職種

【職種】カテゴリ

バイク便

バイク便の志望動機の例文・書き方 バイク便というと荷物をただ運ぶだけの職業と思う人は多いですが、それだけではありません。臨機応変な対応を求められることが多いので、責任感を養うことができます。 天候の影響をうけるので大変な仕事ではあるものの、緊急の荷物を届け、顧客に感謝されるのは何ものにも代え難い喜びとなります。[su_highlight background="#fbf54a"]臨機応変に素早く物を届けるバイク便は、例えば輸血用の血液を運ぶ際に重宝されるなど、医療現場や緊急事態を解決する手段となる仕事です。[/su_highlight] 歩合制の給料体系が多く、やればやるだけ稼げるというのもバイク便のメリットのひとつです。 リモートワークが推進される今、注目される職種だけに、しっかりトレンドや業務内容を理解した上で”受かる”志望動機を書きましょう。 バイク便のトレンド バイク便には大きく2つのトレンドがあります。 1つ目は地図アプリの進化です。昨今、スマートフォンの開発は急速に進んでおり、それに伴って地図アプリも進化しています。 以前のバイク便では、紙の地図でいちいち道順を調べながら配達しなければならなかったため、地図を読むのが苦手な人には向かない職業でした。 しかし、地図アプリが進化してきた現在では、目的地を設定すればその場所までの道順はもちろん、途中で渋滞情報があればリアルタイムでアプリに反映されるので、スマートフォンがない時代と比べると格段に配達がスムーズになりました。そのため、地図を読むのが苦手という人でもバイク便に参入しやすくなったのです。 2つ目は新型コロナで需要拡大したことです。2020年の春から猛威を振るっている新型コロナウイルス。感染力が高く、感染者の2割は重症・重篤に至る危険性があることから、政府が感染拡大を防ぐために外出自粛要請を発表しました。 その結果外出する人が減り、観光業界や飲食業界は大きな経済的ダメージを受けることとなりました。しかし外出が難しくなったことから、家で過ごすためのアイテムや食料を宅配で取り寄せる人が増えたため、宅配業は需要が高まりました。 さらにバイク便は緊急性の高い医療品や飲食店からの食品の配達を得意とするので、コロナウイルスで不況といわれている中でも特にその影響を受けることはありませんでした。 米国発のフードデリバリーサービス「Uber Eats」が日本でも盛んになったことからも、バイクおよび自転車を使ったスピード重視型の配送業が盛況であることがわかります。このことからバイク便は、これから起こり得る緊急事態の際にも仕事がなくなりにくい職業といえるでしょう。 バイク便で必要な資格 バイク便の仕事に就くにあたって必要な資格を紹介します。 自動二輪の運転免許 バイク便に就くためには自動二輪の運転免許は必須です。免許がなければバイクを運転できないので、そもそも採用に至らないでしょう。バイク便を志望するのであれば、自動二輪の運転免許を取得し、さらにある程度運転に慣れておく必要があります。 バイク便の仕事内容 バイク便の仕事では様々な荷物を運びますが、具体的にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。バイク便の仕事内容を見てみましょう。 契約の期限などが迫っている緊急性の高い書類 バイク便の最大のメリットは「スピード」です。そのため、「今日中になんとしても相手のサインが欲しい」「サインをもらったらすぐに返送が欲しい」というような緊急性の高い書類を運ぶことが多くあります。 化学薬品・血液・臓器 化学薬品や輸血用の血液、移植用の臓器などは温度管理が難しく、通常の宅配便では取り扱いが難しいとされています。 また、これらの品物は患者の命に関わるため、緊急性が高い場合が多いので、宅配便の中で最も速く、臨機応変な対応ができるバイク便が選ばれることが多いのです。 食品の配達 2020年の新型コロナウイルスの流行で需要が増えた飲食店からの宅配サービスでも、バイク便が活躍しています。バイク便のスピードを活かすことで、でき立ての料理が冷めたりぬるくなってしまったりする前に顧客に届けることができます。 買い物代行 今すぐに必要な物があるけれど、事情があって買いに行くことができないという場合、バイク便が買い物代行を務めることがあります。 バイク便の志望動機を書く際の3つのポイント 志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、そしてその職種の中でもなぜその企業なのかを明確にすることが重要です。 なぜその職種か まずは数ある職種の中からなぜバイク便を選んだのか、その理由を説明できなければいけません。例えば「バイクに乗ることが好きだから」「自分が荷物を届けることでお客様が笑顔になるのが嬉しいから」など、バイク便ならではの理由を挙げましょう。 バイク便でアピールすべき強み バイク便を志望する際にアピールするべき強みとしては、バイクの運転技術が挙げられます。これまで無事故であるのなら、その点をしっかりアピールしましょう。 また、バイク便では臨機応変な対応が求められることが多いので、柔軟な性格であることや、臨機応変な対応ができたエピソードがあるのならぜひアピールしましょう。 なぜその企業か 一口にバイク便と言っても、様々な企業がありそれぞれに特徴があります。バイク便の中でもなぜその企業を選んだのか、その理由も述べられるように企業研究はしっかりと行いましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] バイク便の志望動機のNG例 以下ではバス運転手の志望動機NG例を紹介します。 どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私はバイクに乗ることが趣味で、今までに多くの観光地を訪れてきました。旅先でその地域に住む人々と触れ合うことで、バイクに乗ることがますます好きになりました。この趣味を仕事でも活かしたいと思ったところ、バイク便という仕事に出会いました。 特に貴社の「お客様へ嬉しい気持ちも配達する」という企業理念に感銘を受けたので志望します。また私はバイクの運転でもスピードに自信がありますので、お客様へ誰よりも早く配送ができる自信があります。 [/su_box] →「バイクに乗ることが趣味」という点までは良いのですが、その後の話と企業理念がつながっていません。また「スピードに自信がある」というのは一見良いアピールポイントに見えますが、バイク便で大切なのは「速さ」より「丁寧さ」です。 いくら早く品物を届けても、中身がぐちゃぐちゃになっていては意味がありません。このため、バイク便を志望する際、スピードだけアピールしてもあまり意味がないのです。 バイク便の志望動機の例文 次に実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察を紹介します。書き方を参考に、自身のESや面接に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私はバイクに乗ることが趣味で、休みの日以外にも日常でバイクの運転をしています。以前、友人が忘れ物をして困っている際にバイクで忘れ物を届けたことがあり、その時とても感謝されたことがきっかけでバイク便に興味を持ちました。 特に貴社の「お客様へ嬉しい気持ちも配達する」という企業理念に感銘を受けたので志望します。また私はバイクの運転歴は数年になりますが、その間無事故であり、普段でも安全運転を第一に気をつけているので、丁寧・誠実な対応には自信があります。[/su_box] →バイク便のやりがい部分に触れたエピソードを紹介することで、しっかりとした志望動機になっています。また、バイク便に必須の丁寧さもアピールできているのが素晴らしいです。 途中の、企業理念に感銘を受けたという部分の理由をもっと掘り下げて説明できるとなお良いでしょう。 まとめ バイク便は配送業の中でも緊急性の高い荷物を運ぶ職業です。宅配便など通常の配送業では間に合わない物を運ぶため、臨機応変な対応を求められることが多いですが、顧客に直接渡すことで感謝されることが多く、やりがいを感じやすいといえるでしょう。 バイク便は業務内容や歩合給・固定給といった給与体系が企業によって異なります。志望動機を作成する際は企業研究をしっかり行いましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

