職種

【職種】カテゴリ

データアナリスト

データアナリストの志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~ データアナリストは、膨大なビッグデータを解析・統計するのが専門の仕事です。分析することがメインの業務なので、人によっては退屈に感じることもあるかもしれません。 しかし、[su_highlight background="#fbf54a"]データ分析によって企業の抱える問題点や課題点が可視化されるため、経営の立て直しにも大きく貢献できます。企業の中枢に関われる仕事なので、大きなやりがいを感じられるでしょう。[/su_highlight] データアナリストの3つのトレンド データアナリストのトレンドは、大きく分けて3つあります。以下で、データアナリストのトレンドについて詳しく紹介します。 ビッグデータ時代の到来でデータアナリストの需要が高まる 時代の変化に伴い、ビッグデータは企業の資産となり、マーケティングを行ううえでも必要不可欠です。しかし、膨大なデータがあっても、それらを収集して管理し、活用しなければ意味を成しません。 このような時代にデータ分析のプロフェッショナルであるデータアナリストの存在は貴重であり、今後も需要が拡大することが予想されます。 データアナリストの人材不足 加速するIT化により、IoTやAIを導入する企業は今後さらに増加する見込みです。企業にとってデータ分析は、もはや必要不可欠な業務です。 その一方で、データ分析に必要な統計学やクロス集計分析などの専門的なスキルをもつ人材が追いついていない現状があります。データアナリストに必要な資質とスキルを持ち合わせた人材は貴重であり、今後さらに需要が高まるでしょう。 就職先の多様化 データアナリストの就職先は、コンサル会社だけにとどまりません。膨大なデータを抱える大手の通信会社や金融機関、監査法人、さらに大学や民間の研究機関でも、経営戦略や研究開発、政策立案のためのデータ分析が必須であり、データアナリストが大きく活躍できる場所です。 どこで働くかによって業務内容は異なるので、自分の適性に合った就職先を見極めて選ぶことが大切です。 データアナリストであると便利な資格 データアナリストになるために、資格が絶対に必要なわけではありません。しかし次に紹介する資格をもっていることで、データアナリストに必要な専門的な知識がある、という証明になります。採用時に有利になり業務を進めるうえでの強みにもなるので、ぜひ参考にしてみてください。 統計検定(日本統計学会公式認定) データアナリストに必要な統計学の知識があることが証明できるため、採用時に有利になります。とくにエンジニア型データアナリストを志望する方は、統計学の専門知識が必須なので、統計検定2級以上の資格があると強みになります。 オラクルマスター(日本オラクル社認定) オラクルマスターを取得することで、「Oracle Database」の操作に必要なSQL文に関する知識と技術力があることを証明でき、データアナリストとしての活躍の幅も広がります。 OSS-DB技術者認定資格(LPI-Japan認定) オープンソースのデータベースに関する知識と技術力があることを証明できます。採用時に有利になり、データアナリストの実務に役立ちます。 データアナリストの仕事内容 データアナリストの業務を、すぐにイメージできない方も多いかもしれません。データアナリストには、データ解析をしながら具体的な解決策を提案する「コンサル型」と、顧客の行動パターンを分析し商品やサービスの開発に必要なデータを提供する「エンジニア型」があります。 以下で、データアナリストの基本的な仕事内容について詳しく紹介するので、チェックしてみてください。 データの整理 膨大なデータを集計し整理することは、データアナリストの仕事の基本です。いかにデータを取捨選択できるかどうかも、業務の進行スピードや結果を左右します。 データの分析 データを分析しながら、問題点や改善点を探り出す作業です。ここがデータアナリストの仕事の肝となる部分といえるでしょう。データから浮かび上がる課題を読み取る洞察力が求められます。 エンジニア型データアナリストの場合、データ分析の際にアナリティクス業務やコードを書くなどの高度なITスキルを用いた作業をおこないます。そのうえで、サービスや品質のクオリティを底上げすることに注力します。 レポートの作成 コンサル型データアナリストは、データから読み取った改善点を基にして、クライアントの目的達成のための戦略をレポートにまとめます。ロジカルにわかりやすくまとめる力と、的確に伝える力が求められます。 プレゼンテーション レポートを基に、対策案&仮説をクライアントにわかりやすく提案します。プレゼンテーション能力の高さがものをいう場面です。 データアナリストの志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際に、とくに意識したいのがデータアナリストを志望する具体的な理由です。さらに、なぜその企業を選んだのかを明確に書き、ロジカルな文章でアピールしましょう。 なぜその職種か データアナリストに興味を持ったきっかけや志望した理由を、具体的に書きましょう。データアナリストとしてどのように活躍していきたいか、入社後の目標も書くと、より熱意が伝わります。 データアナリストは分析能力と情報を咀嚼する能力を求められるため、論理的で無駄のない文章を心がけるようにしましょう。 データアナリストでアピールすべき強み データアナリストは膨大なデータを扱う仕事です。情報処理スピードの早さや理解力の高さが求められます。 常に経済や世界の動向にアンテナを張り、経営者目線で物事を考えられることは、大きな強みになります。現状に満足せず勉強し続けられる人や、データから問題点や改善点を見い出す洞察力がある人は、データアナリストに適しています。 なぜその企業か 志望する企業の専門分野や特色を分析したうえで、自分が何を提供できるのかを具体的に書きましょう。 例えば、Webメディアを運営する企業を志望するなら、より高度な統計解析のスキルが求められます。その企業で活かせる自分の優位性が何なのか客観的に分析して、志望動機に記述しましょう。 実際に志望動機を書く際には、以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] データアナリストの志望動機のNG例 次に紹介するのは、データアナリストの志望動機のNG例文です。どの部分がNGなのか、その理由も細かく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私が御社を志望するのは、プログラミングが得意だからです。数学や統計学、R言語、SQLについての知識には自信があります。 分析の作業を苦に感じることもありません。私がもしデータアナリストを仕事にできたら、自分の力を発揮できると思います。[/su_box] →なぜその企業を志望したのかが書かれておらず、データアナリストを志す理由も「自分が得意なことだから」という安易な理由にとどまっています。 また、入社後のビジョンが漠然としており、どこか頼りない印象を与えます。志望する企業やお客様に何を提供できるのか、またデータアナリストとしてどのように活躍したいかを具体的に書くといいでしょう。 データアナリストの志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文を紹介します。どの点が優れているのかも解説しているので、チェックしておきましょう。 [su_box title="志望動機の良い例"]貴社では電力という生活に欠かせないシステムをITで支えており、人の役に立つものづくりをされています。 私は、貴社の「生活をITで支えている」点に共感し、自分もお客様の生活を支える仕事がしたいと思いました。また、貴社はインフラ業のユーザ系SIerの中でもデータアナリストの職種があり、研究で行ったデータ分析の技術を活かしたいと考えたため、志望しました。 もしデータアナリストとして働く事ができたら、大規模で高品質なシステムの開発に携わることから自らの技術を上げ、成長できると考えています。[/su_box] →志望する企業のメリットを理解しており、データアナリストになりたい理由もしっかりと書かれています。企業理念に共感している点を示すことで、自分がなぜこの企業を志望したのかを伝えられています。 入社したら自分がどんな価値を提供できるのか明記しているので、働く姿をイメージしやすく、印象の良い志望動機になっています。 まとめ データアナリストはデータを分析すればいいだけの仕事ではなく、分析したデータを経営にどう活用できるかが重要です。 データアナリストは経営の中枢に関わる仕事なので、経営者的思考力や時代を読む力、プレゼンテーション能力を鍛えておく必要があります。志望動機を作成する際には、志望する企業の企業研究も入念におこないましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

