた上で決断することが大切です。

ここでは長期的に就活を休んでしまった場合のその後の選択肢を紹介します。

その年の就活は諦めて次の年にまた就活する場合は「就職留年」と「就職浪人」という2つの選択肢があります。

就職留年とは「就活はしたが就職はせず、再度来年度の就職に向けてもう1年学校に通うこと」、就職浪人とは「大学を卒業し、既卒として就活を継続すること」というものです。

それぞれのメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく紹介しているので、この2つを考えている人はぜひ読んでみてください。

▶参考:就職浪人って不利?今からでも間に合う対策方法を紹介

他には就活から離れるという選択肢もあります。就活以外の選択肢は以下になります。

✓進学
✓留学
✓資格を取得する
✓フリーランスや起業
✓フリーター

これらの詳細やフリーターから正社員になる際のリスクについては以下の記事で紹介しているので、就活以外の選択肢を考えている人はぜひ読んでみてください。

▶参考:ここにリンクを貼りたいテキストを入れる ※そもそも働きたくない

まとめ

本記事では就活に疲れてしまう理由や対処法について紹介してきました。

就活に疲れるのはあなただけではありません。誰もが疲れるものです。疲れを感じたら一旦休むのも良いですが、休み過ぎには注意してくださいね。

自分の就活スケジュールを再度見直してみて、自分にできる範囲で計画的に行うようにしましょう。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス
(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。
メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」のキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