電車運転士

電車運転士の志望動機の例文・書き方~東京メトロの選考通過ESを公開~ 電車運転士と聞くと、毎日同じ路線を運転するルーティーンワークのイメージがあります。しかし実際には、正確で安全な電車運転をするために、日々技術を磨き、知識を蓄えるなど業務は多岐にわたり、退屈を感じるような暇もない刺激のある職業です。 電車運転士はインフラに携わる職業のため、しっかり技術を身につければ仕事は安定しています。ただし、非常時でも止めることができず、[su_highlight background="#fbf54a"]乗客の安全を守る業務を担っているため社会的責任が大きいです。[/su_highlight]その分、多くの人々に感謝されるやりがいのある仕事といえるでしょう。 多くの学生から人気がある電車運転士になるためには他の学生と差をつける必要があります。本記事の情報は"最低限"把握した上でご自身のESの質を高めてください。 電車運転士の最新情報 バス運転手には大きく3つのトレンドがあります。 明治5年から始まった鉄道の歴史とともに電車運転士の仕事内容は大きく変化してきました。電車技術の発展とともに変化する電車運転士をとりまく最新情報を見てみましょう。 最新運転訓練シミュレーター 電車運転士の技術を養うため、最新の「運転シミュレーター」「車掌シミュレーター」「電車運転関係の連携訓練」を行います。さらに、シミュレーターで非常事態や重大なトラブルへの訓練も可能です。 シミュレーター訓練することにより、現実のトラブルや非常事態においても冷静な判断を養うことができるようになりました。 自動列車運転装置で運転をサポート 自動列車運転装置(ATO装置)とは、走行・停止・駅とドア制御連携をトータルで制御して自動運転をする装置のことを指します。東京メトロや都営地下鉄で一部使用されており、将来的にはJR路線でも随時採用されていく予定です。 運転士の負担軽減だけでなく、運転士と車掌の2人体制から運転士のみが乗務する1人体制の運行を目指しています。 電車運転士で得られるスキル 電車運転士を勤めることによって得られるスキルを以下にまとめました。 電車の運転技術 電車運転士はシビアな運行時間と安全を守るため、時間計算や加減速のタイミング、ブレーキ操作など様々な技術が必要です。運転技術は机上の理論だけでは身につかず、様々な経験の積み重ねで自分の運転を見つけていきます。 技術自体は現場で身につけていきますが、事故を起こさない運転理論や規定などの知識は必須であり、異常事態における対応などはシミュレーションを行いながら学んでいきます。 車両に対する知識 電車運転士は電車の運転技術だけでなく車両知識も身につけなくてはなりません。乗車前に車両の機器類に異常がないか確認する作業等も担っています。 この知識は車両故障などの異常事態が発生した際、応急処置を行うためにも重要です。検査方法や応急処置方法を間違えると、さらに重大な事故へと発展してしまう恐れもあります。電車運転士は机上の知識だけでなく、実物を使った現地訓練を行い現場で使える知識も養っていくのです。 接客スキル 電車運転士になるためには、見習い期間中に車掌や駅員などの仕事も経験しなくてはなりません。電車は老若男女の様々な人が利用します。「街の道案内」「駅構内の案内」「精算関係」「車内放送」などお客様と交わる仕事が多いため、接客スキルが磨かれます。 電車運転士の仕事内容 バス運転手といっても具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。以下で詳しく説明します。 電車の運転がメインの電車運転士ですが、運転以外の業務も重要です。以下に電車運転士の業務を紹介します。 電車の運転 電車を運転する際には、定時運転を実現するために秒単位の精度を求められます。電車の性能や乗客の人数によって「ブレーキのタイミング」「加速の具合」が異なるため、状況によって時間と安全を両立させながら運転するのが電車運転士の役目です。 ATO装置が導入されている電車でも、週2回程度は運転士の技術が衰えないよう手動運転に切り替えて運転をしています。 車両点検 乗車前に車両を点検するのも電車運転士の仕事です。保安装置確認や信号確認をするのも車両点検に含まれます。保安装置とは電車の保安を守る自動列車システムのことで、点検作業は列車の間隔を保つために不可欠です。 信号確認も、車両に付けられている信号を確認し、機械だけでなく人の目でも安全を確認する仕組みになっています。このように、車両点検も電車運転士の重要な業務の1つといえます。 非常時対応 非常事態が発生した際に対応するのも電車運転士の仕事です。車掌と協力して乗客を安全に避難させる必要があります。非常事態に陥った際、乗客がパニックを起こし、車内から出ないようアナウンスしたり、車内から降りる際にスロープを設置したりするのも電車運転士が行っています。 迅速かつ適切に車掌と連携を取りながらの対応が迫られます。 車掌業務 電車運転士のみで運行するワンマン電車の場合、電車運転士が車掌業務を兼任します。「ドアの開閉」「車内アナウンス」「精算業務」などを1人でしなくてはなりません。ATO装置が広がることで、今後はワンマン電車が増えてくる見込みです。 電車運転士の志望動機を書く際の3つのポイント 電車運転士の志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、その職種の中でもなぜその企業なのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。 なぜ電車運転士の仕事に就きたいのか 数多くある職種から電車運転士を選択した理由を書きましょう。電車運転に対する熱意だけでなく、電車運転士になりたいと思った過去のエピソードを交えて、乗客の命を預かるという責任を持つ覚悟をアピールするのもいいでしょう。 憧れだけでなく電車運転士へ至るまでのキャリアパスを理解しているのも重要です。電車運転士に至るまでの「駅員」「車掌」の経験を運転士になったとき、生かすことを強調するのも必要になります。 電車運転士でのアピールすべき強み 電車運転士は時間を正確に守り安全に運転しなくてはなりません。そのため、慎重で几帳面など、まじめな性格はアピールポイントとすることができます。 また、車掌や駅員の業務をこなすケースもあるため、過去の実績を踏まえて接客能力に長けていることを強みとするといいでしょう。 なぜその企業を志望するのか どうしてその企業でなくてはならないかは志望動機を作成するうえで重要なポイントになります。 例えば「地元の鉄道会社なので地域活動に貢献したい」「安全への取り組みに感銘を受けた」など自分の考えと鉄道会社をマッチさせることが重要です。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 電車運転士の志望動機のNG例 以下ではバス運転手の志望動機NG例を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は幼い時より鉄道が好きで電車を運転したいと思っていました。なかでも新幹線や特急電車など最新の電車運転を目指しており、電車シミュレーションゲームなどを使用して運転の練習を重ねてきました。 入社後は多くの乗客の命を扱う仕事のため、電車の運転に専念し技術を磨きたいと思っています。[/su_box] →電車運転への憧れと要求が強く、現実が見えていない印象があります。電車運転士になるまでは別業務の見習い期間が必要であり、ワンマン運転へと切り替わった場合、車掌の仕事も兼任しなくてはなりません。 [su_box title="志望動機のNG例"]貴社は安全を軽視した結果、大きな電車事故を起こしましたが、その後は社内改革に取り組み、電車運転士にとって風通しの良い会社になったと聞いています。 電車運転士の仕事は時間に不規則といわれていますが、貴社の「定時帰宅」「土日祝日の休み確保」を目指す取り組みは安全へ直結しているはずです。ぜひ、貴社に入社して電車運転士を目指したいと思っています。 [/su_box] →企業批判にあたることは、志望動機としては印象が良くありません。鉄道会社は不規則な仕事なので、安定した休日を求めている志望動機ではミスマッチだという印象を持ちます。 電車運転士の志望動機の例文 志望動機の参考例を下記に記載しています。良い点もあわせて紹介しているので、志望動機を書く際の参考にしてみてください。 東京地下鉄(東京メトロ)の選考通過ESの志望動機 [su_box title="志望動機の良い例"]幼い頃、迷子になったときに駅員さんに優しく対応されてから、鉄道に強い興味を持つようになりました。電車に興味を持ってから観察してみると、電車が安全かつ正確に走っていることがすごいことだと気づきました。 私は貴社の「もっと」というスローガンに感銘を受けております。日本でもトップクラスの鉄道会社なのに「もっと」上を目指す姿勢は乗客の命を扱う責任ある仕事として必要なことです。 「駅員」「車掌」「電車運転士」という現場から「もっと」を合言葉に、安全を最優先にすることを徹底しながら、お客様に対するさらなるサービスを貴社で実践したいと存じます。[/su_box] →会社を志望する理由として、会社の強みと自分のビジョンが合っているという部分を具体的にアピールできているので、志望動機として厚みが増しています。 電車運転士以外の見習い期間である車掌や駅員なども意欲的に取り組めると印象よく思ってもらえます。 まとめ 電車運転士は乗客の命を預かる責任が重大な仕事です。また、勤務時間も一定していないため体力も必要となります。しかし、地元に深く根付き社会貢献度の高いやりがいのある仕事です。 経験と深い知識が必要になりますが、努力が自分に返ってくる魅力的な仕事でもあります。電車運転士の業務内容は鉄道会社によって異なることもあります。比較しながら企業研究を行い、志望動機を作成するようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

大型ドライバー

大型ドライバーの志望動機の例文・書き方 大型ドライバーと聞くと、長時間の運転や重い荷物の積み下ろしなど、重労働というイメージがあります。しかし物流は、人が生活をするうえで必要なあらゆる物を届けており、この仕事がなかれば、そもそも生活が成り立たないといえるほど必要不可欠なものです。 [su_highlight background="#fbf54a"]経済活動の動脈を支えているという誇りと、人々の役に立っているという喜びを実感できます。[/su_highlight] また、給料は普通のサラリーマンより高い傾向にあり、努力が評価されることにやりがいを感じます。需要が多く雇用も安定しており、意欲的にさまざまな資格を取ることで、自ら仕事の幅を広げキャリアアップを図ることができる仕事です。 大型ドライバーの最新情報 大型ドライバーは物流を支える重要な仕事であるものの、その厳しい労働環境のために志望する人が少なく人手不足が続いています。そのため、労働環境の改善を図ろうと、国や企業がさまざまな取り組みを行っています。 法的な労働環境を改善する取り組み 大型ドライバーの仕事内容は、荷物の運搬以外にも積み下ろしや待機時間も含まれます。現場では、予定通りに配達先に着いたものの、荷物の積み下ろしのために何時間も待たされる待機時間が問題となっていました。 この点について、配送とは別に付随するサービスや待機時間も料金として請求できるように法改正がなされました。今後は、運送会社の利益がきちんと確保されることで、大型ドライバーの賃金や労働時間の改善につながることが期待できます。 法定速度遵守や健康診断実施などの安全面を守る取り組み 大型ドライバーの安全面については、社会から厳しい目が向けられています。企業は以前のように、いかに早くいかに多くの荷物を運べるかという点に重きを置くのではなく、法的速度の遵守を徹底し、定期的な健康診断を行うことで大型ドライバーの安全や健康を守る取り組みを進めています。 ネット通販の増加や少子化問題によって人手不足が続いている業界であり、今後はより若い世代を確保するためにも、一層の待遇改善が期待できるでしょう。 大型ドライバーで必要な資格 大型ドライバーに必要な資格を紹介します。運転する車両や運送する内容によって、必要となる資格は異なります。さまざまな資格を取得することで仕事の幅が広がり、給料や待遇を上げることができるでしょう。 大型自動車免許 大型自動車といわれるのは、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、または乗車定員が30人以上の四駆車です。 この免許を取得すると、大型トラックやダンプカー、ホテルなどの送迎用マイクロバスなどを運転できるようになり待遇が良くなります。 大型特殊自動車免許 大型特殊自動車免許は、フォークリフトやロードローラー、ショベルカーなどの特殊車両を公道で運転するときに必要な免許です。これとは別に作業ごとに免許が必要なので、どのように働きたいかを考え、合わせて作業免許も取得することで仕事の幅が広がります。 けん引免許 この免許では、トレーラー(荷物を積むための車)を連結した車両を運転することができます。貨物トレーラーやタンクローリー、大型のキャンピングカーなどが牽引車に該当します。一度に大量の荷物を運送でき、かつ運送できる種類が増えるため、仕事の幅がぐっと広がり待遇が良くなります。 大型自動車第二種 大型自動車第二種の免許を取得すると、大型トラック以外にも路線バスまで運転ができるようになります。路線バスは人を運ぶことから責任も重く、免許取得に関してもほかの免許よりハードルが高くなります。 路線バスまで運転できると仕事の幅も広がり待遇が良くなります。 大型ドライバーの仕事内容 大型ドライバーの仕事内容は、荷物を運ぶことだけではありません。次に詳しく説明していきます。 車両の点検 大型ドライバーの仕事として最も大事なことは、安全に任務を遂行することです。そのためにも、車両の点検は非常に重要です。気象によって道路の状態は変わるので、どのような気象でも問題が生じることがないように丁寧な点検が欠かせません。 荷積み 点検が済んだら、荷物をトラックに積み込みます。荷物を間違えて積み込むことがないように、きちんとチェックしながら作業します。 配送 荷物を積み込んだら、目的地へ配送します。配送する荷物によっては、夜に出発することもあるでしょう。配送先も身近なところから、県をまたいで遠くの地までとさまざまです。運転が長時間に及ぶ場合は、安全を第一に休憩をいれながら運転することを心がけます。 荷受け(荷物の受け渡し) 目的地に着いたら、荷物の受け渡しです。場合によっては荷受け場所が狭いこともあり、長時間、順番を待つこともあります。 大型ドライバーの志望動機を書く際のポイント 大型ドライバーの志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、その職種の中でもなぜその企業なのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。 なぜ大型ドライバーなのか 数ある職種のなかからなぜ大型ドライバーを選んだのかを明確に説明することが大切です。 物流は、人々の日々の生活を支えるために欠かせない仕事です。「貨物の運搬を通して日本を豊かにしていきたい」「全国の隅々にまで物を届けることで人々の生活を支えたい」など、大型ドライバーとして、また物流を担う一旦としての志望動機をアピールします。 物流業界の企業の理念などを参考に、なぜこの職種なのかを具体的に説明しましょう。 大型ドライバーでのアピールすべき強み 大型ドライバーは、体力の必要な仕事です。学生の頃から部活などでスポーツに励んできた経験は、そのままアピールできる強みとなります。 どのような車両でも、安全に運転することが最も優先されます。大型車両であれば、なおさら慎重な運転は欠かせません。法定速度を守ることは当然のことですが、十分な車間距離をとる、常に周囲への注意を欠かさないなど、基本的な動作をきちんと守ることが大切です。 そのため、慎重な性格であることや、普段から安全意識が高いことは、大きなアピールポイントとなるでしょう。昨今は、あおり運転が問題となっていますが、予想外の事態にもイライラせずに気長に待つことができる性格も大型ドライバー向きといえます。 なぜその企業なのか 物流企業は数多くあります。なぜ、その企業を選択したのかを説明することは大切です。例えば、ヤマトホールディングス株式会社は、社訓の1つで「ヤマトは我なり」と謳っています。これは、会社の一番の財産は「人」であり、「全員経営」を目指していることを表わしています。 トップダウンではなく、社員ひとりひとりが自ら考えて行動することを目指していますが、こういった具体的な内容を盛り込むことで、なぜその企業なのかを伝えることができるでしょう。そのためにも、志望動機を作成する際には企業リサーチは欠かせません。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 大型ドライバーのNG例文 以下で大型ドライバーの志望動機NG例を紹介します。NG例の問題ポイントもあわせて紹介していますので、参考にしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は、小さい頃から大型トラックを運転することが夢でした。18歳になり普通免許を取得し、地元の運送会社で働きながら経験を積み、今回やっと大型免許を取得することができました。 今までは、市内での配送が中心でしたが、今後は中距離や長距離の運転をしたいと貴社を志望しました。今まで行ったこともない地へ荷物を運ぶことで、さまざまな経験ができると思っています。 人とコミュニケーションを取ることも得意なので、貴社の顔となれるようなドライバーを目指して頑張りたいと思います。 [/su_box] →自分の希望だけの志望動機となっています。「夢」や「希望」は大切ですが、企業にとってどのようなメリットがあるのかが記載されていません。 また、大型ドライバーは決して楽な仕事ではありません。大型ドライバーとしての自覚や安全に対する責任を盛り込むとよいでしょう。 大型ドライバーの志望動機の例文 大型ドライバーの志望動機の例文を下記に記載しています。良い点も合わせて紹介しているので、志望動機を書く際の参考にしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は、現在、自社商品をお客様に配送する仕事をしています。しかし、小さい頃から大型トラックを運転することが夢で、今回、大型自動車免許を取得することができ貴社に志望しました。 物流の仕事は、人々の生活を支えるやりがいのある仕事だと思います。数年前に、大洪水で被災した際に、日昼夜問わず物資を届け続けてくれたドライバーの姿に感銘を受けました。貴社の「豊かな社会の実現に貢献します」という経営理念のもとで働くことで、より多くの人々の役に立てるのではと思い貴社を志望しました。 学生のときは、ラグビー部でキャプテンを務めていました。体力、気力には自信があります。また、キャプテンとしての経験から、どのような問題が生じても根気よく対応すること、諦めずに人とコミュニケーションを取り続けることで、さまざまな問題を解決していくことができると学びました。 貴社の一員となった暁には、安全第一を心がけるドライバーとして頑張りたいと思います。[/su_box] →小さい頃からのエピソードを交えることで、なぜ大型ドライバーを選んだのかをアピールできています。また、具体的な経営理念を盛り込むことで、ほかの企業との差別化も図れています。 体力があることや根気強いこと、また安全を心がけるという信念も大型ドライバーとしてふさわしいとアピールできており、好印象を持たれる志望動機といえるでしょう。 まとめ 大型ドライバーは、長時間労働でハードな面もありますが、人々の生活を支えるやりがいのある仕事です。 人によっては憧れの仕事でもあるので、具体的なエピソードなどを交えながら自分の強みや夢をアピールすることが大切です。企業ごとに仕事内容は異なるので、きちんと企業研究をして志望動機を作成するようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