事業開発

事業開発の志望動機の書き方と例文 事業開発職の仕事は「企業の存続に関わる重要な仕事であるためプレッシャーも強く、激務である」というイメージを持っている方も多いでしょう。しかしその分、[su_highlight background="#fbf54a"]市場や競合他社、自社についてのデータを収集分析、経営戦略をプランニングするというビジネスの根幹を幅広く学ぶことができる仕事です。[/su_highlight] また、中小零細規模の企業では、社長や経営陣が担うような仕事を事業開発職が担うことになります。よって、企業のエース的な人物が抜擢されることが多いでしょう。事業開発職は企業の経営を左右するやりがいのある職種です。 事業開発職のトレンド 事業開発職の仕事に関する2つのトレンドについて紹介します。 まず1つ目のトレンドとして、事業開発職は海外M&Aなどによりその活動の場が増える見通しとなっています。現在日本では、人口減少が急速に進んでいます。それに伴い、企業の海外進出も増加しており、事業開発職は海外での事業展開の中心的役割を果たす機会が増えるでしょう。 そのため、今後は海外での事業展開を担当できる人材の需要はさらに高まると予想されます。将来的には好待遇のヘッドハンティングも期待できるかもしれません。 2つ目は、大手を筆頭に「若手に新規事業を任せるという流れが確立されつつある」ことです。デジタルネイティブである若者向けのサービスであれば、若手のほうが消費者のニーズを掴みやすいということで実際に抜擢し、結果を出している事業もあります。 今後はIT企業を中心に、事業開発職の新卒求人は増えていくと考えられます。 事業開発職であると便利な資格 事業開発職は営業センスだけでなく、財務やマネジメントにも精通していないといけません。またM&Aなどの難しい案件にも携わることもあり、事業開発職になる上で便利な資格をいくつか解説します。 公認会計士 公認会計士とは、企業の監査と会計を専門とする国家資格です。経営者が財務諸表の信頼性を確保するために、公正な役割を担う専門家といえます。幅広い業務範囲を遂行する事業開発職にとって有利に働く資格の一つです。 税理士 税理士資格は会計や税務に関する資格です。税金まわりの業務や節税対策、決算書の作成を行うことができるようになります。また事業開発職として銀行と融資についての交渉を行うこともあるでしょう。 銀行が融資を決める際に見る「貸借対照表」で指摘される可能性がある点を未然に修正するなど、銀行内の格付けで好印象を残せるようなります。 中小企業診断士 中小企業診断士の資格は、企業の経営に関わる知識を横断的に身につけることができます。経営を広い視野で思考できる能力は、現在の仕事だけではなく、キャリアアップや転職、独立開業にも非常に大きな強みとなるでしょう。 MBA(経営学修士) MBA(経営学修士)とは大学院において、経営に必要な高い知識やスキルを得た者にのみ授与される称号のことです。MBAは、税理士や公認会計士などの国家資格ではありません。 しかし、企業の採用や昇格において高い評価が得られ、多くのMBA取得者は企業の経営幹部やビジネスマネージャーとなっています。 今後グローバル化を求められる日本企業において、特に求められる存在となるでしょう。 事業開発職の仕事内容 事業開発職の仕事とは、新しい事業を立ち上げることです。すなわち売上を上げる仕組みを作ることです。しかし、実際にはその他にも様々な業務が存在します。 もちろん企業の規模によっても違いはありますが、その中でも代表的な仕事内容について解説します。 ビジネスデータ収集とその分析 新規事業の立ち上げや事業提携、M&Aなどを行うためのビジネスデータの収集を行います。そして収集したデータを定性、定量で分析することで、経営戦略を組み立てるためのエビデンスにするのです。高い論理的思考力が必要となり、具体的な調査方法と正確な分析を行います。 事業コンセプトの確立 事業コンセプトの確立とは、収集、分析したビジネスデータを基に具体的に整理した情報をビジネスの構想に落とし込むことです。「誰に」「何を」「どのように」といった視点で事業の概要が誰にでも分かるように表現します。 また事業計画書の作成の際にもこの事業コンセプトが必須となるので、コンセプト通りに事業展開できるかどうかをここで問われることになります。 ビジネスプランの設計と推進 事業コンセプトを基にして、次はビジネスプランを作ります。計画中のビジネスを整理し、共有するために作成するのです。 頭の中にある考えを具体的にしていくことで、実行する関係者とプランの共有ができるようになります。また、取引先や協力業者、銀行などに対してもこのプランをベースに説明し、協力を依頼するのです。 資金繰り計画の設計 資金の調達と運用をスムーズに進めるためには、入念に練られた資金計画を設計します。事業開発に必要な資金を算出し、利益を生み出すまでの道筋を緻密に設計しなければなりません。 もし新規事業の開発に失敗し、キャッシュフローが悪化すると、投資家からの評価も落とす可能性もあります。非常に重要な仕事の一つです。 社内体制の確立 新規事業が正しく進められるよう、社内ルールや内部統制の手順を策定します。必ず手順通りに内部統制や実行計画が実施されるよう、状況の調査や関係部署へのアドバイス、指導を行うのです。 事業開発職の志望動機の書き方のポイント 事業開発職の志望動機を書く上で重要なポイントがあります。事業開発職を目指す理由やその目的、その企業である動機を明確にする必要があるのです。採用担当者の記憶に残るような志望動機を用意しましょう。 なぜその職種か 志望動機を見た企業側が「この会社に必然性がある」と思えるかどうかが重要です。その企業にしかない特徴をつかみ、自分自身の価値観やスキル、目指すキャリアの方向性を明示することが必要でしょう。 なぜ事業開発職に就きたいのか、そして世の中にどのような貢献したいのかなど自らの「将来性の高さ」もアピールすることが大きな評価につながります。 事業開発職でアピールすべき強み 採用担当者の記憶に残るような志望動機を書くには、自身の強みをアピールしなければなりません。事業開発職は、社運のかかった経営課題に常に取り組むため、高度なビジネススキルやプレッシャーに強いメンタル、仕事をやり抜く強い責任感が求められます。 これらをカバーできる自分自身の強みを見つけて記載しなければなりません。財務や人事、マーケティングといった分野で学生自体に取り組んだ実績がある場合は積極的に記載するようにしましょう。 なぜその企業か その企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成する必要があります。企業の社風や事業内容、マーケットシェア、顧客層などできるだけ細かく調べ、その企業の特徴と自ら志望する理由を融合して記載しましょう。 その際に事実に反したことを書くと、かえって不信感を抱かれる場合があります。ネガティブな理由は避けて、事実に即した内容の志望動機を作成しましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 事業開発職の志望動機のNG例 事業開発職の志望動機でNGになるのはどのようなものでしょうか。事例をもとに、NGである理由について解説します。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は以前から経営に興味があり、新たなビジネスを世に出したいと考えていました。コミュニケーション能力には自信があり、どうせなら高いレベルで働きたいと考え、御社を志望しました。 御社で事業開発を行うということは、求められる能力や仕事の質も高いのではないかと考えます。厳しい環境に身を置くことで、社会人として大きく成長し、一人前の事業開発職になって多くのお客様を幸せにしたいと考えています。[/su_box] →この志望動機には、なぜ事業開発職に就きたいのか、またどんなキャリアを望んでいるのかが記載されておらず、志望の「動機」が伝わりません。 また数字的な根拠や論理立てされた内容もなく、高いスキルが問われる事業開発職としては適性がないと思われてしまうのではないでしょうか。 事業開発職の志望動機の例文 事業開発職の志望動機として望ましい例文を挙げますので参考にしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は大学の4年間で、IR向け財務諸表の作成や損益計算書などの作成について学んできました。またインターンシップで御社に訪れた際に、経営コンサルティングの方々と仕事をする機会をいただき、大変刺激を受けました。 事業開発職という大きな視点で課題に取り組める人材へステップアップしたいと考え、貴社の経営企画の求人に応募させていただきました。 貴社の求人内容に、デジタルマーケティング業界でのシェア拡大に向けて、経営的観点で実際に数字を追って手を動かせる人材に、経営陣の経営戦略策定のサポートを行ってほしい、という記載があり、その明確な目標を実現したいと考え、志望いたしました。学生時代に学んだ知識とあわせて即戦力として貢献できると考えています。[/su_box] →経営の数字を扱える人材であることがはっきりと明示されており、即戦力として経営に役立つ知識、スキルを保有していることをアピールできています。事業開発職を希望するきっかけにもふれており、自身のステップアップとスキルが合致する企業を選んだという理由も納得できます。 まとめ 事業開発職という仕事は、本業とのシナジーを見込める新規事業を作るだけが仕事ではありません。異業種や成長市場への新規参入を含むビジネスプランを立案したり、新規事業の収益化を目指し、事業コンセプトの確立から社内体制の確立したりと、新規ビジネスの実現に向けて全てを任せられることになります。 そんな事業開発職の志望動機を作成するには、学生時代の具体的な経験や保有スキルを記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分の言葉で表現することが大切です。 例文を参考にして、採用担当者に関心をもたれるような魅力的な志望動機を作成しましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

コンサルタント

コンサルタントの志望動機の書き方と例文~野村総合研究所(NRI)の選考通過ESを公開~ コンサルタントと聞いて、どんな仕事をしているか業務形態がいまいちわからないという方もいるでしょう。コンサルタントは専門知識を武器に経営についてのアドバイスするだけでなく、課題を見極め問題解決に向けた革新的な戦略や企画を提案する仕事です。 プロジェクトを実行する際には、クライアント企業の社員とチームを組み、目標達成に向けて協力し合う貴重な経験ができます。[su_highlight background="#fbf54a"]上層部と関わることも多く、経営に大きく貢献できるやりがいのある仕事なのです。[/su_highlight] コンサルタントのトレンド コンサルタントのトレンドは、大きく分けて3つあります。以下で詳しく紹介します。 IT化にともなうIT系コンサルタントの需要の拡大 あらゆる業種の企業がITを活用するようになり、ITを専門とするITコンサルタント以外でも、ITリテラシーの高さは必須です。 また、コンサルタントの仕事をするうえで、データ解析は必要不可欠です。ビッグデータ時代と言われるなかで、データ集計~分析、活用までの一連の業務は、経営戦略の基盤です。 多くのコンサルティングファームで、プログラミングの知識と高いITスキルを持つ人材への求人が増えています。 コンサルタント業務が分業から統合に 時代の変化とともに、これまで明確に分けられていた「戦略系コンサルタント」、「総合系コンサルタント」の枠組みが曖昧になり、違いが無くなってきています。 クライアントのニーズが多様化していることから、全社戦略を立てることが主だった「戦略系コンサルタント」にも、各事業でのサポートや管理が求められるようになっています。 一方、「総合系コンサルタント」は、業務プロセスとつながる全社戦略の案件を扱うようになっています。このように、両社の境目は曖昧になってきているのです。 特定のクライアントとの長期契約の増加 クライアントから高い信頼を得たコンサルタントが、契約期間終了後も契約を延長したり、リピートされたりする傾向があります。 主な理由の1つは、プロジェクト自体の長期化です。本来は、6ヵ月ほどでプロジェクトを完結させ、その間にクライアントの能力を高めて自走させる必要があります。 しかし年単位で契約し、数年に及び同じクライアントのコンサルタントをおこなうことは、クライアント企業のケイパビリティが育たない、といったマイナスの側面もあります。 コンサルタントであると便利な資格 コンサルタントの職に就くにあたり、絶対に資格が必要なわけではありません。しかし、あると採用時に有利な資格や、業務に役立つ資格もあります。ここで、コンサルタントを目指す方におすすめの資格を3つ紹介します。 中小企業診断士(国家資格) 中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格で、中小企業に対する経営の相談や、課題解決の手助けをします。ただし資格取得まで3年以上はかかると言われるほど、難易度の高い資格です。 中小企業診断士を名乗ることで、経営に関する専門的知識があることを証明できる、といったメリットがあります。 公認会計士(国家資格) 公認会計士は、会計に関する資格のなかでもトップクラスの資格です。会計は経営に必要不可欠なものなので、公認会計士の資格があることで、コンサルタントとしての優位性や信頼性を高めることができます。 税理士(国家資格) 税理士とは、税とお金に関する専門的な資格です。コンサルタントの業務を進めるうえで、税に関する専門知識があるというのは間違いなく強みになります。 コンサルタントの仕事内容 コンサルタントの仕事内容を、すぐにイメージできない方も多いかもしれません。コンサルタントには、実に幅広い業務があります。以下でコンサルタントの具体的な仕事の流れを紹介します。 依頼内容のヒアリング はじめにクライアント企業の現状や依頼内容をヒアリングし、問題点を抽出します。ここで綿密にヒアリングしておくことで、具体的な改善点を見出すことができます。 企画書の作成 問題解決のための段階的な戦略を、企画書に記します。詳細に作り込まれた企画書があれば、クライアントが抱える問題点の改善や目標達成に向けてやるべきことを、クライアントにわかりやすく提示できます。 企業内資料の調査やミーティング クライアント企業のもつデータ集計と分析、さらに経営計画書などの内部資料を調査し、ミーティングを行います。この作業を詰めることで課題点が可視化され、企業側との認識のズレがなくなります。 企画に基づく業務活動の実行 経営の立て直しや目的達成に向けて、計画してきた企画を実践に移します。この時にコンサルタントがもっとも力を注ぐべきなのは、業務を行ううえでの「段取り」です。段取り次第で、無駄のないスムーズな業務を遂行できます。 レビュー(批評&再調査)をおこなう 足りない点や修正点を見極め、レビューしながら目的達成に近づけていきます。コンサルタントの腕の見せ所です。 コンサルタントの志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際に重要なのは、なぜその職種なのか、その職種のなかでもなぜその企業を選んだのかを明確に書くことです。ロジカルな文章でアピールするようにしましょう。 なぜその職種か コンサルタントに興味を持ち志望した理由を、具体的に書きましょう。コンサルタントになってからの明確な目標や目的まで書くと、熱意が伝わります。 コンサルタントには様々な分野があるため、自分が得意とする分野が総合系なのかシンクタンク系なのか、細かく記述するようにしてください。志望のきっかけとなった体験なども、詳しく書くと良いでしょう。 コンサルタントでアピールすべき強み コンサルタントは企業の上層部と打ち合わせをする機会が多いため、コミュニケーション能力が高いと活躍の場が増えます。また、起業家目線・経営者目線で物事を考える力や向上心の強さも、非常に大きな強みです。 企画力に自信があり、刷新的なアイデアを提案することにやりがいを感じられる人や、体力があり精神的な面でも打たれ強い人は、コンサルタントに適しています。 なぜその企業か 企業によって、「戦略立案に強い」、「ITソリューションに強い」などの特徴があります。例えばウルシステムズの場合、IT戦略立案からプロジェクトマネジメント、さらにシステム開発までを総合的に請け負い、「お客様自身にイノベーションをもたらし、戦略と技術、実行力をもってゴールに導く」という企業理念を掲げています。 このように企業ごとにプロジェクトの進め方や特色が異なるため、企業研究を入念に行ったうえで、なぜその企業を選んだのか具体的に書きましょう。 実際に志望動機を書く際には、以下の構成に沿って作成してください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] コンサルタントの志望動機のNG例 次に紹介するのは、コンサルタントの志望動機のNG例文です。どの部分がNGなのか、その理由も細かく解説しているので、参考にしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私が貴社のコンサルタントを志望するのは、コンサルタントに憧れているからです。私はコンサルタントとしての使命の一つに、日本企業のプレゼンスを高めることが大きなものとしてあると考えています。 その難題に対してアプローチするという点に、特に魅力を感じています。私がもしコンサルタントを職業にできたら、自分の力を発揮できると思います。[/su_box] →最も重要な志望の動機が「コンサルタントへの憧れ」と書かれていますが、これではコンサルタントになりたいという熱意が伝わらず、業務内容への理解がないと思われてしまいます。また、その企業を志望した理由が一つも記述されておらず、採用する側の心に響きません。 自分の強みとなる部分もアピールできていないため、入社後にどのように力を発揮したいのかもわかりません。入社後に自分がどうなりたいかというビジョンも、もっと具体的に書くといいでしょう。 コンサルタントの志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文を紹介します。どの点が優れているのかも解説しているので、チェックしておきましょう。 野村総合研究所(NRI)の選考通過ESの志望動機 [su_box title="志望動機の良い例"]経営コンサルタントは幅広い分野の企業を顧客として事業戦略を策定していく仕事であると認識しており、私はその第一人者として活躍したいと考えております。 現在は変革の時代と言われ、先行きを予測することが非常に困難であるとされていますが、その中でも顧客のニーズを正確に把握するだけでなく、その企業に本当に必要なものが何かを常に考えることで顧客の期待以上の仕事をすることができる人間になりたいです。 私がそれを実現する場として貴社を志望する理由は、貴社の掲げる「未来創発」という姿勢に共感したからです。 私は経営コンサルタントの最も大きな価値は、自分たちでなければ考えつかないような新しいビジネスモデルを創出することであると考えており、この「未来創発」の姿勢は経営コンサルタントの第一人者となるには最適の風土であると考えています。 また、貴社が世界に選ばれる企業であるというのもまさにその結果であると思い、魅力に感じました。[/su_box] →コンサルタントを志望する動機が明確に書かれており、将来自分がどのように活躍したいのかというビジョンも具体的です。また、志望する企業の理念を十分理解したうえで、志望した理由もしっかりと書かれています。 まとめ コンサルタントには論理的思考力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力が必要不可欠です。経営者と直接やりとりする機会が多く、企画力や経営に関する知識、起業家的思考も求められます。 コンサルタントは高収入ですが、成果を出さなければ認められない実力主義の業種です。企業によって求められる専門知識やスキルは異なるので、各社を比較しながら企業研究を行ったうえで志望動機を作成しましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

