就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【長所一覧表】効果的な伝え方を例文を交えて紹介!

志望動機と自己PRの作り方とは?_CTA

目次

「長所ってどのレベルのものを書いていいんだろう…?」「長所が思いつかない…」このような不安や疑問を感じている就活生もいるでしょう。

そのような人に向け、本記事では就活生がよくアピールする長所一覧や効果的な伝え方、長所の見つけ方を紹介しています。

また、長所を回答している例文も紹介していますので、回答のイメージが湧いていない就活生は参考にしてみてください。

企業が長所を聞く意図

まずは企業が長所を聞く意図について紹介します。意図を把握しておかないと企業が求めている回答とずれてしまう可能性があるため、事前に把握しておきましょう。

自社の業種や雰囲気に合っているか判断するため

企業と学生の相性は、入社後のモチベーションに大きく影響してくるため、企業にとっても就活生にとっても非常に重要と言えます。

そのため企業は長所を通してその学生の性格を把握することで、自社の仕事内容や雰囲気とマッチしているかどうかを判断しようとしています。

万が一ミスマッチがおきてしまった場合、早期離職につながる可能性も考えられることから、企業はあらかじめその学生がどのような人材であるのかをチェックしているのです。

入社後に活躍できる人材であるかを見極めるため

新卒採用では、一般的にスキルではなくポテンシャルを重視したポテンシャル採用となります。

つまり企業はその就活生が将来自社で活躍できるポテンシャルがあるかどうかを判断するために、長所を聞いているということです。

また、その長所が自社の求めている人材像に合致しているかどうかもチェックしています。

自己分析ができているか判断するため

自分を客観的に見るというスキルは働く上で大切なスキルです。

自分を客観的に見ることができれば、社会に出た際、自分の役割や動きが明確になるため、志望企業で活躍できる可能性が高くなります。

つまり自己理解力が高ければ高いほど、成果を出せる可能性が高いということです。

このことから、企業は面接の際に学生が自分自身を客観的に判断できる資質を持っているかどうかをチェックしていると言えます。

面接に苦手意識がある_青

就活でアピールできる長所一覧

ここでは就活でよく使われている長所を紹介します。どんな長所をアピールすれば良いかわからないという就活生は参考にしてみてください。

協調性がある

企業が求める「協調性」とは、他の人や部署と円滑なコミュニケーションをとり、チームとしての目標達成に向けて協力し合うことができる能力や態度のことを指します。

気配り力がある

企業が求める「気配り力」とは、周囲の人や状況に対して気を配り、適切な判断や行動をとる能力のことを指します。

継続力がある

企業が求める「継続力」とは、物事を最後まで継続する力や、長期的な視点で取り組む力のことを指します。

責任感がある

企業が求める「責任感」とは、自分の仕事や役割に対して真摯に向き合い、最後まで責任を持って取り組む姿勢のことを指します。

真面目

企業が求める「真面目さ」とは、仕事に真剣に取り組む姿勢や、誠実さ、正確さ、誠実さなどを含み、社会的責任感を持っている人のことを指します。

ストレス耐性が強い

企業が求める「ストレス耐性」とは、困難な状況やプレッシャー、ストレスがかかる状況でも冷静に対処できる人や、適切なストレスコントロール方法を持っている人を指します。