宅配

宅配の志望動機の例文・書き方 宅配の仕事は、一般的に「荷物が重い」、「拘束時間が長い」というマイナスイメージを持たれることもあります。しかしながら、宅配の仕事はよく動くことで体が鍛えられるというメリットがあります。また、昨今の宅配ニーズの高まりで、採用されやすく、高給を得られる業種でもあります。 必要な荷物を届けることで感謝されるのも、大いにやりがいを感じる側面でしょう。[su_highlight background="#fbf54a"]届け先の感謝をダイレクトに感じることで、多くの人の生活や社会生活を支えているという達成感を味わうことができます。[/su_highlight] 宅配の仕事では運転技術やスケジュール管理など、配送業に関するスキルを磨くことができるのもメリットといえるでしょう。経験を積んで、将来起業することも可能です。宅配の仕事は、物流の根幹を支える社会に不可欠な仕事であり、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。 宅配のトピックや最新の業界情報 今日ではネットの普及によりインターネットショッピングなどが年々増加し、物流の需要が非常に高まっています。現時点での宅配の現状や宅配業界で取られている対策を見てみましょう。 人手が足りない 宅配便を利用する人が急増する一方、配送員の人材不足は深刻です。2016年には、増え続ける荷物をさばききれず、遅配が生じて社会問題にもなりました。 配送員の負担やコストが増える再配達も増加し、配送員の長時間労働が常態化して、人材の確保がさらに難しくなる状況が続いています。 人材を増やすための施策 配送員の負担が大きくなる事態を受けて、各宅配業者は人材を増やすための施策を講じています。長時間労働を抑えるなど配送現場の労働環境を改善したり、宅配BOX・宅配ロッカーの普及で再配達を減らしたりする取り組みはその一例です。 また、人材確保のために福利厚生などの待遇面を見直す企業が増えるなど、少しでも働きやすい環境を作る努力が行われています。さらに複数の事業者による共同配送も行われ、今後増え続ける荷物への対策が模索されている状況です。 宅配の仕事で必要な資格やあると便利な資格、得られるスキル 宅配の仕事では、普通自動車第一種運転免許や中型自動車第一種運転免許と、一定の運転歴が必要です。業者の中には運転歴を求めないところもありますが、通常は1年程度の経験が必要です。 宅配の仕事にあると便利な資格 運転免許は普通自動車第一種運転免許のみでOKとするところも多くありますが、大型自動車運転免許やフォークリフトなどの免許があれば採用の際、有利になります。 宅配で働くことで得られるスキル 宅配の仕事は、ただ荷物を届けるだけの単純作業ではありません。業務を積み重ねることで、いろいろなスキルを身につけることができます。 運転技術や集中力が身につく 宅配の仕事では配送のためにさまざまな場所を訪れるので、その土地や建物に合わせた運転スキルを習得することができます。狭い道やカーブの多い道などもスムーズに通れるようになり、道にも詳しくなるでしょう。 また、安全運転のための注意力や集中力を身につけることもできます。運転技術が身につくことで、中型自動車運転免許や大型自動車運転免許取得へのステップアップにもつながるでしょう。 スケジュール管理能力が身につく 多くの荷物を決められた時間通りに運ぶためには、スケジュールを立てて効率的に配送する能力も必要です。毎日の配送作業で、そのようなスケジュールの管理能力も身につけることができます。 コミュニケーションスキル、マナーなどのビジネススキル 宅配はただ指定の場所に荷物を運べばいいだけでなく、配送先の人と明るく接するコミュニケーション能力や、配送業者として丁寧に応対するビジネスマナーも必要です。宅配の仕事をしていくなかで、それらのスキルも磨かれていきます。 宅配の仕事内容 次に、宅配の主な仕事内容を紹介します。 出勤して荷物の確認 営業所に出勤してその日に配送する荷物を確認します。配送ルートや配送の指定時間などをチェックして、届けやすい順番に分類します。 伝票の整理 荷物と伝票を照合し、個数や自分の担当するエリアの荷物で間違いがないかなどをチェックします。 荷物を積む トラックや自動車などに荷物を積んでいきます。積荷作業では一番遠い場所の荷物から順番に積むなど、より迅速に配送するための工夫が必要です。 各家庭、会社に配送 管轄するエリア内の各家庭や会社に荷物を届けます。1日の仕事のうちで一番長い業務で、安全運転とスピーディーな配送が求められます。 オフィス街の場合は毎日届ける会社が同じ場合もありますが、住宅街の場合は毎日届け先や個数が異なり、より注意深く配送を行わなければなりません。 集荷 荷物の配達を終えたら、荷物を受け取っているコンビニや集荷を希望する家庭や会社をまわり、荷物を受け取って営業所に戻ります。 宅配の志望動機を書く際のポイント 志望動機を書く際は、さまざまな業種があるなかでなぜ宅配の仕事を選んだのか、宅配のなかでもなぜその企業を選んだのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。 なぜその職種を選んだのか 志望動機を書くときには、数ある職種からなぜ宅配を選んだのかを説明する必要があります。 具体的には、自分がその仕事で何を成し遂げたいのかを明確にしましょう。 宅配の仕事であれば、「必要な物を届けて人々の生活に役立ちたい」といった、宅配ならではの理由を書くようにしましょう。 自分が宅配の仕事に向いていることをアピールする 自分が宅配の仕事に向いていることをアピールするため、宅配に必要な強みを知る必要があります。体力に自信がある、運転の仕事の経験がある、無事故で運転歴が長い、運転することが好きといった内容は、宅配の仕事をする上で強みになります。 自分がそれらの強みを持ち合わせていることをアピールしましょう。 なぜその宅配業者か 競合する宅配業者がたくさんあるなかで、なぜその業者を選んだのか、その理由を簡潔に述べる必要があります。 例えば、ヤマト運輸であれば、「サービス第一」、「お客様第一」を企業理念にしており、佐川急便は「信頼、創造、挑戦」を企業理念として社会の信頼と共感を得ることを行動の指標にしています。 このように、宅配業者でも企業ごとに理念やコンセプトは異なるので、企業ごとの特徴を知るためにも企業研究は必ず行うようにしましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 宅配の志望動機のNG例文 以下で、宅配の仕事の志望動機のNG例文を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は人付き合いが得意でなく、あまり人と関わらない宅配の仕事が向いていると思います。宅配の仕事では主に運転スキルが求められるので、コミュニケーションを気にすることなく業務に集中してスキルを向上させられることが志望の一番の理由です。 また、宅配のニーズが増えている今日、採用されやすく福利厚生などの待遇が良くなっていることも大きな決め手になりました。これまで宅配の経験はありませんが、運転歴は長く、こんな自分でもお役に立てると思い、応募しました。[/su_box] →自分のマイナス面を回避できることを志望の理由にしていて、宅配の仕事に就きたいという積極的な意志が伝わりません。また、就職しやすいことや待遇が良いことなど自分のメリットしか書いてないのは、良い印象を与えないでしょう。 宅配の仕事は運転できれば経験がなくてもできると思っていることも、仕事への理解が足りないと思われてしまいます。なぜその宅配業者なのかという、他との差別化もできていません。 宅配の志望動機の例文 次に、実際に選考を通過したESの志望動機の例文を紹介します。ぜひ、ESを書く際の参考にしてみてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は前職では家電メーカーの営業の仕事をしておりました。今回、御社で宅配のドライバーを募集していると知り、営業の経験を活かすことができると思い応募いたしました。宅配の仕事は今まで未経験ですが、営業の経験を通して人の役に立ち、感謝される仕事にやりがいを感じており、宅配の仕事ならそれが達成できると考えています。 御社の応募を決めたのは、御社の「お客様第一」という理念に共感できたからです。運転することが好きで、安全運転には日頃から気をつけており、これまで無事故無違反です。御社で仕事をすることになっても、安全運転を心がけ、時間厳守で配送したいと考えています。 また、学生時代は陸上部に所属しており、体力には自信があります。ぜひ、御社で仕事をさせていただきたく、お願いいたします。[/su_box] →自分の過去の経験をから、それを活かせることをアピールできています。また、志望理由に企業理念への共感を盛り込むことで、説得力を高めています。 運転が好きで得意なことや、自分の強みを活かして貢献できることについても言及し、戦力になると評価される可能性のある文章です。 まとめ 宅配の需要は今後さらに高まっており、宅配は非常に将来性の高い仕事です。労働環境が整い、待遇も良くなっています。スキルを積んで将来独立することも可能です。 宅配は人々の生活に貢献する重要な仕事ですから、運転が好きで体力に自信があるなら、ぜひ試してみたい仕事と言えるでしょう。宅配業者によっても強みは異なるので、志望する業者がどのような強みを持っているのか研究してみてください。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