建築士

建築士の志望動機の書き方と例文~住友林業の選考通過ESを公開~ 建築士は、お客様からの要望を取り入れつつ、安全面・法律・意匠性など全てを考慮して建築物の設計を行わなければいけません。 また、人の命に関わる仕事であり、小さなミスでも許されないことから、神経を使う仕事と言えるでしょう。 しかし、自分がゼロから造り上げた建築物が、イメージした通りに完成した時には達成感や喜びを味わえます。 [su_highlight background="#fbf54a"]また、その建築物は今後何十年と残り続けるため、街づくりへ貢献していることや人の役に立っていることを感じられ、大きなやりがいを持てる職業です。[/su_highlight] 建築士のトピックス 建築士には、大きく分けて2つのトピックがあります。 建築用3Dプリンター 近年、3Dプリンターが普及し、医療現場など様々な用途で利用されています。海外では建築現場で活用できる「建築用3Dプリンター」の導入が開始されています。 実際に、アメリカや中国などで建築用3Dプリンターを用いて住宅や橋を造ったという事例が報告されています。 建築用3Dプリンターを導入することで、「人材不足の解消・工期短縮・材料削減・費用削減・新しい構造/形状の具現化」など複数のメリットがあるようです。 日本でも導入しようという動きはありますが、まだ実用化には至っておらず、今後の動きに期待が高まっています。 第5世代移動通信システム「5G」の建築現場への導入 2020年春より、第5世代移動通信システム「5G」の商用化が日本でもスタートしました。 5Gは「高速・大容量」、「低遅延」、「多数接続」という特徴を持っており、今後多くの業界で導入されることが想定されます。 今、建築業界にも5Gを導入しようという動きが進められているようです。 建築業界に5Gが導入されることで、「建築機械の遠隔操作・ドローンによる測量解析・VRによる建築物3D化」など、様々なことが実現できるようになり、業務効率化が図れると期待が高まっています。 建築士で必要な資格 建築士として働くためには、次のような資格の取得が求められます。 建築士資格(国家資格) 建築士資格には、「一級建築士」、「二級建築士」、「木造建築士」の3種類があり、いずれかを取得しないと建築士にはなれません。いずれも取得することで、建物の設計・工事監理ができるようになりますが、それぞれ特徴や受験資格に違いがあります。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]一級建築士・・・難易度が最も高く、あらゆる建物の設計・工事監理ができるようになる。 二級建築士・・・一般的な戸建て住宅規模の設計・工事監理ができるようになる。 木造建築士・・・2階建てまでの木造建築物の設計・工事監理ができるようになる。[/su_note] 建築施工管理技士(国家資格) 建築施工管理技士には、「1級建築施工管理技士」、「2級建築施工管理技士」の2種類の資格があります。取得することで、建築士としての仕事の幅が広がるでしょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]1級建築施工管理技士・・・全建設工事の施工管理が可能であり、工事を管理する高度な知識を持つ技術者。施工技術の指導を行う立場となる。 2級建築施工管理技士・・・1級より施工管理できる建設工事が少なく、小規模な建築工事の施工管理が可能。[/su_note] インテリアプランナー 建築技術教育普及センターが実施する、インテリアプランナー試験に合格することで取得可能です。取得すれば、建築物の室内空間の企画・設計から工事監理までトータルで請け負えるようになります。 インテリアに特化した建築士を目指すのであれば、建築士資格と合わせて取得することがおすすめです。 建築士の仕事内容 建築士と聞くと、建築物の設計を行うだけだと思われがちですが、設計を行う中でもいくつかの工程に分かれており、工事監理を行うことも仕事の一つです。 ここでは、建築士の仕事内容について詳しく解説します。 設計 まず顧客に、建築物の用途やイメージをヒアリングします。顧客の希望と予算と法規制を考慮し、建築物のイメージを具体的に固めていきます。図面には、設備設計・構造設計・意匠設計の3種類があります。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]設備設計・・・建築物の用途を考慮しながら、空調、電気など建物の設備の設計を行う。 構造設計・・・建物の耐震性や安全性を考慮しながら、建物の基礎や柱・梁などを計算し設計を行う。 意匠設計・・・建物の間取りや外観を設計し、顧客にわかりやすいように図面だけではなく模型を作ることも多い。[/su_note] 工事監理 顧客より設計の承諾を得たら、工事監理に取り掛かります。工事監理は、建設現場に実際に赴いて、設計図通りに工事が進んでいるか確認する仕事です。工事を進める中で、設計の見直しを行うこともあります。 建築士の志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際は、なぜその職種を選んだのか、なぜその企業を選んだのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。 なぜその職種か 数多くある職種から建築士を選択した理由を書くことが必要です。 建築士の資格を必要としないデザイン性に特化した「建築家」や、建築設備士・建築模型士など、建築に携われる職種が多数ある中で、なぜ建築士を選択したのかを明確にできると良いでしょう。 また、建築士の就職先には、設計事務所・ゼネコン・地方自治体といったいくつかの選択肢があり、それぞれ仕事内容に大きな違いがあります。 そのため、自分が建築士としてどのような仕事に大きく関わっていきたいのかアピールすることも大切です。 建築士でアピールすべき強み 建築士は、建物の形状・デザイン・配色・素材など、建築物に関するあらゆるものを自身で決定しなければいけないため、美的感覚が必要です。 また、顧客の要望によって建築物の設計を考えなければならず、美的感覚に加えて創造性を持っていることも大きな強みとなります。 そのほかにも、顧客に建築物の提案を行う場合や、「コンペ」といって複数の企業と競い合い、仕事を勝ち取らなければいけない場合もあるため、提案力が問われる職業です。 建築物の設計をする際には、理数系科目が生かされるため、理数系科目の成績が良いことや豊富な知識を有していることもアピールポイントとなるでしょう。 なぜその企業か 建築士と言っても企業によって強みや特徴は異なります。 例えば、竹中工務店であれば、「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という企業理念に基づき活動しています。 社会に貢献するという思いを持った企業は多いですが、「どのように貢献するのか」、「どのような思いを持って貢献するのか」は企業によって異なります。企業ごとの細かな特徴を把握するためにも企業研究は必ず行いましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 建築士の志望動機のNG例 以下では、建築士の志望動機のNG例を紹介しています。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]貴社を志望した理由は大きく2つあります。1つ目は、貴社でなら自分が成長できると感じたためです。売上高、経常利益共に増加しており、若いうちから挑戦が出来る安定した環境が整っている貴社に身を置くことで、多くの魅力ある経験が出来ると共に、人間的にも成長ができると感じています。 2つ目は、ものづくりに関わる仕事がしたいからです。大学のプロジェクト活動で、自分で考え施工をすることにやりがいを感じたため、仕事でも継続して自分のやりがいを追い求めたいです。[/su_box] →売上高、経常利益共に増加している企業は他にもあります。また、ものづくりに関わる仕事がしたいというだけでは、建築士である必要性が伝わってきません。 企業理念に絡めたり、具体的にこの企業が行っている事業について記すことでなぜこの企業を選んだのかという理由を明確に伝えましょう。また、なぜ建築士になりたいのかという動機を述べることも必要です。 建築士の志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 住友林業の選考通過ESの志望動機 [su_box title="志望動機の良い例"]私は、お客様の想いに寄り添い、全てのニーズを満たすフルオーダーメイドにどこにも負けない自信を持ち、本当の満足そして信頼を積み重ねてきた貴社の姿勢に強く共感しました。 私は研究室での「失われた街プロジェクト」という被災地での活動を通して、様々な地域の住民約500人以上の方と街や住居に根ざす思いに寄り添い、暮らしの記憶の聞き取りを行ってきました。 この経験から、人と深く対話し考えを共有することで信頼関係を育むことにやりがいと楽しさを感じました。 また貴社は、お客様ごとに専任チームを組むという体制をとっていることから、お客様との密なコミュニケーションの下、最良の提案ができることも魅力に感じています。 自分自身の提案に妥協せず最後までお客様に寄り添え、人々の豊かな暮らしを実現できる環境が貴社にはあると強く感じ志望しました。[/su_box] →企業研究をしっかり行えていることが伺える志望動機です。また、自身の大学での経験や思いを元に企業でどのように働いていきたいのかが明確に記されています。 自分が「どのような建築物を造っていきたいのか」ということにも触れられると、さらに良い志望動機になるでしょう。 まとめ 建築士は、ただお客様の希望を叶えるだけでなく、安全面・意匠性・法律を考慮して建築物の設計を行う必要があります。 また、設計だけではなく現場に赴いて、工事監理を行うことも大事な仕事の一つです。 建設会社・ハウスメーカー・家具メーカー・自治体の都市開発など、就職先は多岐にわたるため、自分がどのような建築物を設計したいのかを考え、企業研究をしっかりと行ってから志望動機を作成するようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