世話好き

企業が求める「世話好き」とは、他人への気配りや思いやり、チームワークを意識した姿勢を指します。

主体性がある

企業が求める「主体性」とは、与えられた仕事をこなすだけでなく、自ら考え行動する能力や、主体的に業務に取り組む姿勢を指します。

相手の気持ちを尊重できる

企業が求める「相手の気持ちを尊重できる」とは、他人の立場や感情に配慮し、相手の意見や考え方を受け入れることができる能力を指します。

調整力がある

企業が求める「調整力がある」とは、異なる立場や価値観を持っている人の意見を調整し、全体の目標や方針に沿って効率的な業務遂行を実現する力を指します。

ポジティブ

企業が目指す「ポジティブ」とは、前向きな思考や態度を持ち、チャレンジ精神に富んでいることを指します。

目の前のことに集中できる

企業が求める「目の前のことに集中できる」とは自分がやるべきことに集中して取り組み、最善の結果を出すことができる能力を指します。

柔軟性がある

企業が求める「柔軟性」とは、状況に応じて臨機応変に対応し、最善の解決策を見つけることができる能力のことを指します。

好奇心旺盛

企業が求める「好奇心旺盛」とは、新しいことに興味を持ち、積極的に学び、探究する能力を指します。

努力家

企業が求める「努力家」とは、仕事に対して熱心であり、努力や粘り強さを持って取り組むことができる能力を指します。

物事を慎重に考えることができる

企業が求める「物事を慎重に考えることができる」とは、状況や問題に対して冷静かつ正確に判断し、慎重な対応ができる能力を指します。

素直

企業が求める「素直さ」とは、指示やアドバイス、意見などを素直に受け止め、迅速かつ正確に実行する能力や姿勢を指します。

論理的思考力がある

企業が求める「論理的思考力」とは、問題解決や意思決定にあたって論理的に分析した上で、適切な解決策を導き出す能力のことを指します。

忍耐力がある

企業が求める「忍耐力」とは、困難な状況や長期的な目標達成に向けて、辛抱強く努力を続けることができる能力のことを指します。

行動力がある

企業が求める「行動力」とは、自ら主体的に物事を進め、即座に行動に移すことができる能力のことを指します。

積極性がある

企業が求める「積極性」とは、自発的に物事に取り組み、積極的に行動する力のことを指します。

几帳面

企業が求める「几帳面」とは、物事をきちんと整理し、細かい点まで注意深く取り組むことができる性格や能力を指します。

向上心がある

企業が求める「向上心」とは、自分自身や業務、組織の成長に対して積極的に向き合い、常に改善や発展を目指そうとする姿勢のことを指します。

負けず嫌い

企業が求める「負けず嫌い」とは、失敗を嫌い、常に自分自身や組織の目標を達成するために努力を惜しまない姿勢のことを指します。

リーダーシップがある

企業が求める「リーダーシップ」とは、自らの意志で他者を導き、目標を達成する能力のことを指します。

計画性がある

企業が求める「計画性」とは、与えられた目標や課題を達成するために、効率的かつ体系的に計画を立て、実行する能力のことを指します。

粘り強い

企業が求める「粘り強さ」とは、目標や課題に向かって、諦めずに最後まで取り組む力や忍耐力を指します。

チャレンジ精神がある

企業が求める「チャレンジ精神」とは、新しいことに積極的に取り組む姿勢や、困難な課題に果敢に立ち向かう意欲のことを指します。

傾聴力がある

企業が求める「傾聴力」とは、相手の話をよく聞き、理解した上で、円滑なコミュニケーションを取ることができる能力を指します。

交渉力がある

企業が求める「交渉力」とは、他者とのコミュニケーションや協働において、相手の考えを理解した上で、自分自身の意見や要望を適切に伝え、双方が納得できるように調整する力のことを指します。