飲食店

飲食店の志望動機の例文・書き方 飲食店では、そのサービスを求めてお客様が来店する限り接客が続きます。最初から時間が決まっているパートやアルバイトであれば定時に上がりやすいかもしれませんが、社員の場合はそうはいきません。お店が予想外に混雑したときなどは、お客様に喜んでもらえるサービスを提供するために、長時間お店に立つこともあります。 また、忙しい時間帯などは「まだ料理が届かないのか?」といったクレームを受けることもあります。ストレスのかかる状況での長時間勤務であっても、常に笑顔で接客することが店員には求められます。 しかし、ハードだなと思うことがあっても、お客様が嬉しそうに食事をする姿を見るのは何にも代えがたい喜びになるでしょう。 おいしいものを食べることは、肉体的・精神的に疲れた人を癒やすことにもつながります。[su_highlight background="#fbf54a"]立ち上がる気力が湧いてこないようなときも、人を「食」の側面から励まし、勇気づけることもできるのです。[/su_highlight] 飲食店のトピック 飲食店業界では、今どんなことが起こっているのでしょうか?ここでは、2つの側面から取り上げます。 コロナの影響で新たな局面に立たされる飲食店 2019年の11月末に発生した新型コロナウイルスは、数ヶ月後には日本でも広がりを見せ、緊急事態宣言が出されることとなりました。 人々は外出の自粛を促されたことから、飲食店へ出向くことも減り、経営状況が窮地に追い込まれる飲食店も多く出てきました。その状況を打開するために、テイクアウトやデリバリーを始める流れも生まれました。 オートメーション化を行う飲食店 慢性的な人手不足を解決するために、注文や会計などを中心に機械を使った無人対応を取り入れる飲食店が増えています。このようなオートメーション化は、人件費をかけずに機械に仕事を任せることができるため、コスト削減が期待できます。 ただし、ほとんどが無人対応になってしまうと、どことない味気なさが残ることも事実です。笑顔での温かい接客によって心がなごむという声も、まだまだ多く残っています。 飲食店であると便利な資格 飲食店での就職を考えるとき、あると便利な資格を紹介します。 調理師 まずは調理師です。調理師の資格がないと飲食店での調理ができないというわけではありません。しかし、専門の知識と技術を備えていることの強力なアピールになり、就職に有利になります。 国家資格である調理師は、試験に合格するか、定められた調理師学校を卒業することによって取得することができます。 製菓衛生師 お菓子を作るパティシエで持っている人が多いのが製菓衛生師の資格です。これは安心して食事ができる「食の衛生管理」の知識を身につけていることをあらわすもので、1ヶ月ほどの学習期間で取得が目指せる国家資格です。 合格率も高いので、お菓子作りをメインにして飲食店で働きたいと考えている人はとっておくと良いでしょう。 開業には、食品衛生責任者と防火管理者が必要 独立して飲食店を持つ場合には、食品衛生責任者と防火管理者の資格が必要です。しかし、必ずしも経営者がこれらを持っていないといけないわけではありません。 すでに取得している人を雇う場合は店長が持っていなくてもOKです。これらは食の安全と防火に対する知識を有していることを認めるもので、1~2日の講習で取得することができます。 飲食店の仕事内容 ここでは、日々飲食店でどのような業務が行われているのかを紹介します。実際に働く場合のイメージが湧くと思います。 ホール ホールは、接客をメインにした一連の業務を行います。具体的には、お客様が来店したら、席への案内、注文の聞き取り、出来上がった料理を提供する、会計、席の後片付けなどです。 その時の接客態度によってお店の印象が決まることも多いので、明るく笑顔でてきぱきと行動することが望まれます。 調理 キッチンは、お客様が注文した料理をできる限り注文順に出せるように調理し、美しく盛り付けます。忙しいときでも、味に妥協をすることなく精一杯腕を振るうことが、お店のリピーターを増やすことにつながります。 また、店内が混雑する時間帯でも料理がスムーズに出せるよう、開店前の時間などに「仕込み」という下ごしらえをしておく業務もあります。 デリバリー デリバリー対応をしているお店では、お店のお客様の対応と同時進行で配達用の料理の準備を行う必要があります。配達を担当するスタッフは、出来上がった料理をバイクや自動車で注文があった場所まで届けます。 運転が荒いと、料理の盛り付けが汚くなってしまうなど、作り直しをしないといけなくなることもあります。最近ではUber Eats(ウーバーイーツ)というシステムを使って、外部スタッフに配達を任せているお店も増えています。 管理 店長になると、スタッフの採用や教育・指導、シフト管理などとともに、店内業務や責任者としてのクレーム対応なども行います。 また、お店の売上を上げて経営状態を良くするために、商品の品質や接客、清掃、店内の装飾など、様々な面からお客様の満足度の向上をはかる取り組みを行い、日々見直しと改善をしていきます。お店全体の管理が店長の仕事です。 飲食店の志望動機を書く際のポイント ここでは、飲食店の志望動機を書くときにどんなことを意識すると良いのか、そのポイントを説明します。 なぜその職種か まずは、なぜ飲食店で働きたいと思ったのかを分かりやすく伝えたあと、そう思った経緯を書くようにしましょう。例えば、「食を通して人に喜んでもらいたいという思いがあった」などです。 結論から入ることによって、あなたの意志が伝わりやすくなり、採用担当者にとっても、その後の文章を読み進めやすくなります。 飲食店でアピールすべき強み 飲食店を志望する場合、どのようなことが強みになるのでしょうか?ここでは3つのポイントを紹介します。 接客業の経験があること 飲食店で必要になることに、明るく礼儀正しい接客が挙げられます。これは「人と関わる仕事がしたい」という思いがある方なら、就職したあとでも身につけることはそう難しくないことです。 しかし、アルバイトなどですでに接客経験を積んでいる場合は、基本的な接客スキルが身についているものだとみなされるため、就職にとって有利になるでしょう。 英語が話せること 飲食店には海外からのお客様も多く来店します。そんなときに必要となるのが、外国語でコミュニケーションできるスキルです。最低限の英語だけでも、様々な場面で役立つでしょう。 その上で、語学のスキルが高いことをアピールできると、「どんなお客様でも対応を任せられる」という安心感を採用担当者に持たれることにもなります。特に、日本語の次に使用頻度が高い英語のスキルを身につけておくと良いでしょう。 専門的なスキルを持っていること スタッフとして飲食店への就職を考える場合は、必須の資格を設けていないところがほとんどです。 しかし、門戸が広いからこそ、調理師やソムリエ、製菓衛生師など、飲食に関する資格を持っていると、より希望の就職が叶いやすくなるでしょう。知識や実力、やる気を見える形でアピールしたい人はぜひ挑戦してみてください。 なぜその企業か スタッフを募集している飲食店はたくさんあります。そのなかで、なぜその企業に入りたいと思ったのか、採用担当者が納得する理由を伝えましょう。 例えば、くらコーポレーション(くら寿司)の企業理念は「食の戦前回帰」です。ここには、安心・安全な食事が可能だった戦前の頃の食卓を実現するという思いから、無添加食品を提供しようという意志があります。 こういった企業の場合は、その理念に沿って「本当に身体に良いものを、大切な人と楽しめる団らんの時間を提供したいという思いがあり、志望しました」というような動機を書くと良いでしょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/ [/su_highlight] 飲食店の志望動機のNG例 志望動機にこんなことを書くと良くないという例もあります。ここでは、NG例について見てみることにしましょう。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は接客が好きなので、接客ができる職場のひとつとして御社を志望しました。昔から笑顔をつくることは得意なので、それがあれば接客は大丈夫だと思います。 また、飲食店はシフト勤務なので、休みたいときに休みをとって趣味のウインタースポーツにも行けるかなと思いました。頑張って働きますのでよろしくお願いします。[/su_box] →なぜ、その企業で働きたいかの理由がないと、採用担当者も「うちで頑張ってくれそう」という思いにはなれないでしょう。また、飲食店はお客様が多いときが売上を上げられるときです。 自分の休みの希望を中心に勤務ができるという考えは、横に置いた方が良いでしょう。接客経験が多少あっても、常に良い接客やサービスができるよう努力を怠らない姿勢は伝えるようにしましょう。 飲食店の志望動機の例文 では実際にどんな志望動機を書くのが良いのでしょうか?下記に例文を掲載しますので、参考にしていただければと思います。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は、接客が好きという思いを活かして御社で働きたいと思っています。私は御社のラーメンセットが大好きです。父がラーメンが好きだったので、家族みんなで外食するときは、地元にあった御社のチェーン店に行くことが多くありました。 そのときに、店員さんが、いつもやさしい笑顔で接客をしてくださり、家族団らんの思い出をつくった大切な場所として心に残っています。私は高校生の頃から飲食店で働いていた経験から、将来も接客業をしたいと思っていました。 そして、就職活動をするなかで、家族の思い出をつくった御社のお店のことが心に浮かびました。今度は私もやさしい笑顔で、お客様の楽しい思い出を作るお手伝いをしたいと思います。[/su_box] →これまでにアルバイトなどで接客の経験がある場合は、企業にとっての即戦力になるので伝えるようにしましょう。 また、たくさんの飲食店があるなかでなぜこのお店なのか、という点についても、オリジナルなエピソードを混じえながら書くと良いでしょう。そして、自分はどんなふうに働けるかをイメージさせるような内容を入れましょう。 終わりに 飲食店のスタッフは、ホール・調理・デリバリーなど様々な業務を行っています。長時間勤務になることもあるなど、ハードな側面もありますが、お客様が喜んでくれる姿を目の前で見ることができるのは、この上ない喜びになるでしょう。たくさんの企業があるので、企業研究を行ったうえで志望動機の作成に取り組むようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

