就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

「就職の後悔先に立たず」大手・中小・ベンチャー企業の違いとは?

就活でお祈りメールを見るたびに「これで本当に良いのかな?」「このままでは後悔するのでは?」と考えている人も多いかと思います。理由として考えられることは、「これがやりたい!」という思いを持って就活が進められていないことが考えられます。

更に大手志向が強く、中小企業等を視野に入れていなかったことも考えられるでしょう。就活後半になるにつれて大手企業の募集が終了し、中小企業にも幅を広げようかなという人もいるのではないでしょうか?

本記事では、大手企業と中小企業、ベンチャー企業の違いや企業規模を広げる際にやり直すべきことを紹介しています。ES提出や面接を行う前に、中小企業とは何か?大手企業等との違いは何があるかを理解しておきましょう。

目次

中小企業とは?

中小企業庁等の中小企業関連立法によると、政令によりゴム製品製造業(一部を除く)は、資本金3億円以下または従業員900人以下、旅館業は、資本金5千万円以下または従業員200人以下、ソフトウェア業・情報処理サービス業は、資本金3億円以下または従業員300人以下を中小企業としています。

つまり、資本金や従業員数がある一定の数値よりも低い企業を中小企業と呼んでいます。

大手企業・中小企業・ベンチャー企業の違いは?

ここでは、大手企業や中小企業、ベンチャー企業の違いについて紹介します。それぞれの違いを理解した上で、自分はどの規模感の企業がマッチしそうなのかを考え、後悔しない就活を行いましょう。

大手、中小、ベンチャーの違い
▶参照元:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」

❏大手企業

昇進等を重視する人にとっては勤務年数に比例してキャリアを築かないといけないことに苦しさを感じるかと思いますが、安定性を求めている人には働きやすい環境かと思います。

❏中小企業

新規事業等にも挑戦したい人にとっては物足りなさを感じやすいですが、アットホームな環境で働きたい人にとってはマッチしやすいでしょう。

❏ベンチャー企業

チャレンジ精神がない人にとっては環境とのギャップに苦しく感じてしまうかもしれませんが、成長意欲がある人はやりがいを感じやすいかと思います。

他にも就活の幅を広げるヒントがほしい!自分にマッチしそうな職種が知りたい!という人は下記URLを見てみましょう。

▶参考:選んだ企業や職種はミスマッチかも!?-「就活に向いていない」と思う原因と解決策-

更にもっと違いを深く知りたいと思った人は、就活エージェントに聞いてみるのも1つの手です。大手企業から中小企業、ベンチャー企業と幅広い企業と取り引きをしているので、知りたい情報を教えてくれます。

就職エージェントneoの就活支援サービス

就職先の企業規模を変えるならやり直したい4つのこと

人によっては、大手企業から中小・ベンチャー企業への就職を考え始めているかと思います。その際に気をつけてほしいことは、今の状態で就活を進めないということです。

上述しましたが規模感によって、働き方やキャリア等が変わってきます。そのため、調べていた業界や企業内容等だけでは情報が足りないということがあります。そのため、再度4つの対策を行って、これからの就活に備えましょう。

自己分析

まずは、自分がやりたいことや興味のあることが中小やベンチャー企業で行えるのかを再確認してみて下さい。自分軸と大きなズレがある場合は、本当に中小企業で良いのかを考え直さないといけなくなります。面接等の段階でやり直さずに済むように、再度自己分析をやり直しておきましょう。

自己分析の種類を紹介するので、自分に合うやり方を見つけてみてください。

【自己分析の種類】
・マインドマップ   :自分の思考を整理することが出来る方法
・ジョハリの窓    :自分から見た自分と周囲が感じている自分を比べることが出来る方法
・モチベーショングラフ:自分のモチベーションとなる源泉を知ることが出来る方法
・SWOT分析     :自分の長所・短所、市場や業界の動向等から自分について深堀りする方法
・自分史       :過去の実体験を書き出し、出来事を深堀りする方法
・他己分析      :客観的立場から自分の強みや弱みを聞くことで、自分を深堀りする方法

詳細なやり方を知りたい人は下記のURLを確認してみてください。自己分析である「マインドマップ」「ジョハリの窓」「モチベーショングラフ」「SWOT分析」「自分史」について紹介しています。

▶参考:【まとめ】自己分析のやり方5選紹介!図付きでわかりやすく解説

業界・企業研究

大手志向になっていたのであれば、業界や企業の情報収集に偏りがあるのかもしれません。幅を広げ、行きたいと思える企業に出会うためにも業界や企業研究をし直してみましょう。

幅を広げる際は、興味のある業界や企業と取り引き(関連)のある業界や企業を探す方法があります。探し方は、就活サイトの「関連企業」等の項目から探すことが出来ます。

中小やベンチャーを探すことが難しいという人は、就活エージェントを利用してみるのも1つの手です。情報提供だけでなく、様々な業界や企業の中からあなたにマッチした業界や企業を紹介してくれます。

業界の選び方やビジネスモデルを知る方法を詳しく知りたい人は、下記URLを確認してみましょう。

▶参考:たった4ステップで業界研究を完璧に!誰でも簡単にできるやり方を紹介

ES・面接対策

企業規模によって働き方等が変わるため、必然と企業のカラーや求めている人材も変わってきます。そのため、自分の書いたESが企業が求めている人材とマッチしているかの再確認してみて下さい。また、面接ではESで書いた内容をきちんと自分の言葉で話せるのかを確認しましょう。

ESを作成する際の書き方や注意点等を再確認したい人は下記URLを確認してみて下さい。志望動機やガクチカ、自己PRについて紹介しています。

▶参考:
・志望動機の書き方~選考通過率をUPさせる方法~評価される「ガクチカ」の書き方を解説|見直しに役立つ”チェック表”つき企業から評価される自己PRの書き方とは?ポイントや注意点をわかりやすく解説

面接で好印象を与える服装や好印象を与える面接マナー等についても再度確認したい人は、下記URLを確認してみて下さい。

▶参考:
・【就活】面接で好印象を与える服装|スーツから私服まで紹介面接官に好印象を与える面接マナー|入退室から回答方法、服装、持ち物まで【面接】質問の正しい答え方|面接官のタイプ別に特徴と対策を紹介

就活のプロに相談する

就活をやり直す方法を紹介しましたが、詳しく中小企業のことを理解出来なかったという人も多いのではないでしょうか?更に就活サイトやHPで企業を確認しても「結局何が違うの?」「どれが中小企業なの?」と悩むこともあると思います。

その時は、中小企業のことをよく知っている就活のプロに相談してみましょう。大手企業との違いはもちろんのこと、あなたの強みやマッチする業界(企業)を紹介してくれます。

それだけでなく、紹介した企業から内定がもらえるようにサポートしてくれるので、安心して就活を進めることが出来ます。就活に少しでも悩みや不安を抱えている人は利用してみて下さい。

就職エージェントneo就活相談

まとめ

本記事では、中小企業について大手企業やベンチャー企業との違いを含めて紹介してきました。1番良い就活は、自分が納得感を持って就職先を決め、後悔しない選択をすることです。

企業規模を変更することは勇気がいりますし、分からないことも多いかと思います。それでも幅を広げてみようと思った気持ちを大切にするためにも、不安や悩みを持っている場合は1人で抱え込まずに就活エージェントを使ってみましょう。

就活エージェントがあなたの思いに寄り添って、相談に乗ってくれます。就職後に就活を頑張って良かったと思えるような就活をしましょう。

就活エージェントneo

就職エージェントneoでは専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれるa
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性があるa

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