ES対策サポート_CTA

長所の見つけ方

ここでは自分の長所がわからないという就活生に向けて、長所の見つけ方を3つ紹介します。3つの中で自分に最も合ったやり方を試してみてください。

自己分析をする

自分の長所がわからないという人は自己分析を行ってみると良いでしょう。

自己分析を通して過去の自分を見つめ直すことで、今まで気づかなかったあなたの長所を見つけることができるはずです。

自己分析と言っても、様々なやり方が存在しますので、自分に合った方法で試してみてください。

ここでは簡単に自己分析の種類とやり方を紹介します。

■マインドマップ

マインドマップは思考を紙に書き出すことで可視化することができるため、頭の中を整理しつつ自己分析を進めたいという方にオススメな自己分析方法です。

自己分析_マインドマップ

マインドマップを行う手順は以下の5ステップになります。

(1)中央に主題を書く
(2)テーマを設定する
(3)それぞれの項目に「なぜ?」と問いかける
(4)価値観をまとめる
(5)分析結果と合うような企業を選ぶ

詳しいやり方については以下の記事を御覧ください。

■ジョハリの窓

ジョハリの窓は自分が思っている自分と、周りの人が感じている自分の印象を見比べることで、本当の自分を見つけることができます。

自己分析_ジョハリの窓

ジョハリの窓を行う手順は以下の4ステップ

(1)複数人集めて用紙を用意する
(2)「自分」に該当する項目を書き出す
(3)「他者」に該当する項目を書き出す
(4)「4つの窓」に分類する

詳しいやり方については以下の記事を御覧ください。

■モチベーショングラフ

モチベーショングラフは幼少期から現在までの出来事のモチベーションを書き出すことで、自分のモチベーションの源泉を知ることができます。

自己分析_モチベーショングラフ

モチベーショングラフを作成する手順は以下の5ステップです。

(1)2つの軸を書く
(2)出来事を具体的に書く
(3)出来事が起こった際の感情や思考を書く
(4)感情や思考に共通点を探す
(5)言語化する

詳しいやり方については以下の記事を御覧ください。

■SWOT分析

SWOT分析は自分の長所・短所などの内部要因、就活市場、業界の動向などの外部要因をかけ合わせて、自分について考えていく自己分析方法です。

自己分析_SWOT分析

SWOT分析を行う手順は以下の5ステップです。

(1)自分の長所・強みを書き出す
(2)自分の短所・弱みを書き出す
(3)就活市場における自分へのメリットを書き出す
(4)就活市場における自分へのデメリットを書き出す
(5)項目をまとめる

詳しいやり方については以下の記事を御覧ください。

■自分史

自分史は幼少期~現在までの実体験を書き出し、その出来事を深堀りしていくことで自分の価値観や行動パターンを見つけていく自己分析方法です。

自己分析_自分史

自分史を作成する際の手順は以下の2ステップです。

(1)過去の経験を振り返る
(2)過去の経験を”喜怒哀楽”に分類する

詳しいやり方については以下の記事を御覧ください。

周りの人に聞いてみる

自分で長所を見つけるのが難しいという就活生は、家族や友達など、周りにいる人に聞いてみてください。

周りの人に聞くことで自分ではわからなかった強みに気づくことができるためオススメです。

もし、周りに相談できる人がいないという人は就活エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

就活エージェントでは1対1の面談を行っています。面談では就活に関する悩みや相談に乗ったり、企業の紹介など、あなたの就活の悩みを一緒に解決していきます。

一人で就活をしていくことに不安を感じた人は気軽に利用してみてください。

就活相談をする_60秒で簡単登録

短所を強みに言い換える

強みを考えてみたけど、いまいちわからないという人は反対に短所について考えてみてください。

良いところを自分で探すのは難しくても、短所であれば簡単に出てくるのではないでしょうか。

短所が思い浮かんだら、その短所を長所に言い換えます。

例えば「おせっかい」という短所であれば「世話好き」、「神経質」は「几帳面」というように言い換えることができます。

言い換えるのが難しいという人は言い換えの例を以下に載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

長所の伝え方

長所を伝える際は、以下の流れに沿って伝えてみましょう。

(1)結論
(2)エピソード
(3)入社後

まず結論部分では、自分の長所が何なのかを一言で述べます。次にエピソード部分で、なぜそれが自分の長所だと思うのか、過去の経験などのエピソードを交え、具体的に伝えましょう。

この際に数字などを用いてアピールすると、より説得力の強い長所になります。

自分の長所とその根拠となるエピソードを話したら、最後にその長所を入社後どのように活かすかについて話します。

ここは漠然としたイメージを伝えるのではなく、具体的な目標などを述べることができるとさらに良いアピールとなります。

この流れに沿って伝えることができれば、論理的且つわかりやすく長所をアピールすることができるはずですので、参考にしてみてください。

「面接の質問」への答え方の詳細、注意点、面接官のタイプ別対策方法を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

長所の回答例

最後に長所の回答例を紹介します。回答のイメージがついていないという人は例文を参考に考えてみてください。

協調性

私の強みは協調性を大事にしているところです。私の学部は、入学式が終わった後、そこで初めて出会った4人で1つの部屋で生活を始めます。ここで生じる問題は、音と光の問題です。4人それぞれの生活リズムが異なるため、電気の消灯時間、音の制限などお互いに気を使いながらも、時間が経つにつれて不満が生じてきました。

この時に得たものは、何か問題が生じるたびに全員で解決していく力です。当初は不満があっても本人には言えず、陰口を言うことしかできませんでした。しかし、これでは何も解決せず、ルームメイトとの関係が悪化することに気づき、話し合いをすることを提案しました。

お互いの思いをしっかりと相手に伝えれば、相手も快く聞いてくれることがわかり、4人での生活も快適になりました。

【想定追加質問】
⇨自分の思いを伝えるときに気をつけていたことはありますか?
⇨相手の気持ちを理解するために何を心がけていましたか?