郵便局

郵便局の志望動機の例文・書き方~選考通過ESを公開~ 郵便局の仕事は、郵便物の配達や窓口業務の他、郵便、保険、銀行の3つの業務があり、覚えることもたくさんあります。また、営業などにはノルマがあります。しかし、郵便局の業務の魅力は何といっても安定感があるところでしょう。 そして、基本的には残業が少なく、窓口業務などは土日も休みになり、プライベートを大切にした働き方をしやすいと言えます。また、年次有給休暇のほか、人生の様々なイベントに合わせた休暇も充実していると言えます。 ですが、何より大切なことはひとつひとつの郵便物には、送ろうとする人の思いや受け取る人の思いがあり、その思いを取り扱っているということです。つまり、[su_highlight background="#fbf54a"]郵便局の仕事は「心」を届ける仕事でもあるためたくさんの人の心をつなげる大切な役割を担っているといえます。[/su_highlight] 郵便局のトピック ここでは昨今の郵便局ではどのような流れがあるのか、郵便局事情についてお伝えします。 民営化してから郵便・貯金・保険の3つに分かれた 郵便局のお仕事は、郵政民営化後「日本郵便」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」の3本柱に分かれることとなりました。また、新しい商品やサービスがそれまでに比べて格段に増えたため、各業務について覚えるべき知識やお仕事の量も大幅に増加しました。 田舎の小さな郵便局などでは、1人のスタッフが覚える仕事内容も幅広くあるでしょう。 安定感はそのままに残っている 郵政民営化によって、郵便局員は公務員ではなくなりましたが、安定感はそのままにあります。なぜなら郵便局は全国にあり、営業においてもその知名度と信頼性はしっかりと機能しているからです。 営業スタッフがお話をする前の段階から、お客様も企業のことをよく知っている場合が多いので、有利に契約を進めやすいと言えます。 振り込め詐欺被害の阻止 近年、家族を装った人物から自宅に電話があり、お金の振込みを要求される「振り込め詐欺」の被害に遭う方が多くおられます。 地域のお客様と普段から関わりのある郵便局員は、大金を引き出して振り込もうとしている様子を見かけたときには、声を掛けて詐欺にあっていないかを確認することもあります。 そのような関わりによって、詐欺被害からお客様を守る役割をすることもあります。 郵便局のメリット 郵便局で働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。続いて、郵便局で働くことのメリットをお伝えします。 人々に必要とされているサービスに関われる 仕事上の取引や、遠方に住んでいる家族への郵便物を届けに来られるお客様がおられます。また、将来のための貯金や保険など、生きていく上で必要とされるサービスの手続きで来られる方も多いです。 人々が郵便局のサービスを求めて日々ご来店される姿に接するのは、大きなやりがいになるでしょう。 育児休暇や介護休暇などの福利厚生が充実 郵便局は福利厚生が充実しています。残業続きの一般企業などでは実際に取りにくい年次有給休暇をしっかりと消化したり、出産・育児・病気・介護など、どうしても求職したいときに休みやすい休暇制度もあります。 これらのライフイベントに携わることが多い女性にとっても働きやすい勤務先と言えます。 全国に勤務地がある 全国に支店をもつ一般企業で、北海道、関東、関西、中部、九州など、全国に数箇所の支店がある会社はよくあります。しかし郵便局は、かなり田舎の地域を含めて全国各地に多くの拠点があります。 地域密着で業務を行っているところも多くありますので、自分が長く住みたい土地を考えて就職するのが良いでしょう。 新卒の募集が多い 全国各地区にある郵便局に新入社員を配属するため、郵便局では大量の採用枠を設けています。人気がある都道府県の中心地などの郵便局は倍率が高めになりますが、それ以外の地域ではそこまで高い障壁はないでしょう。 郵便局の仕事内容 郵便局の仕事は郵便業務・保険業務・銀行業務の3本柱に分かれたとお伝えしました。ここでは、さらにその詳細を見ていくこととします。 郵便物の販売や受付、配達 まずは郵便業務についてです。ここでは、窓口での切手や封筒などの販売、郵便物の受付をして配達をするところまでを行っています。 ひとつひとつの郵便物には、送ろうとする人の思いや受け取る人の思いがあります。言うならば、郵便物のお届けとは「心」を届ける仕事でもあります。 生命保険の販売や資産運用 「かんぽ生命」の保険の販売や、それに関わる事務的な手続きも郵便局業務のひとつです。お客様が求めておられるものをしっかりと理解した上で、それに合ったサービスをご紹介し、納得していただいた上で契約につながるよう、お客様のライフプランにコミットしたご相談や対応をしていきます。 納得できる保険に入ることによって、安心を守ることにもつながります。 銀行の口座管理や窓口対応 郵便局では、「ゆうちょ銀行」の業務も行っています。ゆうちょ銀行は全国の郵便局で利用ができるので、どこに住んでいる方にとっても利用しやすく、口座を持っている人口は多いです。 郵便局の銀行業務としては、多くのお金を預けてもらえるように営業をかけたり、投資信託や資産運用についてお客様に案内をすることもあります。 [su_highlight background="#ffff00"]\就活の不安や悩みがあるなら/[/su_highlight] 郵便局の志望動機を書く際のポイント 志望動機にはどのようなことを書くと、採用担当者の目に止まりやすくなるのでしょうか?ここではそのポイントについて見ていきましょう なぜ郵便局(郵便局員)なのか? まずは郵便局で働きたい理由を伝えましょう。郵便局は郵便、貯金、保険の業務でお客様の生活に寄り添い、サービスを提供する特色があります。 「日本全国すべての人をお客様と思い、地域に応じた課題を解決しながらその人生を支えることができると考え、志望致しました。」など、なぜ郵便局で働きたいと思うのかを伝えましょう。 郵便局でアピールすべき強み 郵便局には、地域のお客様がそのサービスを求めて足を運ばれます。そのため、様々な年齢層のお客様にホスピタリティのある接客ができるコミュニケーション力はアピールポイントとなります。 また、郵政民営化によって、多岐に渡る業務に携わることとなった現状をお伝えしました。そのため、業務を積極的に覚える強い意志やスピード感を持って対応できる力も郵便局で生かされる強みとなるでしょう。 そして、何よりも郵便局の理念にもある地域貢献への思いは、大切なアピールポイントなります。 なぜその郵便局なのか? 日本全国にたくさんある郵便局のなかでも、なぜその郵便局で勤務したいのかを伝えるようにしましょう。「生まれたこの町で、お世話になった人たちの役に立つような仕事をしたい。」というような地元愛の感じられるような志望動機は、好印象です。 長年勤務することを前提にエントリーをするのであれば、就職希望を出す地域でどんなふうにお客様に貢献したいのかということが動機を書くポイントになるでしょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] 郵便局の志望動機のNG例 郵便局の動機として、どんなものがNGにあたるのでしょうか?ここでは、NG例文をご紹介します。 [su_box title="志望動機のNG例"]御社には、日本各地に張り巡らされたネットワークがあり、多くのお客様が知っておられるので、長く安定して働けそうだと思いました。 また、残業が少なく、土日も休みやすいと聞きましたので、仕事と家庭のどちらも大切にしていけそうだと思ったのも応募をした理由です。私は知らない人と仲良くなることは得意なので、地域のお客様と仲良くなって楽しく仕事をしたいと思います。[/su_box] →こういう志望動機を書くと採用担当者に、「しっかり働いてくれるだろうか」と思われてしまうかもしれません。また、福利厚生が良いことを理由に上げているのも良くないでしょう。 なぜなら、そのような動機からはやる気を感じにくいからです。「この学生が当社で働いたら、こんな良い仕事をしてくれそうだ」と思わせるような志望動機を書きましょう。 郵便局の志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、3つを例にとってご紹介します。書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]貴グループは、業界トップクラスの郵便・銀行・保険という人々の生活にとって不可欠な機能を提供しており、このような公共性の高い事業を一手に担うグループは、日本で唯一無二だと思います。 幅広いサービスにより多角的にお客様をサポートすることで、大きな安心を提供している点に魅力を感じました。また、そうした安定的な基盤を持ちながら、常に新しい事業を展開し挑戦していく貴グループの姿勢に共感しました。 ゆうちょ銀行のインターンシップや座談会を通じて、現状に満足せず挑戦していく貴グループの姿勢を強く感じ、そのような社会貢献度の高い事業を行い、かつ挑戦的な環境で働きたいと思い、志望致しました。[/su_box] →なぜ志望するのかを伝えましょう。郵便局とはどんな存在か理解した上での動機を書くのが良いです。 [su_box title="志望動機の良い例"]本邦最大級のネットワークを持つ貴グループで、地域社会を支える仕事をしたいと思い志望しました。私は千葉県市原市の出身です。市原市は高齢化が進む地区も多く、他の金融機関のネットワークが届いていない地域も多くあります。 そんな環境で育ったこともあり、地域社会において貴グループが果たす役割の大きさを感じています。郵便、貯金、保険という総合的なサービスの提供を通じて地域社会に貢献できる仕事に携わりたいです。[/su_box] →自分の人生のなかで、郵便局の業務に関してどのような思いを持ってきたのか、利用する中で感じた思いや憧れを伝えると、志望動機にリアリティが湧きます。 [su_box title="志望動機の良い例"]私には、お客さまに寄り添い笑顔や幸せを届けたいという思いがあります。地域のお客さまと密に関わる貴社でなら、この思いを叶えることができると感じ志望致しました。 中でも、アルバイトの経験でアフターフォローの大切さを実感したことから、JP金融アドバイザーコースを志望しています。私の強みである「自分にできることを考え、行動に移すこと」を活かし、●●さんだから相談しようと思って頂ける存在になりたいと考えます。[/su_box] →地域の拠点としての郵便局でどんなふうに仕事がしたいか熱意を込めて伝えましょう。そして、それによって、地域の人たちの生活にどのように関わっていけるのかまで書くと良いでしょう。 まとめ 郵便局では郵便・保険・銀行などの業務を扱い、地域のお客様の生活に寄り添って人生をサポートする業務を行っています。安定していて福利厚生も良く働きやすい職場と言えますが、それをエントリーシートに書くのは賢明ではありません。 「郵便局でどんなふうに地域貢献をしたいか」や、全国に勤務地があるので、将来的にどんな働き方をしたいかということをしっかりとまとめて、志望動機を作成するようにしましょう。 就活の不安・悩みはプロに相談 ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight]