整備士

整備士の志望動機の書き方と例文 整備士の仕事は、毎日オイルまみれになりながら車を点検し続けなければならない、体力勝負の仕事だと思っていませんか? 実は整備士の仕事は、車を点検するだけではなく、故障の原因をつきとめ、再び故障しないように整備をすることで、お客様の安全なカーライフを守る大切な仕事なのです。 仕事を続けることによって、車の種類や故障の原因ごとに、個別的な整備ができるようになります。また、多くの車の整備をすることで、[su_highlight background="#fbf54a"]仕事を通して安全な社会の実現に貢献しています。[/su_highlight] 整備士のトピック 整備士については、現在2つのトピックが注目されています。 1つ目は、自動車の安全な走行を補う技術が開発されてきていることです。 自動運転や自動ブレーキ、安全補助装置の進歩により、ドライバーの安全なカーライフをサポートする車が増えています。 自動車を整備する人たちは、それらの技術に対応した整備技術が必要なため、ITに強いなど時代の変化に適応できる人材が求められているのです。 2つ目は、全日本自動車整備技能競技大会が開催されていることです。この大会では、自動車整備に携わる人々が日本全国から集まり、整備技術を競います。 大会の結果によって、自動車整備に関する高い能力が証明できるようになるため、より信頼できる整備技術を社会の人たちに認知してもらうことにつながるのです。 整備士であると便利な資格 整備士になるために必ず取得しておかなければならない資格はありません。 しかし、持っておけば将来的なキャリアアップや給料アップにつながるものもあるため、持っておくといい資格について知っておくことは大切です。 3級自動車整備士 3級自動車整備士は、自動車整備に関する基本的な技術を身につけていることを証明する資格です。 整備士としてキャリアを積む上で最低限の資格になるため、携われる業務内容が限定されています。 幅広い整備技術を身につけたいのであれば、2級以上の自動車整備士資格を取得するのが望ましいでしょう。 2級自動車整備士 2級自動車整備士の資格を持っていれば、整備に関する仕事全体に携われるようになります。 整備士として第一線で活躍できるようになったり、主任自動車整備士になるための条件を満たしたりすることにもつながるため、キャリアアップを目指すのであれば取得しておきたい資格です。 1級自動車整備士 1級自動車整備士は、最も上位の整備士資格になります。この資格があれば、他の自動車整備士の指導的立場になれるという特徴があるのです。 そのため、自動車整備会社で管理的な立場になりたいと考えている人は、この資格を目指すと良いでしょう。 整備士の仕事内容 整備士の仕事内容は、自動車の整備がメインになるということはよく知られています、しかし、具体的な整備方法について詳しく知っている人はあまり多くありません。 整備士の仕事内容について理解を深めておくことで、就職してからどのような業務に携わるのかをイメージしながら、志望動機を書き進めていけるようになるのです。 ここからは、整備士の仕事内容について詳しく説明します。 点検整備 点検整備は、自動車を日常的に使用することによって劣化する部分を定期的に点検し、異常を早期発見する仕事です。 点検整備で有名なのが車検ですが、その他にも日常点検や法定点検といった点検方法もあります。 修理が必要な部分を的確に見抜くことによって、未然に事故を防げるようになるため、お客様の安全なカーライフをサポートする上で、重要な役割を担っています。 緊急整備 緊急整備とは、突発的な不具合に対して適切な処置を行うことです。エンジンや電気系統を中心的に点検し、安全に車を走らせることができるように修理していきます。 点検整備で異常がなかったとしても、自動車を運転していると突然不具合が発生するケースもあります。 そのような場合、再び不具合が発生しないように緊急整備することで、お客様に安心して車を運転してもらえるようになるのです。 分解整備 分解整備は、必要に応じて自動車のパーツを分解しながら整備を進めていく仕事です。整備をしている中で、外見的な異常が発見できないにも関わらず、自動車の不具合が改善されない場合、分解整備をしなければ、不具合を修正できなくなってしまいます。 そのため、分解整備をして自動車の不具合の根本的な原因を発見することで、適切に自動車を走行させられるような状態へ修理していくのです。 ちなみに分解整備を行うためには、自動車整備士の高度な技術が求められるため、国から認定を受けた整備工場でしか行えないようになっています。 整備士の志望動機の書き方のポイント 志望動機を書く際は、なぜ整備士という職業を選んだのか、整備士の仕事の中でもなぜその企業を選んだのかをはっきりさせ、論理的にアピールできるようにしておきましょう。 なぜその職種か 数ある職種の中でなぜ整備士の仕事を選んだのかを、できるだけ具体的に記載することが求められます。 また、整備士を目指す理由に続いて、仕事を通して将来何を成し遂げたいのかという文章につなげていくこともポイントです。 例えば、「小さい頃から車の部品やパーツに興味があったため、自動車整備士を目指すようになった」という理由から、「社会で暮らす人々が事故なく運転できる社会を築けるようになりたい」といった目標につなげていくと良いでしょう。 整備士でアピールすべき強み 整備士として採用してもらえる可能性を高くするためには、あなたのアピールポイントや強みを具体的に記載しておくことが大切です。ここでは代表的なアピールポイントを2つ紹介します。 常に問題意識を持ちながら仕事に取り組める 自動車整備士として働き続けていく中で、整備に関する様々な疑問や課題が出てきます。日頃の業務に慣れて、問題意識を持たずにルーティンで働いていては、いくら年数が経過しても整備士として成長することはできません。 問題意識を持ちながら仕事に取り組むことで、さらなる整備技術の向上や企業の成長につながるのです。 専門用語を避けて、お客様に対して分かりやすい説明ができる 自動車を整備していると、具体的なパーツや部品の名前、自動車業界独自の専門用語にたくさん触れるようになります。 それらの言葉をお客様に伝わりやすいような形に置き換えて説明することで、自動車整備に対してお客様に納得してもらったうえで仕事を進められるのです。 このことが顧客満足度の向上につながり、整備士としての信頼感を高め、結果的に企業の信頼感を高めていくようになります。 なぜその企業か 整備士を募集している企業はたくさんあるため、企業に応募する際は、なぜその企業を選んだのかを具体的に記載しておくことが大切です。 例えば、株式会社レソリューションでは「人が会社、職場を作って行く」という経営理念をもっています。 そのため、「整備士として身につけたスキルを他の整備士と共有しながら、会社全体の整備技術向上に役立てるようになりたい」といった内容を盛り込むと、より魅力的なESへ仕上がるでしょう。 このように企業によって特徴は異なるため、企業ごとの特徴を把握するためにも企業研究は必ず行いましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 整備士の志望動機のNG例 以下では整備士の志望動機の中でNGとなる例文を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]小さい頃から車が好きだったため、自動車整備士なりたいと考えていました。 高校卒業後は、自動車整備学校に進学し、自動車整備に関する様々な知識や技術を学んできました。 貴社を志望した理由は、日本を代表する自動車メーカーで、整備の仕事を通してより多くの人に安全なカーライフを提供できると思ったからです。[/su_box] →整備士として就職した後に、職場でどのような強みを発揮できるのか、将来的にどのような夢を持っているのかが記載されていないため、採用担当者に志望者の魅力が伝わりにくくなっています。 整備士の志望動機の例文 理想的な志望動機の例文を参考にしながら、あなた独自のES作成に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]子どもの頃から機械いじりが好きであり、特に自動車に関しての興味が深かったため、整備士を目指すようになりました。 貴社を志望したのは、自動車整備学校を卒業していない人であっても、充実した指導体制のもとで整備士として成長させてくれる場を提供してくれるからです。 入社してからは、整備士としての基本的な技術や知識を身につけ、最終的には2級や1級の自動車整備士資格を取得したいと考えています。 将来的には、より多くの人たちに高い整備技術を伝え、自動車の不具合による事故が起きない世界を作れるようになりたいと思っています。[/su_box] →整備士を目指すことになった理由や、将来的な目標が具体的に記載されているため、採用担当者の印象に残りやすい志望動機になっています。 整備士として発揮できる強みやアピールポイントが記載できていると、さらに魅力的なESに仕上がるでしょう。 まとめ 整備士は自動車の点検がメインになる仕事ですが、持っている資格や整備内容によって、従事できる仕事内容や求められる役割が変わってきます。 また、企業によって求めている人材や経営理念、事業方針が異なるため、企業研究を必ず行なった上でESを書き進めていきましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