向上心

私をひと言で表すと「向上心が強い人間」です。 この性格が醸成されたのは中学時代の全国レベルのサッカーチームでの経験の影響が大きいです。

小学校では「主将でレギュラーという中心選手」から中学校で「試合にすら帯同できない選手」への降格してしまいました。そこから這い上がるために、プライドを捨てて周囲の人に自分の足りない点を聞いて、足りない点を補うための努力を全て実行しました。

その結果最後の大会ではレギュラーまで上り詰めることができました。この過程の中で私の強みが生まれたと考えています。

【想定追加質問】
⇨自分の足りない点は何でしたか?
⇨実際にどのような努力をしたか教えてください。

忍耐力

私の強みは忍耐力です。私は何事も始めたら最後までやり通すことを心がけています。

この力は中学高校の時に陸上部で長距離をしていた時に身に付きました。今まで部活やバイトを辞めずに続けてこられたのも忍耐力があったからだと思います。

今後はアクチュアリーの試験勉強で生かしていきたいと考えています。

【想定追加質問】
⇨アクチュアリーの試験勉強では、具体的にどのように忍耐力を生かそうと考えてますか?
⇨部活やアルバイトで忍耐力が身についたことがわかるエピソードはありますか?

行動力

私の強みは「何事も経験である」と捉え、様々なことに挑戦する行動力があることです。

私は大学入学当初からカフェでアルバイトをしています。接客の他にコーヒーセミナーや人材育成など様々なことに取り組み、二か月前に時間帯責任者に昇格し新店舗の開店に携わりました。時間帯責任者を目指すか決める際も、新店へ異動するか決める際もかなり悩みましたが、自分の成長の機会と前向きに捉え挑戦することを決意しました。

完全に新しい環境の中でお客様や他の従業員との信頼関係構築、更には衣服汚損や設備の故障などの対応といった業務は大変ではありますが、さらなる飛躍を目指し今後も頑張りたいと考えています。

【想定追加質問】
⇨お客様や他の従業員と信頼関係を構築するために大切にしたことはありますか?
⇨「時間帯責任者を目指す」かどうか悩んでしまった理由は何ですか?

継続力

私には「継続力」があります。一度決めたこと、目標に対して明るく前向きに最後まで粘り強く続けることができます。加えて、相手に説明することも得意です。

学生時代にアルバイトで塾講師を経験し、担当した生徒の数学の成績を60点上げた経験があります。最初は正負の違いもままならない生徒でしたが、部活と勉強を両立できるような目標を定めて、計画通りに課題を解いてもらいました。

生徒が理解できるようにグラフや例を挙げ、かみ砕いて説明し、勉強意欲が下がらないように工夫して指導しました。飛躍的に成績を伸ばすことができ良い結果に繋がりました。

【想定追加質問】
⇨目標を決め、計画を立てる際にどのようなことを意識していましたか?
⇨勉強意欲が下がらないようにどのような工夫をしましたか?

責任感

私は責任感があります。ゼミのグループで話し合いをする際は積極的に意見やアイデアを出すようにしていました。ただ意見を出すだけではなく、自ら出した意見には責任を持ち、しっかりとグループのメンバーに想いや考えが伝わるように心がけていました。

また、他のメンバーから仕事をお願いされた場合にも責任感を持って取り組んでいました。私は毎回、「いつまでに仕上げればよいのか」や、「何を優先的に進めればいいのか」を確認し確実に期日までに仕事を終わらせることができます。

これらの経験から、「自らの発言・行動への責任」と「相手に頼まれた事に対する責任感」、2つの責任感が私には備わっていると言えます。

【想定追加質問】
⇨メンバーに想いや考えを伝えるためにどのようなことを心がけましたか?
⇨期待されている以上の成果をあげるためには何が必要だと考えていますか?