フラワーショップ

フラワーショップの志望動機の例文・書き方 フラワーショップの仕事は、色とりどりの美しいお花に囲まれる華やかなお仕事というイメージがありますが、それだけではありません。実際には、掃除や配達などの裏方の仕事もあり、想像よりも体力が必要になります。 しかし町のフラワーショップなどは、お花の仕入れ、管理、販売、アレンジなどお客様のところに届くまでのすべてを行うなかで、隅々までこだわりを込めてお店丸ごとプロデュースすることができるのは魅力でもあります。何より、[su_highlight background="#fbf54a"]お花の提供を通して人々の暮らしに癒しを与える喜びが味わえるでしょう。[/su_highlight] フラワーショップのトピック フラワー業界にはどのような特色があるのでしょうか?ここでは主に2つのことを見てみましょう。 ネットショップで販売するお店が増えている これまでの花屋は、お店に来られた方に販売することがメインでした。しかし、ネットショッピングが普及するなかで、インターネットで注文できる花屋も増えてきました。 コロナウイルスの感染拡大防止のための自粛のようなことが起こったときにも、インターネットによる販売手段は大きな力を持ちます。独立を視野に入れるならネットでの販売にも強くなっておくのが良いでしょう。 お花を扱うお店には様々なタイプがある お花の仕事をしたい場合の就職先は、町の花屋だけではありません。たとえば、結婚式場やイベント、お葬儀などの会場を飾ることをメインとしているフラワーショップもあります。どんな企業があり、自分がどんな風に働きたいかをよく調べておくようにしましょう。 フラワーショップでとっておきたい資格 フラワーショップは未経験から採用を行っているところもありますが、そんななかでもとっておくとより就職活動に有利な資格があります。ここでは3つの資格をご紹介します。 自動車普通免許 フラワーショップにも自動車普通免許があると役に立ちます。これは配達に行くときや仕入れなどに車の運転が必要になるからです。企業によって必須ではありませんが、あると有利です。 フラワーデザイナー お花の資格で言えば、「フラワーデザイナー」があります。公益社団法人日本フラワーデザイナー協会主催のフラワーデザイナーは、協会公認のスクールで勉強をし、フラワーデザインに関する学科と実技の試験に受かることによって取得することができます。 フラワー装飾技能士 フラワー装飾技能士はお花の資格としては日本でただひとつの国家資格です。レベルに応じて1級~3級まであり、お花全般の知識を広く身に付けていることを証明できるものです。 フラワーショップの仕事内容 フラワーショップでは実際にどのようなお仕事をするのでしょうか?よく知られているお花の販売以外にもいろいろな業務があることを見ていきましょう。 お花の仕入れ まずはお店に出すお花を仕入れるところから始まります。お花は市場で仕入れるため5時や6時などの早朝から市場に出向く必要があります。お店の利益とのバランスや売れ筋なども考えながら良い花を見極めて仕入れることが必要です。フラワーショップでは、週に2~3回ほどは仕入れがあるのが平均です。 お花のお世話 仕入れができたら、お花に合わせた水揚げ作業を行い、できるだけお花が元気で長持ちする状態にします。その他にも、鮮度を保つための温度管理をしたり、捨てた方が良いお花に見切りをつけたりします。 実店舗やネットでの販売 フラワーショップの仕事でまず思い浮かべるのがお花を欲しがっている人に販売することです。お店に来られたお客様に販売し、包装してお渡ししたり、ネットショップで注文のあったお客様に、鮮度の良いまま届くよう手配をします。 接客 販売をする前に、接客業務が出てきます。お客様が購入される前にアドバイスを求められることもありますので、何に使われるか、誰にお渡しされるかなどを聞いて、知識に基づいて花選びのサポートをできるようにしましょう。 花束などのアレンジ 例えば、「プレゼント用の花束にしたい」というご要望があったときは、お花同士の相性などを考えながらアレンジをすることがあります。こういったときはお花の知識が必要になるでしょう。また、ラッピングでもより素敵になるように一手間加えることもできます。 冠婚葬祭などでのフラワーコーディネート 結婚式場やお葬儀の会場などの依頼を受けて、華やかな雰囲気の装花にしたり、餞のお花を作って配達することもあります。大切な人生のワンシーンを飾ることになりますので、心を込めて演出をしましょう。そのほか、イベント会場やレストランの装花をしたり、企業に配達することもあります。 フラワーショップの志望動機を書く際のポイント フラワーショップに就職したい場合、志望動機はどのように書くのが良いのでしょうか?そのポイントをご紹介します。 なぜフラワーショップで働きたいか まずは、なぜフラワーショップで働きたいと思うのか、その動機を伝えましょう。お花が好きという思いがあったとしても、ただそれだけを書いていては、「この人本当に続けられるのかな?」と思われることもあります。 なぜなら、お花の仕事は体力仕事になる場面がたくさんあるからです。そういった大変さも理解した上で志望していることを伝えると良いでしょう。 フラワーショップでアピールすべき強み フラワーショップに就職するには、どんなことをアピールすると強みになるのでしょうか?まずは何よりもお花に対する思いです。フラワーショップの仕事は、見た目の華やかなイメージの裏では地味で体力を使う仕事なでもあるので、それらに打ち勝つ思いがあってこそ続けられると言えるでしょう。 また、朝の5時や6時に仕入れがあるので、朝に強い人だと企業にとっても安心です。そして、朝早くからの長時間業務になったり、仕入れや配達などで動き回ることになっても平気な体力があればアピールすべき強みになります。その上で、先にご紹介したようなお花に関する資格もあれば強力です。 なぜその企業に入りたいのか お花に関する仕事のなかでもなぜその企業に入りたいのかという必然を伝えましょう。お花関係の仕事には、町の花屋さんだけではなく結婚式場やイベント会場の装飾、フラワーアレンジの講師、ネットショップの運営がメインの会社などいろいろな仕事があります。そんな業界のなかでも、どんな働き方をしたいのかを考えることがまず必要です。 もし、お花の仕事というところだけに惹かれて応募するのなら、年月が経つごとに自分の求める方向性と職場の違いに悩むことにもなります。そうして業界のことをしっかり調べた上で、その企業の方向性や理念に共感して応募したことを伝えましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] フラワーショップの志望動機のNG例 フラワーショップにエントリーシートを出すときに、こんな内容だと落とされる可能性が高いというものがあります。それはどんなものでしょうか? [su_box title="志望動機のNG例"]私は、人に癒やしを与えたり、その美しさを楽しんでもらえるフラワーショップの仕事に長い間憧れを感じてきました。お花の技術があると、いろいろな人を楽しませることができるし、華やかな仕事でかっこいいなと思います。 そしてその憧れを実現するために、お花の知識や技術も磨いてきました。私は、とくにより好みせずまずはどんな会社であってもお花の仕事をしてみたいと思っています。ぜひ、御社の一員として働ければと思います。[/su_box] →フラワーショップの華やかな一面に憧れる人は多いと思いますが、志望動機のなかで仕事の大変さに対する理解が感じられなければ、「この人続けてくれるかな?」という疑問を抱かせてしまうこともあります。 ですので、華やかな側面だけに惹かれたように思える動機はあまり好ましくないでしょう。また、応募する企業がどういう理念を持ってどんな活動をしているのかを理解していなければ、「当社の考えに合っていない」と思われてしまいます。 自分は、お花の業界でどのように働きたいのかを確かにして、その考えの上にその会社に志望をしたことを伝えましょう。 フラワーショップの志望動機の例文 では、実際にどんな志望動機が良いのか、最後にその例文をご紹介します。 [su_box title="志望動機の良い例"]私が御社への入社を希望する理由は人生のなかでも特別に心に残る結婚式というイベントを、お花の装飾によって彩りを与える仕事に憧れを感じたからです。私の母は生花教室の先生をしており、幼い頃から花がある生活が自然でした。花の美しさについて語る母の話を聞くにつけ、お花に対する興味が自然と膨らみ、将来はフラワーショップで働こうと志すようになりました。 お花の業界では町のフラワーショップで働いたり、イベント会場やお葬儀の場の装花など様々な働き方があります。そのなかでも私は、人生のなかでも最高に幸せな場面を、お花によってより幸せにしたいという思いを持つようになりました。そして、結婚式場のフラワーアレンジを主に行っているフラワーショップへの就職を考えるようになりました。 御社のホームページで、スタッフの方が手がけられた装花の写真を拝見しましたが、そのセンスやお花に対する考え方にとても強く惹かれました。ぜひ、御社にてこれまで身に付けた技術をさらに磨きながら、お客様に喜んでいただけるフラワーコーディネートができる人材になりたいと思います。[/su_box] →まずは分かりやすく志望の意志を伝えましょう。そして、その後に具体性があり、必然がある経緯を伝えると良いでしょう。また、様々な働き方があるお花の業界の中でどんなことがしたいのか、将来まで見据えた願いと、その企業での仕事がどう繋がるのかまでを書くと良いでしょう。 終わりに フラワーショップは販売だけではなく、仕入れや配達、接客、アレンジなど幅広い業務を行っています。華やかなお仕事ですが、朝早くから市場に買い付けに行ったり、購入したお花の1本1本をお世話したりと、細やかで体力が必要な側面もあります。 しかし、それ以上にお花が好きで、お花を通して人を喜ばせたいと思える人には向いている職業です。お花の業界でも様々な働き方があるので、自分が目指す方向と企業が目指す方向をしっかりと調べた上で、エントリーシートを書きましょう。