トリマー

トリマーの志望動機の書き方と例文 トリマーは猫や犬などの生体を取り扱う仕事のため、トラブルが多いイメージがあるかもしれません。また、夏季や年末年始などが繁忙期で、忙しいイメージもあるでしょう。しかし、トリマーは動物好きな方にとって魅力的な職業です。 [su_highlight background="#fbf54a"]様々なスタイリング方法を身に付けて犬や猫をより素敵に仕上げるすることで、飼い主に喜んでもらえるでしょう。[/su_highlight]猫や犬などと触れ合うことで、仕事をしながら自身も癒しを得られます。 また、猫や犬の変化に気づくことで、病気の早期発見につながることもあります。 好きな仕事場に就職するために本記事の内容を志望動機作成に役立ててください。 トリマーの最新情報 トリマーの最新情報は2つあります。 1つ目は、ペット関連の市場規模が広がっていることです。日本のペット関連市場は年率1%程度で成長しており、2020年度は1.6兆円規模が予測されます。 ペット1頭当たりの消費額も上がっており、プレミアムペットフードやペット保険などが市場を拡大を後押ししていると考えられます。 ペットを家族の一員としてとらえる傾向が強くなっており、ペット関連ビジネスの需要は今後も増えていくでしょう。 2つ目は、トリマーと飼い主との間でトラブルが見られることです。飼い主のイメージした姿とは全く違うとクレームが出たり、ケア中にケガやトラブルに巻き込まれてしまったりという例も見られます。 大事なペットがトラブルに見舞われると、トリミング自体が怖くなってしまう人もいるでしょう。最近ではこのようなトラブルを避けられるように、ペットの性格を考えてサロンを選んだり、事前に皮膚を確認したりなどの対処方法が打ち出されています。 参考:出典:矢野経済研究所 ペットビジネスに関する調査 トリマーであると便利な資格 トリマーとして働く上では次のいくつかの資格を持っていると便利です。これから詳しく紹介します。 JKC公認トリマー資格(ジャパンケネルクラブ認定) JKC(ジャパンケネルクラブ)指定校に入学し、カリキュラムに試験合格をすると得られる資格です。試験に合格するためには知識や技術資格が組み込まれているため、きちんと勉強すれば難なく取得できる資格です。 ドッグ・グルーミング・スペシャリスト(日本動物衛生看護師協会認定) トリマーは、健康管理も含めた総合的なグルーミングを行います。一般家庭や動物病院で行うシャンプーやリンス、ブラッシング、犬種基準に沿ったカッティングなどはもちろん、必要なグルーミングテクニックの専門知識と技術の両方を取得したことが証明される資格となっています。 トリマーペットスタイリスト(日本能力開発推進協会認定) この資格は犬の健康に関する基礎知識、緊急時の対処方法、食事療法、グルーミングなどの専門的な知識から、トリミングの専門的な技術までを取得した人に与えられる資格です。 トリマーペットスタイリストは、より高い技術のトリマーを育成するため、仕事での技能向上やキャリアアップに繋がるでしょう。 トリマーの仕事内容 ひと口にトリマーといっても、その仕事内容は犬や猫の身だしなみを整えることから事務作業まで多岐にわたります。以下で詳しく紹介します。 犬や猫の身だしなみを整える トリマーの仕事の基本は、犬や猫などペットの身だしなみを整えることです。飼い主の要望に合わせてトリミングをします。トリミング前にはブラッシングやシャンプー、ブローなども行い、カッティングだけでなくカラーやアレンジをするのも仕事です。 ペットは人間とは違って自分では希望が伝えられないので、飼い主さんの好みや希望を把握するのが重要です。 健康チェック ペットの健康状態をチェックするのもトリマーの仕事の一つです。爪切り・肛門腺絞り・歯磨き・耳掃除などを行うことで、病気の早期発見につながります。 使用するシャンプーによっては、皮膚の状態を悪化させてしまうこともあるので、どのようなシャンプーを使うのかの判断も必要です。トリマーは、第二の獣医とも呼ばれるくらい動物の医療についての知識が求められるのです。 ペットのお世話 ペットの種類によっては、トリミングに時間がかかることもあります。ペットサロンの中にはペットホテルを兼ね備えている場所もあり、ホテルでの世話を行うときもあります。ペットの世話ではお散歩や食事、排泄などが主な内容です。 また、環境の変化によって落ち着きをなくした場合はペットをリラックスさせるなど、体調を管理することもあります。 事務作業・在庫管理 事務作業では予約の整理、お客様の電話対応、ペットのカルテ整理、SNSやブログの更新など様々です。お店によっては事務スタッフを雇用しているところもありますが、トリマーが全ての作業を行うケースもあります。 また、トリミングで使うシャンプーやカラー剤などの在庫を管理するのも仕事の一つです。 トリマーの志望動機の書き方のポイント 志望動機を書く際は、なぜトリマーを志したのか、またトリマーの中でもなぜそのお店なのかを明確にし、アピールできるようにしましょう。 なぜその職種か 数ある職業の中でもトリマーを選んだ理由を具体的に書きましょう。例えば、「昔飼っていた猫のトリミングを毎回同じトリマーさんにやってもらっており、いつも希望通りにしてくれたので憧れていた。 自分も同じように飼い主さんの希望に沿ったトリマーになりたいと思った」など、トリマーならではの理由を挙げましょう。 トリマーでアピールすべき強み トリマーという職業に就く上で、いくつかアピールすべきポイントがあります。 まずは、動物が好きなことです。トリマーはペットを扱う職業なので、動物が苦手だと務まりません。動物が好きなこと、扱いが得意なことが大前提です。動物を好きな気持ちは、担当するペットにも伝わるものです。 2つ目はコミュニケーション能力と提案力です。トリミングは時代によって人気スタイルが変わるものです。そのため、飼い主に今の流行を提案したり、アドバイスをする必要があります。飼い主に失礼なく対応する、接遇能力も必要です。 3つ目は向上心があることです。今の流行を把握したり、技術を上げる必要があります。向上心が足りずに技術が未熟だとお客さんに提案ができないので、向上心を持って取り組むのが大事です。 4つ目は簡単にくじけない忍耐力です。トリマーは人ではなくペットを相手するので、ときには思いどおりにいかないこともあるでしょう。 中にはシャンプーやカットが苦手なペットもおり、施術中に暴れることもあるかもしれません。また、仕事中は立ち仕事がほとんどなので、肩こりや足のむくみなども気になるでしょう。 このような過酷な状況を乗り越えられる忍耐力があることは、アピールポイントとなるでしょう。 なぜその企業か ひと口にトリマーといっても、お店によって力を入れているポイントが異なります。そのため、お店を選ぶ際にはどのようなことに力を入れているのか、研究が必要です。 例えばトリミングルームというサロンでは、「ワンちゃんにも気持ちが通じるカット、優しいトリミング」を行っています。このような場合は「ペットの気持ちを考えるカットがとても魅力的だと思いました。」など、お店のコンセプトに従った内容にしましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] トリマーの志望動機のNG例 以下ではトリマーの志望動機NG例を紹介します。どこがNGなのかについても解説するので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は幼い頃にペットを飼っており、そのときから動物と関わる仕事をしたいと思い、トリマーになりました。 貴社ではペット美容に力を入れていることを知り応募しました。実際に働き始めたら日々全力で頑張りたいと思っています。[/su_box] →お店の応募理由と、どのように働きたいのかが単調に書かれていて、内容に深まりが足りないです。読み手に熱意が伝わるように具体性を持たせるとよいでしょう。 トリマーの志望動機の例文 トリマーの志望動機の例文を紹介します。ポイントも解説するので、志望動機を書く際や面接で参考にしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は動物が大好きです。小学生の頃からペットを飼っており、将来は動物に携わる仕事をしたいと思っておりました。 中でもトリマーを選んだのは、昔通っていたペットサロンで、飼っていた犬をいつも可愛くスタイリングしてくれており、その腕前には毎度驚きと感動をもらっていたからです。 トリマーとして働く上で、ペット美容に関する事をさらに学びたいと考えております。飼い主さんの要望を細かく汲み取れるようにしたいと思い、様々なスタイリング方法について勉強しています。 貴社はペットのケアに力を入れており、「ペットが気持ちよく過ごせる場所」という理念に魅力を感じました。ぜひ働かせていただきたいと思い、志望いたしました。 どんな動物の担当になっても、愛情を持って精一杯のお世話をし、その動物がより幸せになれるよう、お客様にとって良きアドバイザーになれるよう、日々努力していきたいと思っております。[/su_box] →トリマーとして働く上での熱意が伝わる内容です。お店で働き始めてからの姿がイメージできるので、雇用したいと思えるでしょう。 まとめ トリマーは、ペットのトリミング・健康チェックに始まり、ペットの世話や事務作業・在庫管理などお店の管理にかかわる内容まで様々な業務をこなしています。トリマーとして働く上では、技術力はもちろん、ペットとの関わり方が重要なので動物が好きなことが必須です。 お店によって力を入れていることが異なるため、企業研究を必ずしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

映像制作

映像制作の志望動機の書き方と例文 映像制作(動画制作)はたくさんの人が携わることでトラブルが起こりやすく、不規則な勤務が続き休日も取りづらいなどハードな仕事です。 精神的、体力的にタフでなければこなせない側面はありますが、自分の芸術センスを発揮して映像が作れるという、非常にやりがいのある仕事です。 一つの作品を作りあげたときの達成感は何ものにも代えがたいもので、さまざまな業界の人と出会い、広い世界を体感できるのも他の仕事にはない大きな魅力です。 また、映像や音で多くの人にメッセージを伝え、反響が得られるのもやりがいを感じるポイントです。[su_highlight background="#fbf54a"]社会に大きな影響を与えることもあり、よりよい社会を作るための重大な責任を担っている仕事といえるでしょう。[/su_highlight] 映像制作の最新情報 近年はパソコンやスマホの普及が進み、ネット向けの番組やCM動画など、新たな媒体向けの映像コンテンツが主流になりつつあります。 また、インターネットを活用する人が増えるとともにテレビ離れが加速し、経営難のテレビ局が経費削減のために映像制作を外部に委託するという流れもあります。映像制作会社の仕事は増えているものの、ハードな仕事なために人手不足に悩む会社も多いのが実情です。 最近はセミナー、観光PR、結婚式など個人向けのビデオなど幅広い分野での映像制作も求められており、映像制作の仕事は需要が高いといえるでしょう。 映像制作の仕事であると便利な資格 映像制作の仕事をするために必要な資格は特にありませんが、持っておくと便利な資格を以下で紹介します。 画像処理エンジニア検定 CG-ARTS協会が実施している試験で、開発目標・システム環境など一定の条件のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発ができる能力を評価する試験です。 ベーシックとエキスパートの2種類があり、ベーシックは画像処理の基礎知識を測るもので、エキスパートは専門知識の理解と応用能力が判定されます。 CGクリエイター検定 CG-ARTS協会が実施する資格です。映像制作の基礎となる構図や、カメラワークの方法などの知識が問われます。 こちらもベーシックとエキスパートがあり、映像制作の仕事を始めるうえで、ベーシック合格に向けて勉強をするのは役に立つでしょう。 色彩検定 色彩に関する幅広い知識や技能を問う試験で、文部科学省が後援しています。1〜3級まであり、3級に向けての学習では「色」の表し方などの基礎知識や色の心理的効果などについて学べます。 映像制作の現場でも役立つ知識なので、取得しておくのがおすすめです。 映像制作の仕事内容 映像制作の仕事をするには、映像制作会社に就職するのが一般的です。映像制作会社では映画やテレビ番組、コマーシャルなど、さまざまな映像制作を手がけています。 1つの映像にさまざまな人が関わる仕事で、企画を考えるプロデューサーや現場をまとめるディレクターをはじめ、映像の編集や録音、撮影担当のカメラ、照明を行う担当などの仕事があります。 ここでは、コマーシャルの映像を作る一連の流れについて見ていきましょう。 絵コンテをもとに撮影する 広告主や広告代理店の企画に基づいて作られた絵コンテをもとに、撮影を行います。絵コンテとは映像の撮影前に用意されるイラストで、映像のイメージを形にする設計図にあたるものです。 撮影は映像の内容によって、スタジオだけでなくロケにて行う場合もあります。 仮編集や試写を行う 撮影を終えたら、仮編集を行います。仮編集は、本編集の前にマスターテープを使ってざっくりと行う作業で、撮影した映像素材やCG、イラスト、テロップ、BGMなどのデータを編集します。 仮編集をどこまで作るかは広告主や広告代理店の意向にもよりますが、一般的には広告主が選べるよういくつかのパターンを用意します。 仮編集が完成したら試写を行い、広告主に修正したい場所や新たな要望がないか確認します。 本編集とMA作業を行う 試写で広告主のチェックを終えたら、仕上げの本編集に入ります。広告主に指摘された修正箇所や要望を反映させながら編集し、BGMやナレーションなどを入れるMA作業を行います。 映像制作の志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、その職種の中でもなぜその企業なのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。 なぜその職種か 数ある職種の中でなぜ映像制作なのかを説明する必要があります。 具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば映像制作であれば、「映像を通して人々に感動を届けたい」などといった映像制作ならではの理由を述べるようにしましょう。 映像制作(動画制作)でアピールすべき強み 映像制作の仕事にエントリーするときにアピールできる強みには、どのようなものがあるでしょうか?ここでは代表的なものを4つ紹介します。 芸術に親しんでいる 視覚と聴覚に訴えかける映像は、芸術的なセンスが必要です。日頃から芸術に親しみ、映画やドラマ、コマーシャルなどをよく見るのはもちろん、音楽にも興味があり良い音を聞き分けられるという人は良い印象を与えます。 最新技術を学ぶ向上心がある 映像制作では学ぶことがたくさんあります。デジタルの進化は速く、使用する機材や映像技術、表現方法などは常に変化しているので、最新技術を学ぶ向上心があることが大切です。現状に満足せず、常に学ぶ姿勢があることは高いアピールポイントになります。 コミュニケーション能力がある 映像制作の多くは複数人のチームで行われます。質の高い映像作品を作るためには、チームワークが大切です。 的確な指示を行う、自分のアイデアをわかりやすく伝える、相手の意図をしっかり理解するなどのコミュニケーション能力が欠かせません。コミュニケーションに長けていることは、映像制作を行ううえでの強みになります。 制作の経験がある 映像制作の仕事に特別な資格はいりませんが、何らかの制作経験は強みになります。学生時代に部活で映画制作をしていた、卒業記念のビデオを制作したなどの経験は良い印象を与えるでしょう。 なぜその企業か 映像制作(動画制作)の仕事に携わるには、まず映像制作会社に志望します。映像制作会社はたくさんあり、どこも同じではありません。会社ごとに強みや特徴は異なります。 例えば、ピクトであれば「映像の力で人の心を動かしたい」という企業理念を掲げています。この企業を志望する場合は、人の心を動かす映像を作るにはどのようにすべきかなど、仕事に対する姿勢を書くといいでしょう。 また、IMAGICA GROUPは「誠実な精神をもって新たな価値創造につとめ、世界の人々に『驚きと感動』を与える」というビジョンを持っています。 自分には世界の人々に驚きと感動を与える仕事に貢献するための強みがあるなど、具体的に貢献できることを書くと良い印象を与えます。 このように企業によって特徴は異なるため、企業ごとの特徴を把握するためにも企業研究は必ず行いましょう。 また、志望する映像制作会社の過去の作品をよく見て研究し、感想を持っておくのもおすすめです。志望動機の中で具体的な感想を盛り込むことで、アピール効果も違ってくるでしょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 映像制作(動画制作)の志望動機のNG例 以下では映像制作の志望動機のNG例を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]子供の頃から人を喜ばせることが好きで、CG制作の専門学校に通いました。そこで習得したスキルを活かすことができると思い、このたび志望させていただきました。 人とコミュニケーションをとるのが得意なので、映像制作の現場でもそれが強みになると考えています。貴社では多くの人に喜んでもらえるような映像を作れるよう、頑張りたいと思います。[/su_box] →志望理由が専門学校に通っていたことだけで、アピールの弱い志望動機です。また、なぜその企業を志望するのか、他との具体的な差別化がされておらず、説得力に欠けています。 志望動機では必ず企業の特徴や強みに触れ、それに対して自分が具体的にどのような貢献ができるかを書くようにしましょう。 映像制作(動画制作)の志望動機の例文 映像制作会社にエントリーするESの志望動機の例文および考察を紹介します。書き方を学び、自身のESや面接に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私には、自分が作る映像で世界中の人々に感動を与えたいという夢があります。映像は言葉を介さずとも、人々の心に直接かつ迅速にメッセージを届ける力があると信じるからです。 この夢は貴社の「世界の人々に感動を与える」という経営理念と合致するものであり、貴社での仕事を通して夢を叶えたいと思い、志望いたしました。 私は旅行が趣味で、学生時代は海外や国内の旅行で撮影した美しい映像を動画にしてYou Tubeにアップした経験があります。それが思いのほか反響を呼び、世界中から視聴されて「感動した」など好意的なコメントをもらいました。 このような経験は貴社の映像制作でも活かすことができ、貴社の「世界の人々に感動を与える」という経営理念を実現できる強みになると考えています。[/su_box] →志望した映像制作会社のどのようなところに共感を得ているのかがわかり、説得力のある志望動機です。過去の経験から志望理由をわかりやすく書いており、どのような貢献をしたいかも十分にアピールできています。 書類選考を無事通過して面接に進んだ際には、特別な指示がなくても自身の作品が入ったデバイスを持参することをおすすめします。作品を見てもらうことは、積極的な自己アピールになるでしょう。 まとめ 映像制作は、自分の作り上げたものでダイレクトにメッセージを届けられる魅力のある仕事です。映像制作会社には、大手のテレビ局から、インターネット配信映像、企業のPR映像、個人向けの映像を手がけるところまで、力をいれている内容はさまざまです。 自分が将来どのようなことがしたいのかしっかりと考えておき、企業研究をしっかりと行ってから志望動機を作成するようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