計画性

私の長所は計画性があるところです。現在進めている研究は、私の研究室では誰も取り組んだことのない新しい研究内容で、基本的な実験で失敗することも多く、なかなか研究が進まない時期がありました。

しかし、何事もやるからには成果を出したいと思い、必要なデータを短期間で確実に得れるよう、必要な工程、予想されるトラブルを鑑みて研究計画を立てるようにしました。

万が一何か上手くいかなくてもその状況を冷静に受け止め、何を優先的にするべきなのか即座に判断できるようになりました。この経験から、普段から計画的に行動しチャンスをしっかり掴むことの大切さを学びました。

【想定追加質問】
⇨研究内容を教えてください。
⇨優先順位を即座に判断できるようになるために、何か意識していたことはありますか?

主体性

私の強みは主体性だと考えています。私がアルバイトをしている飲食店は、開店当初客足の少なさに悩まされていました。

そこで私は初来店のお客様へは他店にはない商品のおすすめなど、自店ならではの良さを伝え再び来店してもらえるよう試み、再来店のお客様へは距離の近いコミュニケーションを図り、常連のお客様となってもらう努力をしました。

結果として店は客数の増加に成功し、この経験から自ら考え積極的に動くという主体性を身につけることができました。

【想定追加質問】
⇨「距離の近いコミュニケーション」とは具体的にどのようなものですか?

チャレンジ精神

私にとってチャレンジとは、新しいアイディアで現状の課題に取り組むことです。具体的にはアルバイト先で多くのお客様にカフェを楽しんでもらう工夫をしました。

勤務先の店舗では満席状態が続き店内を利用できず帰るお客様が多くいましたが、今までの対策は「席の利用は2時間まで」という声掛けのみで、効果がありませんでした。そこで、「カフェを楽しむことができないお客様が多い状態を解決したい」という想いから、試飲制度を提案しました。

客席を周り、試飲を1時間に1回行いお客様の滞在時間を可視化しました。カップが2つ溜まったお客様に声をかけ、追加注文をお願いし結果としてお客様の回転率を上げることができ、より多くのお客様にカフェを楽しんでいただくことに成功しました。

この経験から新しいことにチャレンジする楽しさを学びました。

【想定追加質問】
⇨新しいアイディアを考える際に意識していることを教えてください。

負けず嫌い

私の強みは「負けず嫌いで人一倍努力するところ」です。 幼いころから勝ち負けがはっきりしたサッカーというスポーツの世界で生きてきて、常に私の中では上達したい、勝ちたいという思いが強くありました。

そのため部活動の後、夜の公園で練習したり、テスト期間中でも練習を行い、少しでも技術が上達するよう行動しました。

また、その際、「体力」を重点的に強化することで、私だけの武器も身に着けることができました。その結果、チームに貢献できるようになりました。

このことから、人よりも努力をして自分だけの突出した何かを身に着け、努力を続けることの重要性を学びました。御社でも、結果を出すために、努力を続けていきたいと思っています。

【想定追加質問】
⇨なぜ「勝ちたい」という思いがあったのですか?そう思うようになったきっかけがあれば教えてください
⇨自分に足りないものを把握するために何をしましたか?

傾聴力

私の強みは傾聴力です。クレジットカード加入の勧誘アルバイトをしており、申し込みを断るお客様には無理に加入を勧めず、断る理由を話に共感しながら聞き出すことを心がけていました。

そしてお客様ごとにメリットを取捨選択して伝えるということも意識していました。この結果、キャンセル率をアルバイトの中で最も低くすることができました。

私は対話を重ねお客様からの信頼を獲得し、考えを引き出すことに自信があるため、テクニカルサービスでこの強みを活かせると考えます。

【想定追加質問】
⇨足を止めてもらうためにどのように声掛けをしていたのですか?

もっと多くの例文が見たいという方は以下の記事をご覧ください。

ユニスタイル_ES_CTA

まとめ

本記事では就活生がよく使う長所の一覧や伝え方、見つけ方について紹介してきました。

文中でもお伝えしましたが、企業は就活生の長所を通して自社とマッチしているか、入社後に活躍できる人材であるかを判断しようとしています。

そのためアピールする長所を選ぶ際は、志望企業で活かせるような長所を選ぶようにしましょう。また志望企業で活かせる長所を知るためには、企業研究をしっかりと行ってください。

24年卒の就活相談受付中_オレンジ

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

就職エージェントneoの専属アドバイザーは、あなたが内定を獲得する最後まで伴走してくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。

本記事を読んで「就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoのサービス_今すぐ無料で相談する

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