ペットショップ

ペットショップの志望動機の書き方と例文 ペットショップの仕事は、掃除やお世話が大変と思っている人も多いことでしょう。今は高機能なお掃除アイテムなどもあり、思ったよりも大変ではありません。 また、動物好きなら、いろいろな動物に触れ合えるチャンスのある仕事です。家での飼育には難しい動物にも触れ合えるなど貴重な体験ができるでしょう。 ペットは家族にやすらぎや癒しをもたらしてくれます。例えば、1匹の犬がいるだけで、家族の話題や一緒に過ごす時間が増えます。「毎日の散歩で健康になった」という人もいるでしょう。 [su_highlight background="#fbf54a"]ペットショップは人とペットとの出会いだけでなく、お客様が明るい人生を送るためのきっかけを作っているのです。[/su_highlight] ペットショップのトピック ペットも人間と同様に高齢化が進んでおり、ペット保険やペットの介護用品など、さまざまな高単価商材が発売されています。また、日本は災害の多い国でもあるので、災害時に備えてバック型キャリーの需要が伸びており、今後もこの分野での新しい商品開発が進むことでしょう。 犬の高齢化だけでなく、飼い主の高齢化問題も相まって、自分の死後にペットを世話してくれる終生飼育をサポートするサービスへの需要も高まっています。 CMやニュースなどの影響もありますが、「ペットを人間のように最期まできちんと面倒をみなければいけない」といった認識の浸透がその背景にあります。 一方、ペットテックという商品が市場の話題を集めています。ペットテックとは、犬や猫のペット用品やトイレタリーなどのペット商材にITを掛け合わせて作られた商品のことです。 お留守番の見守り用カメラやテクノロジーを使ったペットのおもちゃなどの開発が盛んに進められています。今後は、このペットテック市場の拡大が予想されます。 ペットショップであると便利な資格 ペットショップで働くには特別な資格は必要ありませんが、あると便利な資格がいくつかあります。次に詳しく説明します。 愛玩動物飼養管理士 愛玩動物飼養管理士とは、公益社団法人日本愛玩動物協会が認定している民間の資格です。動物に関する正しい知識や管理を普及させたり、ペットに関するトラブルや飼育放棄を防ぐ活動を主な業務としています。 この資格には1級と2級があり、動物に関する正しい知識を持っていることの証明となります。ペット業界で働きたいと志望しているなら、取得しておくと便利な資格といえます。 ペット販売士 ペット販売士とは、日本畜犬学会が認定する資格で、ペット販売の際にペットの飼養方法や健康についてアドバイスすることを主な業務としています。 動物の正しい飼育方法だけでなく、健康や医療、動物愛護や関係法令などについても幅広い知識と技術を有しています。 トリマー トリマーとは、ひと言でいうと犬や猫の美容師のことです。カットやシャンプー、爪切りなど身だしなみを整える仕事です。 トリマーとなるには資格は必要ありませんが、トリマー養成の専門学校や通信講座で学んだり、実際にペットショップで経験を積んだりしながら就職するのが一般的です。 家庭犬トレーナー 家庭犬トレーナーとは、国際家庭犬トレーニング協会または日本ペット技能検定協会が認定する民間資格のひとつです。難易度によって、1級と2級があります。 家庭犬トレーナーとは、その名前のとおり家庭犬のしつけをするトレーナーのことです。飼い主と共にペットの基本的なしつけをしたり、飼い主にアドバイスしたりすることを主な業務としています。 ペットショップの仕事内容 ペットショップの仕事は、ペットの世話だけでなく、販売からペット関連商品の仕入、品出しと多岐にわたります。ここではペットショップの仕事内容を詳しく説明します。 接客、販売 ペットショップでも、接客や販売は大切な仕事のひとつです。ペットショップでは生き物を扱うので、売れればそれでおしまいという訳ではありません。販売後もペットとして大事に飼育してもらえるように、さまざまなアドバイスが欠かせないでしょう。 また、動物そのものだけでなくペット関連の商品を多数扱っているので、幅広い知識や情報を学ぶ必要があります。 動物の世話 ペットショップで扱っている動物の世話はとても重要です。病気になったり怪我をしたりしないように丁寧なお世話が欠かせません。またトリミングや爪切りで身だしなみを整える必要もあるでしょう。ペットショップでは動物が商品なので、チョーカーやリボンなどでかわいらしく飾ることも仕事のひとつです。 ハムスターなどの小動物や希少動物を扱うペットショップでは、動物に合わせたきめ細やかなケアが必要です。 またケージのなかや動物自体が不衛生だと、お客様から見ても気持ちのいいものではありません。おしっこシーツなどはこまめに交換し、全ての動物を清潔に保ちます。 関連商品の仕入れ、品出し ペット関連の商品は品数も多く、売上を見ながら欠品がないように仕入れます。売れ筋の商品はこまめな品出しを心がけ、売り切れることがないようにします。 企業は、常に新しくて便利な商品の開発を進めているので、どのような商品があるのかをカタログなどでチェックすることも必要です。 商品・店舗管理 動物やペット関連商品の管理や店舗内の清掃なども大事な仕事です。手作りのPOPなどで新しい商品を宣伝したり店先に売れ筋の商品を並べたりと、工夫しながら魅力的なお店作りをします。 売上計算などの事務作業 バックオフィスでは、発注作業や売上計算、スタッフのシフト管理、給料計算などを行います。POPを手作りしたりお店のちらしを発注したりと、やる仕事は事欠きません。 今は、SNSを使った宣伝も多く、写真を撮ってSNSにアップする仕事もあります。普段からインスタなどを利用している人にとって、楽しい仕事内容といえるでしょう。 また、スタッフが気持ちよく働けるように、スタッフのシフト管理や給料計算を行います。頑張ったスタッフにきっちりとお給料を渡すことも大事な仕事です。 ペットショップの志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、なぜそのペットショップなのかを明確に、ロジカルにアピールすることが大切です。 なぜその職種か? 多くの職種のなかから、なぜペットショップを選んだのかを明確に説明する必要があります。動物が好きなら1度はペットショップで働いてみたいと思うことでしょう。 しかし、「動物好き」はほかの人と似たような志望動機となりアピール力に欠けます。なぜそのペットショップなのかを具体的に説明する必要があります。 ペットショップでアピールすべき強み ペットショップでは、どのような強みをアピールすべきかをよく考えて志望動機に盛り込みましょう。例えば、ペットを飼った経験があると、どんなお世話をしないといけないか、何に注意するべきかを体験していることが強みになります。 ただ「動物好き」よりも、「動物をたくさん飼っているから扱いに慣れている」など、何かしらのエピソードを交えて書くとよりイメージがつきやすくなります。 なぜそのペットショップか? ペットショップにもさまざまなお店があるので、どうしてそのペットショップを選んだのか、ほかのペットショップとどう違うのかを説明することは大切です。 子犬の多いペットショップや希少動物が充実しているペットショップなど、ショップによって扱っている動物が異なるので、その違いに合わせた志望動機を書くようにしましょう。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] ペットショップの志望動機のNG例 以下ではペットショップの志望動機のNG例を紹介しています。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は幼い頃から動物が大好きで、動物に関わる仕事に就くことが夢でした。現在も3匹の犬を飼っていますが、そのうちの1匹は貴店で購入いたしました。その際のスタッフの方の対応が素晴らしく、その体験が貴店に応募した理由です。 可愛らしい動物たちと触れ合いながらの仕事は、きっと楽しいと思います。貴店の社員の一員となった暁には、ほかのスタッフと協力して魅力的な店舗づくりに励みたいと思います。[/su_box] →なぜ、その業界やそのペットショップを選んだのかはわかりますが、「動物好き」以外の志望動機があるとより良いESとなるでしょう。ペットショップで働きたいという人は、ほとんどが動物好きなので、「動物好き」だけでは採用担当者には響きません。 また、自分の強みをアピールできていません。自分を採用すればどのようなメリットがあるのかを伝えることが大切です。 ペットショップの志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私が貴店を志望したのは、貴店の販売方針に共感したからです。私は、小さい頃から動物が大好きでさまざまな動物を飼ってきました。そのため動物は可愛いだけでなく、お世話が大変であることも知っています。 多くのペットショップが利益優先であるのに対して、貴店が売れ残ったペットを最後まで責任を持って面倒を見ていることを知り、貴店でぜひとも働きたいと思い志望しました。 私は、今まで多くのペットを飼ってきたので、どのようなお世話が必要かを知っています。ペットショップにいるペットたちとの触れ合いを楽しみながら、ほかのスタッフと協力して魅力あるお店づくりをしていきたいと思っています。[/su_box] →ペットショップの販売方針について説明することで、ほかのペットショップとの差別化が図れています。また、実体験からペットについて詳しいということもわかり、採用するメリットがあるとアピールできています。採用後にどのように働きたいかを書くことで、イメージがつきやすくなるでしょう。 終わりに ペットショップの仕事は、動物の糞尿の始末など汚れ仕事ばかりではなく、さまざまな動物と触れ合える楽しい仕事でもあります。ペットショップによって扱っている動物や販売方針が異なるので、そのペットショップをよく研究してから志望動機を作成するようにしましょう。

ジュエリーショップ

ジュエリーショップの志望動機の書き方と例文 ジュエリーショップと聞くと、高価なジュエリーをただ販売するだけと考える人もいるのではないでしょうか。ジュエリーは、特別な理由で購入する場合が多い商品です。 大切な誰かのために、忘れられない記念日や結婚式のために、人生のなかで数少ない特別な瞬間に贈られるものです。そのような瞬間をお客様と共に味わい、また幸せのための演出のお手伝いができる喜びに溢れた仕事といえます。 ジュエリーは人の手によって作られるため、まったく同じというものはほとんどありません。デザイナーや職人の独創的なアイデアや才能で形作られ、まるで芸術品のような美しさがあります。ジュエリーショップで働く醍醐味の1つは、日々そのような美しさを間近で見られることでしょう。 ジュエリーショップのトピック ジュエリーショップのトピックとして、若者世代に対するマーケティングの手法と、次にこの業界で話題のトレンドを紹介していきます。 ミレニアル世代といわれる若い世代は、高級車やゴルフなどを楽しみたいという高級志向が低く、それ以前の世代とは異なった価値観を持っています。そのため、高価なジュエリーを身近に感じてもらう手段として、SNSなどを使ったマーケティングが効果的と言われています。 SNSにしても、40代、50代のような情報を交換するといったFacebookのスタイルではなく、Instagramのような美しい画像が並ぶアプリに人気が集まっているようです。「インスタ映え」という言葉は、すでに社会に浸透していますが、企業はこぞって「インスタ映え」する商品を世に送り出しています。 それはジュエリーショップでも例外ではなく、芸能人やモデル、人気のシンガーなどを起用して、インスタなどのSNSで画像をアップし売上を伸ばしています。その一例として、「トゥース・ジュエリー」が挙げられるでしょう。 近年アメリカでは、「歯に着けるジュエリー」が流行っています。「トゥース・ジュエリー」や「トゥース・ジェム」と呼ばれ、セレブがインスタグラムに写真をアップしたのがきっかけです。まだ日本ではほとんど見かけませんが、今後、若い世代を中心に流行する可能性があります。 ジュエリーショップであると便利な資格 ジュエリーショップで働くときに特別な資格は必要ありませんが、持っていると便利な資格を紹介します。 宝石鑑定士 宝石鑑定士は、米国宝石学会(GIA)の認定する「宝石学修了者(GG)」と、英国宝石協会(Gem-A )の認定する「英国宝石学協会特別会員(FGA)」があります。 どちらも民間資格ですが、国際的に通用する資格です。ジュエリー業界に就職を志望している場合、取得する価値があるといえるでしょう。 ジュエリーコーディネーター 「一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)」が主催する「ジュエリーコーディネーター検定」に合格することで得られる資格です。 ジュエリーの歴史や市場、素材、製造、商品、販売など幅広い知識を持っていることを証明するので、特に販売に携わる人におすすめです。お客様へのアドバイスやコーディネートをするうえでとても役に立つでしょう。 ジュエリーショップの仕事内容 多くの人にとって、ジュエリーショップに行く機会はそれほど多くないでしょう。ジュエリーショップの仕事内容もあまりよく知られていません。ここでは、ジュエリーショップの仕事内容を詳しく説明します。 接客・販売・レジ対応 お客様の接客や販売が、ジュエリーショップの主な仕事になります。ジュエリーショップには、婚約や結婚を控えた人が訪れます。言うまでもなく婚約や結婚は、その人の人生の一大イベントです。お客様が満足できるように丁寧な接客が求められます。 また、自分用に購入するお客様もいることでしょう。どのような商品をどのような目的で購入するのか、お客様ごとのニーズをきちんと把握することが大切です。 高額な商品も多く、お金の扱いには特に慎重な対応が欠かせません。お店の信用問題にも関わることなので、不手際のないように正確なレジ対応をする必要があります。 商品の包装、ラッピング ジュエリーショップでは、ジュエリーを美しくラッピングすることは非常に大切な仕事といえるでしょう。ラッピングは、ジュエリーそのものを保護する目的もありますが、特別な時間を演出するためのものでもあります。ジュエリーは、手提げバッグにいたるまで繊細に美しく飾る必要があるのです。 商品管理、陳列 商品管理やショーケースのなかに商品を並べることも仕事のひとつです。ジュエリーは非常に繊細な商品なので、扱うときには手袋をはめたりして慎重に取り扱います。 紛失や破損がないように気をつけながら、開店前や閉店後にディスプレイを済ませておきます。商品がきれいに見えるように、ショーケースをピカピカに磨き上げることも大事な仕事といえるでしょう。 事務作業 バックオフィスでは、発注作業や売上計算、スタッフのシフト管理、給料計算などを行います。売上を見ながら、欠品がないように過剰在庫が起こらないように、適切な発注作業が欠かせません。また、スタッフが気持ちよく働けるように、スタッフのシフト管理や給料計算を行います。 ジュエリーショップの志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、なぜそのジュエリーショップなのかを明確に、ロジカルにアピールすることが大切です。 なぜその職種か? 多くの職種のなかから、なぜジュエリーショップを選んだのかを明確に説明する必要があります。「ジュエリーが好き」では、ほかの人と似たり寄ったりな志望動機になってしまいます。なぜその業種を選んだのか、ジュエリー業界や企業について研究してから志望動機を作成する必要があります。 ジュエリーショップでアピールすべき強み ジュエリーショップでは高価な商品を扱うので、丁寧さや慎重さは欠かせません。また、ラッピングなども大切な仕事のひとつなので、手先が器用といったこともアピールになります。普段から洋服やバッグ作りに興味があるなど、エピソードを交えながら書くことでより説得力のある志望動機となります。 ジュエリーショップでは、どのような強みがアピールになるのかをよく考えて、志望動機に盛り込みましょう。 なぜそのジュエリーショップか? ジュエリーショップは、自社ブランド商品を扱っているお店からインポート専門のお店、アンティークショップまでテイストが異なります。 自社ブランド商品を扱っているお店を志望する場合は独自のカラーがあるので、「そのブランドが好きだから」や「その企業の商品に対する理念に共感した」などが志望動機となるでしょう。 アンティークショップの場合は、骨董品などの古いものが専門となります。「歴史を感じるジュエリーに興味がある」などが考えられるでしょう。 どうしてそのジュエリーショップを選んだのか、ほかのジュエリーショップとどう違うのかを説明することが大事です。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] ジュエリーショップの志望動機のNG例 以下ではジュエリーショップの志望動機のNG例を紹介しています。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私が貴店を志望した理由は、他店と比較してきめ細かな対応が素晴らしいと感じたからです。私は、大学生のときに大手アパレルショップでアルバイトをしていましたが、その店舗では「売れればいい」という利益主義が優先されお客様への対応もなおざりでした。 接客に興味があり、販売の仕事を志望していましたが、貴店のような「お客様のために」という理念のもとで働きたいと思います。貴店の社員となった暁には、ほかのスタッフと協力して魅力的なお店作りに励みたいと思います。[/su_box] →なぜジュエリーショップなのかの具体的な説明が足りません。ほかのジュエリーショップとの差別化も書かれておらず、なぜそのジュエリーショップを選んだのかがわかりません。 「接客に興味がある」ことは、ジュエリーショップにとっても好ましい強みですが、ジュエリー業界への関連があまり感じられずアピール力に欠けます。 ジュエリーショップの志望動機の例文 この記事で紹介したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は、ジュエリーを通して、多くの人に幸せや想いを届ける仕事をしたいと貴店を志望しました。私の家には代々、受け継がれるジュエリーがあります。時の流れのなかで廃れていくものが多いなか、このジュエリーは変わらずにその輝きを放ち続けます。 このジュエリーを身につけると、今までの祖先の人たちの想いが感じられ、一生懸命生きていこうと背筋が伸びる思いがします。 貴店の「宝石を通じて幸せを届ける」という理念にとても共感します。なぜなら、ジュエリーは時間を超えて、人に幸せを届けるということを実感として知っているからです。 また、私は小さい頃から手先が器用で、バッグやアクセサリーを作るのが趣味です。ラッピングも得意で、商品を美しく飾ることもできます。 私は貴店で、宝石を通じて私が感じるような幸せや想いを届けられる社員として頑張っていきたいと思います。[/su_box] →なぜジュエリーショップを選んだのかが、エピソードを交えてきちんと説明されています。そのジュエリーショップの経営理念を謳うことで、ほかのジュエリーショップとの差別化も図れています。 「手先が器用」という自分の強みもしっかりとアピールできており、将来、どのように働きたいかを書くことでイメージがつきやすいでしょう。 終わりに ジュエリーショップの仕事は、高価な宝石を扱うので神経を使いますが、お客様に幸せを届けるやりがいのある仕事です。ジュエリーショップによってテイストが異なるので、なぜそのジュエリーショップなのかをよく研究してから志望動機を作成するようにしましょう。