スタイリスト

スタイリストの志望動機の例文・書き方 スタイリストと聞いて、服装を整えるだけの目立たない裏方の仕事だと思う人がいるかもしれません。しかし、実際は服装だけではなく、ヘアメイクの出来なども含めたトータルコーディネートをおこなう仕事もあります。 作品のイメージに合うファッションを自分から監督に提案するなど、スタイリストは良い作品を作るために欠かせない存在です。 「皆の憧れる芸能人」像を作り上げることや、その芸能人のCMを作っている企業のイメージアップにつなげる役割も果たしています。このように、[su_highlight background="#fbf54a"]スタイリストは人々が夢や憧れを持てる社会の一翼を担う、なくてはならない仕事なのです。[/su_highlight] また、スタイリストは将来独立して活躍することが多く、仕事も人脈によって巡ってくるケースが多いです。最初にアシスタントとして入るスタイリスト事務所やアパレル企業の選定は重要と言えます。 スタイリストの最新情報 スタイリストの仕事について、近年2つの大きな変化がありました。 まず1つ目はパーソナルスタイリストの需要が増えていることです。パーソナルスタイリストとは個人を対象に、その人に合った服装や着こなし方を教えるという仕事です。 「私も綺麗になりたい」「もっと素敵になれたら良いのに」という憧れは誰にでもあるものです。個人を対象にするときは「もっとモテるファッションをしたい」など、1人ずつ異なるニーズがあります。そのニーズにうまく応えられれば、選ばれるスタイリストになるでしょう。 2つ目の変化は、得意分野に特化したスタイリストが増えていることです。ファッション業界はトレンドが変わりやすいため、新しい情報をすぐキャッチする必要があります。 そんな中でも自信を持って広められる、自分の得意分野がある人に依頼が増えています。「ぽっちゃり向けファッション」「山ガール」「ゴルフウェアコーディネート」といった、ある特定の分野に詳しいスタイリストは重宝されやすいのです。 専門性が高い分、「ゴルフの動きがしやすい」など、TPOに合った、より良いファッションを発信できます。一見ファッションとは関係のない趣味でも、関連付けできないか考えてみると良いでしょう。 スタイリストで得られるスキル スタイリストの仕事をすることで得られるスキルについても見ていきましょう。 様々なテーマに対応できる柔軟性 クライアントに頼まれる仕事には様々なテーマがあります。自分が得意なファッションしか提案できないようではうまくいかないことが多いでしょう。好きなファッションだけではなく、ニーズに柔軟に応える必要があります。 クライアントのニーズを的確にとらえる能力 そもそもクライアントが求めているイメージをしっかりと受け取れないと、その柔軟性も発揮できず良い仕事にはなりません。ニーズを的確にとらえる能力とそれを聞き出すスキルが大事です。 ファッションの専門知識 ファッションについて詳しいことは必須ですが、これから人気が出そうなファッションの情報にもアンテナを張っておくことも大切です。また街でいろいろな年代の人のファッションを見ることでも知識を得ることができます。 コミュニケーションスキル スタイリストは様々な人と関わります。すぐ円滑に仕事ができるように、会ってすぐに打ち解けられるようなコミュニケーションスキルも必要です。また相手に気に入ってもらえることで仕事につながることもあるので、細やかな気配りも大切な仕事です。 スタイリストの仕事内容 ここではスタイリストの仕事内容を紹介します。どんな仕事をするのか確認し、実際に働く場合のイメージをつかみましょう。 スタイリスト事務所 スタイリスト事務所でのスタイリストの仕事は、基本的に事務所が受注した仕事を行います。 スタイリング TV番組や雑誌などに出るモデルやタレントのスタイリングをします。店舗から借りてきた衣装を使い、その場ごとのテーマに合わせた服装になるようにコーディネートしています。また場合によってはその衣装を縫製し、よりテーマに合った状態になるようアレンジを加える場合もあります。 衣装などの貸し借り 使う衣装や小物を借りて、返却するのもスタイリストの仕事です。そのため必要な衣装などをよく持ち運んでいます。 また、使える衣装を探してくるのもスタイリストの仕事です。さまざまな店を回って、イメージに合ったものを探します。 庶務仕事 スタイリスト事務所に入りたてのアシスタントが基本的に行います。取引先への請求書の発行や交通費精算などの仕事です。 アパレル会社 アパレル会社でも、自社の広告やサイトなどに載せる写真を撮るためにスタイリストを雇っています。 モデルやタレントのスタイリング スタイリスト事務所と同じくスタイリングの仕事があります。その時のテーマに合わせたファッションを考えます。また「服」がメインであることから、その服が素敵に見えるような着こなしをいくつか考える必要があるでしょう。 スタイリストの志望動機の書き方とポイント スタイリストの志望動機を書くときの文章と、その文章でポイントとなる事柄を紹介します。なぜスタイリストという職種を選んだのか、なぜその企業なのかをしっかりと志望動機に書き、相手の印象に残る志望動機にしましょう。 なぜその職種か 志望動機を書くためには、どうしてスタイリストを志望しようと思ったのか、その軸となる部分をはっきりさせておく必要があります。「自分が好きなファッションの世界で、多くの人を幸せにしたいと思ったから」「裏方から華やかな世界を支えることができるから」といった自分が目指した理由があるはずです。 その理由があるから、スタイリストを志望しているという流れから、今後の目標、将来像などを書きましょう。 スタイリストでアピールすべき強み スタイリストに必要な自分の強みを伝え、スタイリストとして良い仕事をしてくれそうだとアピールしましょう。スタイリストとして特にアピールするべき強みの例を挙げます。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]・ファッションの最新情報をいつもチェックしている ・人のニーズを読み取り実現することがうまい ・まわりと明るくコミュニケーションが取れる ・気配りがうまい ・体を使って働くのが好き[/su_note] こういったアピールができると、印象がさらに良くなるでしょう。またスタイリストは実力主義のため、「個人として努力して、成果を上げることができる」というのもこの職種に必要な強みです。 なぜその企業か 同じ職種でも様々な企業があります。なぜこの企業を選んだのか、企業ごとの理念や特徴を踏まえることが大切です。 「個人向けのスタイリングに力を入れている企業」「芸能界に強みがあり、皆の憧れを作ることに自信がある会社」など、その企業により様々です。企業研究をしっかりと行い、志望動機を書きましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] スタイリストのNG例文 それでは、スタイリストの志望動機のNG例文を紹介します。NGなポイントを解説するので、志望動機作成の参考にしてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私はファッションが大好きです。そんなファッションに関係する仕事につけたら、仕事を頑張れるのではないかと思い、スタイリストを志望しました。 またスタイリストとして働けば、華やかな芸能界に関わることもできる、素敵な仕事です。ファッションを通じて自分もそんな世界に関わりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。[/su_box] →志望した理由が曖昧で、華やかな業界への憧れしか書かれていません。また、自分のメリットしかないため相手に響きません。その企業に入社した後の具体的な将来像を述べるなど、自分の強みを活かせることをアピールしましょう。 なお「ファッションが好きだから志望した」という人は多いため、憧れだけでは採用担当者に響きません。その上でさらに「このスキルで人を幸せにしたい」や「ファッションで何かを伝えたい」といった今後成し遂げたいことを書くと、より良い志望動機にできます。 スタイリストの志望動機の例文 ここでは望ましい志望動機の例文を紹介します。書き方を学び、自身のESに活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私はファッションが好きで、小さい頃からいつも最新のトレンドをチェックするようにしていました。そんな私が本気でスタイリストの道を志すようになったのは、高校生のときにアルバイトとしてアパレル店で働いたことがきっかけです。 実際に働き、自分が提案したファッションでお客様を笑顔にできたことで、喜んでもらえる仕事だと実感することができました。それからは、バックヤードでの大変な裏方仕事もやりがいを感じて楽しめるようになりました。 私は芸能界に対しても憧れがあったのですが、スタイリストを目指しているうちに、あれほど素敵に見えるのは裏方で仕事をされているたくさんの人達のおかげだと気づきました。今では、輝いている人を精一杯サポートできる存在になりたいと思っています。 貴社は芸能界との繋がりが深く、人々が憧れる芸能人のイメージを多く作り上げています。私も貴社で世の人々が憧れを抱くような芸能人像を作るサポートをしたいと思い、志望しました。[/su_box] →この文章は、自分の経験が元になっており志望動機に説得力があります。ファッションが好きなだけではなく、ファッションで人を幸せにしたいことや、今後どうなりたいのかについても書けています。 ファッションの最新情報に詳しいこと、裏方仕事をしっかりと頑張れる性格であることなど、自分のアピールポイントを相手に伝えられているのも良い点です。採用された後、どのような貢献ができるのかもはっきり記載できると、さらに良い志望動機になるでしょう。 まとめ スタイリストは華やかな舞台を裏から支えています。人の憧れを実現でき、人々が夢を持てる社会に貢献している重要な仕事です。スタイリストと聞いてよくイメージされる芸能界での仕事以外にも、アパレル会社やパーソナルスタイリストなどの仕事もあります。 企業によって実現したい理念や主に請け負っている仕事は異なるため、企業研究を必ず行ってから、志望動機を考えましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