バイヤー

バイヤーの志望動機の書き方と例文 バイヤーの仕事と聞いてただ商品を買い付けるだけの仕事というイメージがあると思います。バイヤーの仕事は、商品をカタログで購入するだけとは違い、実際に現地まで行き商品を手に取り確かめる必要があるため世界中を旅する仕事です。[su_highlight background="#fbf54a"]自分が買い付けた商品がブームとなることもあり、やりがいを感じられる仕事です。[/su_highlight] バイヤーのトピック バイヤーと聞いてイメージするのは、百貨店などの小売バイヤーでしょう。洋服から雑貨、ジュエリー、食品に至るまでマーケットを詳しく調査し、次に流行りそうなものを世界中から探し出します。この種のバイヤーには、マーケティング能力や交渉力が欠かせません。 一方、製造業バイヤーという仕事もあります。このバイヤーは「安くて良いものを短納期に」買うことが使命といえます。取引先を決める役割も担っており、窓口としての交渉力が求められます。 バイヤーと言えども、どの業界に属するかで必要とされる能力や資質が異なります。例えば、アパレルのバイヤーであれば、ブランドのコンセプトを正しく理解したうえで消費者のニーズを予想し、売れそうな商品を買い付けるセンスや、実際に各地を飛び回る体力や交渉力が必要です。 「売れる」と判断した根拠を会社に説明する必要があるため、市場調査やトレンド情報の収集、分析は欠かせません。自分のセンスが問われ、売上に多大な影響を与えるのため責任の重い仕事ですが、その一方、数字として成果に出るのでやりがいを感じられます。 バイヤーであると便利な資格 バイヤーになるためには特別な学歴や資格は必要ありません。しかし持っていると便利な資格がありますので詳しく説明します。 販売士 「販売士」とは、販売士検定試験に合格することで得られる資格のひとつです。試験では、マーケティングや販売管理の知識が問われ、1級の合格率は25%ほどしかないため、販売士1級を持っていると販売に関する豊富な知識をもっているとアピールできます。 販売士の資格は、流通業界で働く人にとっては定番といえる資格です。 語学力 バイヤーは、国内だけでなく国外まで商品を買い付けに出かけます。語学力があれば、商談もスムーズに進み交渉を有利に導くことが可能となります。 インポートものを扱うショップであれば、海外へ出向く機会は多いでしょう。バイヤーに求められる英語力は、ビジネス会話レベルです。このレベルの英語力があれば、海外での買い付けの際に円滑な商談が可能でしょう。 バイヤーの仕事内容 世の中には有名ではないけれど、とても品質の良い商品が数多くあります。バイヤーは良い商品を発掘し世の中の人に知ってもらうチャンスを作ることができます。 それでは、次にバイヤーの仕事内容を詳しく解説します。想像しているより多くの仕事を担っていることがわかるでしょう。 トレンドリサーチ、情報収集 バイヤーにとって一番重要なことは、「これから売れるだろう」という商品を見極めることです。自分が属している業界の動向や市場のニーズ、トレンドについて常にアンテナを張り巡らせ情報を集めることが求められます。 競合店より先に売れ筋の商品を取り入れ、店頭に並べることで差別化が図れます。トレンドをいち早く読むセンスと洞察力、分析力が求められます。 顧客データ分析 売れそうな商品だからと、何でも買い付けていいわけではありません。顧客が何を求めているのかのデータ分析も非常に大切です。 昨今の若者は、一昔前のように、高級な車やゴルフにはあまり興味を示さないとよく言われます。しかし、自分の興味ある分野については出し惜しみすることなく消費する傾向にあります。 ターゲット層が何を欲しがっているのか、顧客データの分析なしに買い付けを行なうことはできません。 商品選定 買い付けたい商品はひとつではなく、さまざまな商品を選ぶ必要があるでしょう。例えば、次のバレンタイン商戦に向けて買い付けをするなら、多くの種類のチョコレートを揃えなければなりません。 翌年、翌々年のトレンドを予想しながら、世界中の店舗を見て回り商品を選ぶことになります。この商品選定が非常に重要なことはいうまでもありません。 メーカーや商社との交渉 実際に買い付ける商品や販売目標数を決めたら、メーカーと交渉することになります。仕入れ値をいかに安く抑えられるかが、バイヤーとしての腕の見せ所でしょう。 仕入れ値や販売数など、常に数字を頭に入れながらの交渉になるので、数字に強くなければいけません。 また、どのように店舗まで輸送するのか決めることも大事な仕事です。例えば、インポートものの家具を販売しているなら、輸送費は高額になることが予想されます。 より安い輸送費で良い状態を保ったまま、いかに店舗まで輸送するのかを考えることは不可欠です。 販売管理 買い付けた商品の魅力を最大限に引き出し、売るための算段をつけるのも仕事のひとつです。販売員や広報担当者に価格や商品のコンセプトを伝え、売り場でのディスプレイまで考える必要があります。 バイヤーは、買い付けから商品がお客様の手に届くまでを見届け、その売上を次の買い付けに反映させ一層商品選定のセンスを磨かなければなりません。 バイヤーの志望動機の書き方とポイント 志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、なぜ数ある業種のなかからバイヤーを選んだのかを明確に、ロジカルにアピールすることが大切です。 なぜその職種か? 数ある業種のなかからなぜバイヤーを選んだのかを明確に説明する必要があります。商品を買い付けるだけなら発注業務とあまり変わらないでしょう。 例えば、「世の中にまだ知られていない良い商品を紹介したい」や「日本にない海外の商品を日本で売り出したい」など、バイヤーだからこそできる具体的な内容を書くとより説得力のある志望動機となるでしょう。 バイヤーでアピールすべき強み バイヤーでアピールすべき強みを想像しながら志望動機を作成することが大事です。「行動力」や「決断力」また「海外生活の経験があり語学が堪能」など、さまざまな強みが考えられます。 コミュニケーション能力ひとつを取ってみても、「接客能力がある」より「交渉力がある」のほうが、バイヤーとしてよりふさわしい強みとして捉えられるでしょう。どのように伝えるかもよく考えて作成しましょう。 なぜその企業か? バイヤーとして商品を買い付ける場合、志望する企業によってまた担当する部署によって求める商品は異なります。 例えば、スイーツに力入れている企業であれば、スイーツ好きを伝えることで志望動機を説明できます。 また、アパレル関係の学校を卒業したのであれば、洋服を買い付けるバイヤーとして十分な動機となり得るでしょう。 自分の強みや興味と関連づけて、なぜその企業なのかを説明できるように企業ごとの特徴を把握する企業研究は必要不可欠です。 実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)背景・動機 (3)その会社を選んだ理由 (4)入社後どの様に活躍したいか[/su_note] バイヤーの志望動機のNG例 以下ではバイヤーの志望動機のNG例を紹介しています。 どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。 [su_box title="志望動機のNG例"]私は、大学生のときにインポートものを扱うアパレルショップでアルバイトをしていました。その御社で働いていたバイヤーのセンスが素晴らしく、客足が途絶えることはありませんでした。私もこのような優れたバイヤーとして働きたいと、御社に志望しました。 御社は、取り扱う商品が幅広く、お客様に喜ばれる魅力的な商品選定をしていると感じています。御社の社員となった暁には、ほかの社員と協力しながらさらなる魅力的な店舗作りに貢献できるバイヤーを目指して頑張りたいと思います。[/su_box] →志望動機のなかに、「優れたバイヤーとして働きたい」とありますが、実際にバイヤーとして何を目指しているのかがあいまいです。また、どのような強みがあるのかが全くアピールされておらず、採用しても企業にとってどのようなメリットがあるのかがわかりません。 バイヤーの志望動機の例文 志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 [su_box title="志望動機の良い例"]私は、小さい頃から洋服が大好きでファッション業界で働くことが夢でした。高等学校卒業後は、専門学校でファッションについて学びました。 学生のころは、ネットオークションやフリーマーケットなどで、珍しい洋服を発掘し値段交渉して手に入れる楽しさを覚えました。手に入れた洋服を着ていくと、ファッション学校でもセンスがいいと好評で、友達に頼まれて洋服やバックを購入したことが何度もあります。 海外のブランドにも大変興味があり、英語の勉強にも力を入れてきました。そのため現地の方とも問題なくコミュニケーションが図れます。御社は百貨店業界でも企画力に強みがあり、よく知られたブランドから海外の珍しい商品まで品揃えが素晴らしいと感じています。そのような御社の環境で、お客様に喜ばれる商品を買い付けるバイヤーを目指したいと思います。 まず、現場でお客様の生の声を聞くことからスタートし、将来的にはブームを起こせるようなバイヤーとして活躍していきたいと考えています。[/su_box] →どうしてバイヤーなのかが明確に示されており、バイヤーにつくために普段から語学の勉強を頑張るなど「行動力」もアピールできています。 志望する企業がどのような強みを持った企業なのかも書かれており、ほかの企業との差別化がしっかりとされています。将来どのようなバイヤーを目指しているのかがわかり、企業側からみてもイメージがつきやすいでしょう。 終わりに バイヤーといっても、業種や企業によって求められる人材像は異なります。志望する企業がどのような商品を扱っているのか、企業研究をしっかりと行ってから志望動機を作成するようにしましょう。

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活