コピーライター

コピーライターの志望動機の書き方と例文~電通の選考通過ESを公開~ コピーは言葉一つで見ている人の心を動かすものです。もちろん購買意欲を掻き立てるという最終的な評価もそうですが、使ったとき、体験したときをイメージさせたり気づかせたりし、かなりマーケティングの真髄をついていなければなりません。 またクライアントが望む効果を得られるものでなければなりません。コピーライターの仕事は、このように、無から有を生み出す生みの苦しみがついてまわります。 しかし、[su_highlight background="#fbf54a"]生みの苦しみを経て作り上げた広告が、結果として、売上アップや企業イメージの向上につながったときは、クリエイターとしての存在を根底から肯定されたような、自信ややりがいを感じるでしょう。[/su_highlight] また、TVCMの制作などに携わることもあり、多くの人に影響を与える仕事でもあります。 コピーライターの2つのトピックス コピーライターを取り巻く環境は現在どのような状況にあるのでしょうか。ここでは、コピーライターのトピックをお伝えします。 インターネットでの広告分野の伸び これまでの広告の媒体は、「テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」という、いわゆるマス広告が主流でした。しかし、電通イージス・ネットワークの調べによると、世界の総広告費のうちデジタル広告が占める割合が、2018年にデレビ広告費を上回って以降、伸び続けているというデータがあります。 また、インターネットで商品を購入する人が増えたことから、購入の意欲を引き立てる文章を書く、セールスコピーライターの需要が増えています。 参考:電通イージス・ネットワーク「世界の広告費成長率予測(2019~2021)」 コピーライターの業務は広がりつつある かつてのコピーライターの仕事は、広告のキャッチコピーを作ることによって、クライアントの抱えている課題を解決することがメインでした。 しかし、現代は、マーケティングの知識などにも基づきながら、企業のブランディング戦略を行ったり、新しい商品のコンセプトを考えたりする仕事にも携わるようになりました。 デジタル広告が伸び続けていることから、これからは、デジタル広告で課題解決の結果を出す力がますます必要とされるでしょう。 コピーライターであると便利な資格 コピーライターになるために、とくに資格は必要ありません。しかし、持っているとアピールできる資格や経験はあるので、ここではそれらについて紹介します。 Webライティング能力検定 まずは、Webライティング能力検定です。これはWebライティングのスキルを持っていることの目安になる資格です。2~3ヶ月に一度受けることができて、3級から1級まであります。 得た得点によって、何級合格になるかということが決められます。コピーライティングのほかにも、Webライティングの知識や国語の能力、SEOや法律的な知識などを持っていることの目安になります。 実用ライティング検定 実用ライティング検定は、文章を書く力や伝える力を持っていることを判定できる資格です。3級と2級があり、年に2回試験を行っています。3級は、文章を書く上での基本的な知識に関する試験で、2級はプロレベルのライターの知識を問う内容となっています。 様々な媒体で扱われるようになった文章の基本として、分かりやすい表現ができるかどうかというところが根幹になる試験です。 コンテストの入賞経験 コピーライターは、秀逸なコピーを作る発想力が評価される仕事です。そのため、キャッチコピーの制作でコンテストに入賞した経験などがあれば、実力を示すための強力なアピール材料になります。 キャッチコピーのコンテストには、誰もが挑戦できる大規模なコンテストから、市町村で行う企画に採用されるキャッチコピーや、企業の新商品の名前など様々な公募があります。日頃からいくつかのコンテストに挑戦して、スキルを磨いていくと良いでしょう。 ポートフォリオを作っておく コンテストへの応募やキャッチコピーのスクールの課題などで作ったキャッチコピーは、評価されたものがあれば、ポートフォリオと言われる作品集にしておくと良いでしょう。 また、入選や入賞に繋がらなかったとしても、お気に入りの作品などを載せておくことで、あなたのセンスや世界観、コピー制作への熱意を伝える上での強力なツールになるでしょう。 コピーライターの仕事内容 ここでは、コピーライターの仕事内容を、時間の流れに沿って詳しく見ていくこととします。 オリエンテーション コピー作りの始まりは、クライアントのオリエンテーションからです。どんな商品の広告を作りたいのかということや、その商品の課題や目的とするところ、どれぐらいの予算が出せるのかといったところなど、コピー制作の土台となる情報を受け取るための機会です。 オリエンテーションには、一緒に広告作りに携わるアートディレクターやクリエイティブディレクターも同行します。 コンセプト作り オリエンテーションでクライアントが求めていることを把握したら、「何を言うか」を考えるためのコンセプトを決めていきます。この過程では、商品が属しているマーケットの情報を把握して商品を分析し、誰をターゲットとした広告にするのか、その訴求点などを練っていきます。 資料から情報を吸収したり、商品の売り場まで行って、その特徴や他の商品との違いなどについて思いを巡らせて、確かな土台の上にコンセプトを作りあげます。この過程において、営業担当やアートディレクター、クリエイティブディレクターともしっかりディスカッションを行います。 キャッチコピーの制作 調査の上で「何を言うか」が固まったら、次は「どう言うか」です。ここは、コンセプトに基づいて、消費者の心に届く言葉を考えるキャッチコピー制作の段階です。 およそ数十本から数百本のキャッチコピーを考えますが、最終的に選ばれるのは、その中の1本です。キャッチーで、ただのダジャレのように思えるコピーにも、実は周到に考え抜かれた意図があるのです。 そのほかにもあるコピーライターの仕事 媒体によっては、キャッチコピーのほかにも、サブキャッチやボディコピー、タグラインなども必要になります。また、商品のCMのためのナレーションをしたり、CM用の歌を作ったりすることもあります。 他には、パンフレットやカタログ、チラシやダイレクトメールなどの文章の作成、会社案内や企業のPRの冊子を作ることなどもコピーライターの仕事です。 また、CM撮影やオーディションの立ち会いなどもすることがあります。企業にもよりますが、自分が携わる広告制作の過程全般を見守ります。 コピーライターの志望動機の書き方とポイント では、コピーライターを志望する場合、どのようなことを意識して志望動機を書けば良いのでしょうか?ここでは、そのポイントを説明します。 なぜその職種か まずは、なぜコピーライターになりたいと思ったのか、具体性のある理由を伝えましょう。例えば、クロネコヤマトの「場所に届けるんじゃない。人に届けるんだ。」というキャッチコピーを見たときに、言葉や発想力によって多くの人の意識を変えるコピーライターの仕事に強い憧れを抱きました」と言った感じです。 コピーライターでアピールすべき強み ここでは、どんな人がコピーライターに向いているかを紹介します。自分に当てはまる点があれば、志望動機を書く際にアピールすると良いでしょう。 コピーライターに向いている人 コピーライターは、幅広い分野に興味を持てる人、トレンドに敏感な人、物事を様々な角度から見ることができる人などが向いています。 このような発想力の土台があってこそ、優れたコピーの制作につながります。また、自分の考えを整理して伝えられるコミュニケーション力やチームをまとめるリーダーシップも重要視されます。 なぜその企業か コピーライターを募集している企業は様々あるなかで、なぜその企業に入りたいと思ったのかを伝えましょう。 例えば、「インターネットを使った広告が主流となりつつあるなかで、デジタル広告に力を入れておられる御社にて、時代の先端を行くクリエイティブを生み出し、クライアントに貢献したいと思いました」といった感じです。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] コピーライターの志望動機のNG例 ここでは、コピーライターの志望動機として良くない例を挙げています。どこが良くないのか考えながら読んでみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は、中学生の頃からコピーライターになりたいと思っていました。テレビのCMのセリフを考えるのもコピーライターがやっているということを知ったからです。 自分の作ったものがテレビで流れれば、有名になれると思い、「コピーライターってかっこいいな」と思いました。その上、広告代理店最大手の御社でコピーライターになれれば、自分にも有名になれるチャンスがあり、家族や知人にも自慢できるので、ぜひ御社に入社したいと思います。[/su_box] →コピーライターという職業にかっこよさを感じる側面は多かれ少なかれあるのかもしれません。しかし、そのことを全面に出した志望動機には、制作の過程の大変さに耐えうる忍耐力は感じられません。 コピーライターの志望動機の例文 ここでは、コピーライターの志望動機の例文を紹介します。良い点などを参考にしてみてください。 電通の選考通過ESの志望動機 [su_box title="志望動機の良い例"]私が御社を志望する理由は2つあります。まず言葉のプロとして、広告を見た人の心を動かしたいからです。昔から、手紙や日記に自分の気持ちを書いて来たので言葉にこだわりがあります。 手紙を渡すと相手が喜んでくれるのが嬉しくて、この経験から言葉で人の心を動かす仕事をしたいと思いました。また、私は「ひねくれ者」です。誰もが当然だと思っている「普通」を疑う癖や、まわりと違うことを言おうとする癖があります。 前例のない未来をつくろうとする貴社と、常識にとらわれない私は親和性が高いと感じ、伸び伸びと能力を発揮できると思い志望しました。[/su_box] →「言葉」の魅力に対する思いは、コピーライターを志望する思いの原点と言えるかもしれません。また、ただ言葉に興味があったことを伝えることだけではなく、その思いを裏付ける自分だけのオリジナルエピソードを入れると、よりあなたの人となりが伝わるでしょう。 また、志望する職種がコピーライターなので、志望動機の文章の中にもあなたのユーモアや才能のかけらなどを見られるものです。そのような思いで、普段から磨いておいた文章のセンスを嫌味なく表すと良いかもしれません。 まとめ コピーライターは、生みの苦しみや業務の多忙さなどのデメリットはありますが、様々なスタッフと力を合わせて作りあげた作品が社会に大きな影響を与えたときには、かけがえのない仕事のやりがいを感じるでしょう。 企業によって携わる業務や得意分野が異なるので、必ず各社を比較しながら企業研究をし、強い志望動機を書くようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

校正・校閲

校正・校閲職の志望動機の書き方と例文 「校正」とは文章の誤字・脱字を訂正すること、「校閲」とは文章の内容の間違いを指摘し筆者に修正をうながすことです。それだけ神経を遣う仕事だけに、一般的には、地味で単調、残業が多い、というマイナスイメージがあるようです。 しかし、それはすでに過去の話で、現代の校正・校閲職は意外にスマートな職業です。なにより、仕事の範囲がかなり広いので、経験を積めば積むほど、多彩な知識が自然に身につきます。経験と実績がものを言う世界なので、キャリアアップが比較的容易に図れる仕事でもあるのです。 また、[su_highlight background="#fbf54a"]世の中に出る読み物に対して、間違った日本語を使ったものや、適当な情報を載せないようにチェックする役割があります。このような校正・校閲者の仕事により、読者は正確な情報を得ることができるのです。[/su_highlight]社会にとって欠かせない役割を担っているといえるでしょう。 校正・校閲職の2つのトピックス この章では、校正・校閲のトピックスを紹介します。 TVドラマ「校閲ガール」で注目を浴びる ベストセラー小説を実写化した「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」というTVドラマを記憶している人も多いことでしょう。文字通り地味な業種で、一般にはほとんど知られていなかった校正・校閲の仕事が一躍注目を浴びるきっかけともなりました。 以前から小説は売れ続けていたのですが、2016年放送のTVドラマにより、校正・校閲が意外にファッショナブルな仕事に映ったのか、若い世代の就活にも大きな影響を及ぼしたとも言われています。 進むAIシステムの導入 校正・校閲の分野で気になるのは「今後AI化がどこまで進むのか」という問題です。確かに、文章の修正を人に頼らずAIに任せておけば、これほど楽なことはありません。実際に、現在でも校正ソフトはすでに一般化されています。 企業でも凸版印刷が金融機関向けに「AI校正・校閲支援システム」を開発し、2020年からサービスをスタートさせています。 しかしながら、AIが人間から校正・校閲の仕事を完全に奪うのは、まだずっと先のことと言われており、その事実がかえって今の校正・校閲業務の難しさを浮き彫りにしているとも言えます。今後はITにも明るい人材が要求されるようになることでしょう。 校正・校閲職で得られるスキル 地道かつ緻密な作業として知られる校正・校閲職だけに、着実に経験を積み重ねていくことで、他の業種とは比較できないほどの知識と教養が身につきます。そのスキルは校正・校閲職としての一生の財産です。 なお、校正・校閲職の志望者が就活前に習得しておくべきスキルは「Word、Excelなどのオフィスソフト」「Photoshop、Illustratorなどのデザインソフト」などです。それでは、校正・校閲職で得られるスキルを以下に紹介しましょう。 文章チェックのプロとしてのスキル 熟練の校正・校閲職に与えられる称号は「文章チェックのプロ」です。大手出版社の中には有名小説家から「校正・校閲はこの人に」と指名を受けるほど有能な校正・校閲職がいるといいます。 経験を積むと文章の矛盾点や非合理な箇所を見抜くスキルが身につき、豊富な知識により、誰も気づかない誤りを指摘することで、徐々に周囲からの信頼を得ることができるでしょう。 速読のスキル 校正・校閲の仕事では「早さ」と「正確さ」が両立することが求められます。矛盾する両方のスキルを備えることができてはじめて、一人前の校正・校閲職なのです。 そのためには、文章を速読した上に、内容をきちんと把握できるようにならなければならず、できるだけ多くの書物を読み込むことが大切です。 集中力と探求力のスキル 校正・校閲職では、他人が書いた原稿をチェックする仕事を通して、自然と集中力が養われます。それと、文章の意味や筆者の意図を汲み取っていく過程で、文章から派生するさまざまな事象を調査する必要も出てきます。結果的に、校正・校閲職は探求力のスキルが他の職種よりも高くなるのです。 校正・校閲職の仕事内容 校正・校閲のメインとなる仕事はどんなものか、見ていきましょう。 ミーティング 校正・校閲職の最初の仕事はミーティングからスタートします。入念な打合せが必要なものから簡単なものまで、ミーティングにもいくつか種類があり、筆者の意図やテーマや文面の時代背景など事前に説明が必要な場合は入念な打合せが行われます。 原稿が広告物の場合には、ミーティング後に必要な資料の収集にかかる場合もあります。 初校チェック 文章の最初の段階の全体チェックが行われます。軽微な誤字脱字、文章の書き間違いなど一通りチェックし、疑問が残る箇所などにはその旨赤チェック印を入れて、クライアントまたは筆者に戻されます。これを最初の校正を意味する「初校」と呼びます。 校正・校閲作業 ここからが、校正・校閲作業の本番です。文字のチェックはもちろん、文章に矛盾がないか、あるいは内容に筆者の勘違い(時代背景や年号歴史的事実など)がないかどうかを入念にチェックします。 広告物では数字(商品価格など)の誤りは致命的なミスとなるので、特に入念にチェックされます。さらに、掲載する媒体によってはタブーとなる単語や表現もあるのでそれらも要チェック事項となります。 なお、原稿によっては最初に校正のみを行い、校了(校正の修了)してから校閲に回される場合もあります。 校正と修正の繰り返し 初校から2校、3校と原稿のやり取りが行われます。社内で複数回の校正・校閲を行い、最終段階でクライアントまたは筆者に渡すケースと、全行程にクライアントが関わるケースがあります。 校正・校閲のやりとりを何度か繰り返し、最終段階としてクライアントを交えて念校(念入り校正)が行われ、これがOKとなると、校正・校閲の修了(校了)となります。 大きな仕事の場合、校了後に校正・校閲の部署メンバー全員が参加するミーティング(反省会)が行われる場合もあります。反省会で討議した結果は、次回の仕事に反映されます。 校正・校閲職の志望動機の書き方とポイント 校正・校閲職は専門職であり、一人前になるにはある程度の経験が必要とされています。したがって、他の職種のように「バイトで経験があるので」というようなアピールは通用しません。 ここでは、そのような校正・校閲職の志望動機を書くポイントを紹介します。 なぜその職種か まず大切なのは、校正・校閲職を志望することになった、その理由を明確かつ具体的に述べることです。そして、その理由によって校正・校閲職を志望することになったという風につなげた文章にしましょう。 きっかけは「校正・校閲職をテーマにした小説やTVドラマを観て」でもよいのですが、例えば「校正・校閲によって、文章の完成度を高めることに大きな魅力を感じた」という具体的な表現があればベストです。 校正・校閲職でアピールすべき強み 校正・校閲職に必要とされる、自身の強みをアピールしましょう。企業の採用担当者が判断するのはその人物の資質です。「我慢強い」「根気がある」という性格に加えて「協調性」や「柔軟性」をもっていることも大きな判断材料です。 例えば「学生時代に経験した部活での文集の編集作業で、全員が納得するまで部員の文章の手直しをすることに面白さを感じた」「自分の何でも完璧に作業をこなしたいという性格が文章の校正作業に向いていると感じた」という書き方がよいでしょう。 なぜその企業か 校正・校閲職の求人企業を綿密に調査・研究し、この企業に就職先を絞ったという理由を明確に伝えましょう。「自宅に近いから」などという安直な理由ではなく、例えば「書籍の出版以外にも不動産業・アパレル業・食品業など多くの業種の広告物を扱っているので、多様な経験が積めると思った」という前向きな理由が望ましいです。 「食べ歩きをすることが好きなので、将来はグルメ記事の校正・校閲をしたい」など具体的な将来像をもっておくことも、志望企業を選ぶポイントになるためしっかり考えておきましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機を一言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 校正・校閲職の志望動機のNG例 校正・校閲職の志望動機で「こんな書き方はNG」という例文を紹介します。なぜNGなのか、解説文をよく読んで参考にしてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は、小学生の頃から読書が好きで、学校の休み時間はいつも本を読みふけっていました。特に好きなジャンルはSFと推理ものです。就活では、出版系がいいと漠然と考えていましたが、テレビで「校閲ガール」を観て、校正・校閲の仕事に興味を持ちました。 御社は、業界でも大手で、研修制度も充実していると思うので、入社後は早く仕事を覚えて貢献したいと思っています。今から、いろいろな本をたくさん読めると楽しみにしています。[/su_box] →志望動機が「読書の趣味とTVドラマを見たから」だけで「なぜこの職業に就きたいと思ったのか」という視点が欠けています。企業の採用担当者が最も確かめたいのは、志望者が胸に抱くこの職業への情熱です。 その「熱き思い」が伝わってくる内容でなければなりません。最後の「たくさんの本が読めると楽しみ」という文も全く余計です。「仕事場を図書館と勘違いしているのでは?」と思われかねません。「入社して自分はこうなりたい」という夢を語って文章を結ぶことが大切です。 校正・校閲職の志望動機の例文 採用担当者から「好ましい人材」と思ってもらえるような校正・校閲職の志望動機の良い例文を示しました。例文を熟読し解説も参考にしたうえで、自分の言葉で飾らず、真摯な気持ちで志望動機を書いてみましょう。 [su_box title="志望動機の良い例"]この度、私が御社の校正・校閲職を志望したのは、第一に私自身が読書を趣味としており、多彩な読み物から色々な情報を得ることをとても楽しいと思っているからです。 学生時代に新聞部で記事の編集作業をした経験から、他人の文章の手直しをすることに興味を持ちました。そして、校正・校閲をテーマとした小説などを読んだこともあって、次第に関心が強くなってきたのです。 もちろん、単に本好きの興味本位だけというだけではこなせない厳しい職種であることは承知しております。しかし、私には「やり始めたら、どんなに大変な作業でも最後までやり遂げる」という我慢強い性格で、他人との協調性や人付き合いも得意なタイプです。 そしてなにより、自分が関わった文章や広告物が広く世の中に流通することに、大きな歓びと誇りを感じることができると考えています。 出版以外でも多様な広告物を取り扱っておられる御社は、創業60年の実績がある御社は、社員の感性を活かした仕事ができるという点に強く共感しました。 また、未来のステージに積極的に取り組んでいくという経営方針なので、DTPオペレーターとしても貴重な経験を積める職場環境だと思います。入社後は、一日でも早く仕事に慣れ、どのような案件でも任せてもらえるような人材になりたいと願っております。[/su_box] ←就活に関して真摯な姿勢が垣間見える文章です。謙遜しながらも、校正・校閲職の難しさや大変さをよく理解しており、困難な仕事で自分のスキルを磨いていきたいという決意表明が明確に伝わり好感が持てます。 また、自分の性格が校正・校閲職に適している点もしっかりアピールしており、採用担当者から「長く働いてくれる人材」との評価を受けやすい文章となっています。 まとめ 校正・校閲職は専門職であり、単に「読書が趣味」というだけできるほど甘い業種ではありません。したがって「いかに自分が意欲的に取り組もうとしているか」「いかに自分の性格が校正・校閲職に適しているか」「将来はこのような夢を描いている」以上の3点を、より具体的に表現することが志望動機を書く際の大きなポイントです。 校正・校閲職は、社会的意義が高いやりがいのある仕事です。企業の採用担当者がうなるようなアピール度の高い志望動機を書いてみましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活